目に良いのはどっち? 「眼鏡」と「コンタクト」を徹底比較

2015.01.08

健康・美容ライターのMAKIです。

眼鏡とコンタクトレンズ、目の健康のためにもどちらが良いのか迷う人も多いですね。ここでは、健康面から眼鏡とコンタクトレンズについて比較したいと思います。

目次
 眼鏡やコンタクトレンズの使用で視力は低下しない(P1)
 眼鏡のメリットとデメリット(P1)
 コンタクトレンズのメリットとデメリット(P1)
 レーシックのメリット・デメリット(P2)
 眼鏡の正しい度数設定(P2)
 眼鏡とコンタクトの維持費(P2)
 眼鏡とコンタクトの併用(P3)
 眼鏡とコンタクトで“モテ度”は変わるのか(P3)
 まとめ(P3)

眼鏡やコンタクトレンズの使用で視力は低下しない

170417meganetuiki01

眼鏡もコンタクトレンズも長期的に使っていると視力が低下するなどの噂がありますが、そんなことはありません。

日本コンタクトレンズ協会や眼科の医師の見解によると、眼鏡もコンタクトレンズも正しい度数のものを使うこと、そしてコンタクトレンズであれば使用時間を守って装着していれば問題ないとされています。

むしろ、視力の矯正が強すぎたり弱すぎたりすることで目を酷使し、眼精疲労を招いてしまい、それが引き金となって視力が低下してしまいますので、定期的に眼科検診を受けて度数の調整を行うことが大切です。

眼鏡のメリットとデメリット

170417meganetuiki03

眼鏡のメリット

・眼球に指が触れないため、衛生的である
・眼球を傷つける心配がない
目に対する負担が少ないため安全
・簡単につけることができる
・取扱いが簡単
・初期費用だけで済むためコストがかからない
手入れが簡単(レンズが汚れたら拭くだけ)
・落としたときにすぐわかる

眼鏡のデメリット

・眼鏡のレンズ部以外は裸眼状態になるため、ピントがずれて視界が歪み頭痛やストレスの原因となる
・壊れると代わりの眼鏡ができるまで日常生活に困る
ズレやすく衝撃に弱いためスポーツ時に不向き
・湯気ですぐに曇ってしまう
・眼鏡をかけると顔の印象が変わってしまう
・雨の日など水滴がつくと見えづらくなる
・水中めがねやサングラスがかけられない
・お風呂に入るときに外す必要がある
・耳や鼻に圧迫感を感じることもある

コンタクトレンズのメリットとデメリット

170417meganetuiki02

コンタクトレンズのメリット

・眼球全体をレンズが覆うため、視界の歪みが発生しない
・眼鏡のようにレンズが曇らないためストレスが少ない
・広い視界で物が見られる
・左右の視力が大きく異なる人はコンタクトレンズの方が視力矯正に適している
・運動をしてもズレない
・お風呂にもつけたまま入れる
・装着しても見た目の印象が変わらない

コンタクトレンズのデメリット

・装着時に眼球に触れるため感染症の懸念がある
・酸素透過性の低いレンズだと角膜の細胞に酸素が届かず白内障になるリスクが高まる
・レンズによって眼球を傷つける恐れがある
・手術や出産時にはコンタクトレンズを外さなければいけない(眼鏡が必要となる)
・装着が面倒
・ズレたときに目が痛い
・取扱いが面倒(装着時に手を洗う、洗浄液を持ち歩くなど)
・落としたときに探すのが大変
・毎日の手入れが大変(使い捨てでない場合)
ランニングコストがかかる

コンタクト初心者におすすめのレンズ

コンタクトを初めてつける人にとって大切なのは、付け心地の良さと使いやすさ。

コンタクトレンズにはハードタイプとソフトタイプがありますが、初心者におすすめなのはソフトコンタクトレンズです。

ソフトコンタクトレンズは大きくて柔らかいため、つけやすくつけ心地も良いため、すぐに慣れることができます。

フィット感もバツグンで外れにくいので、運動をするのにも安心です。

特にワンデータイプの使い捨てコンタクトなら、面倒なケアも必要ありません。一定期間使用して交換するタイプだと、レンズのケアが必要ですし、正しいケアをしないと汚れが蓄積して目の健康を損なう恐れもあります。

そのため、1日使ったら捨てるワンデータイプのソフトコンタクトレンズが一番目にも安心で取扱いも楽だと言え、初心者に適していると言えるでしょう。


→次ページでは、レーシックのメリット・デメリットを見ていきましょう。

レーシックのメリット・デメリット

170417meganetuiki04

眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正するのではなく、レーシック手術で視力を回復するという選択をする人も増えています。

では、レーシック手術のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか、眼鏡やコンタクトと比較できるよう具体的に挙げてみましょう。

レーシックのメリット

裸眼で過ごすことができる
・ある程度の裸眼視力が必要とされる職業への就業が可能になる

レーシックのデメリット

手術の失敗や術後の合併症などのリスクがある
・体調や天候などで視力が変動しやすくなることから、近視が戻ることもある
・未成年はレーシック不可
ドライアイや不正乱視になる可能性もある
・1回の手術におよそ15万~40万円ほど料金がかかる(術後に視力が低下した場合、再手術が必要になる場合もある)

眼鏡の正しい度数設定

170417meganetuiki05

眼鏡は車を運転するとき(遠距離を見る必要があるとき)と、室内で過ごすとき(中距離のものを見るとき)、パソコンやスマホを見るとき(近距離のものを見るとき)という3つの場面・距離に合わせて、それぞれに適した度数のものをかけることがおすすめです。

遠距離のものがよく見える度数の眼鏡をかけてパソコンを使うと眼精疲労がひどくなり、目には負担となります。

そのため、距離に合わせた度数の眼鏡を使い分けることが目に優しい使い方となるのです。

見る対象の距離によって度数の違う眼鏡をつくることが目の健康のためには大切になります。

眼鏡とコンタクトの維持費

170417meganetuiki06

眼鏡とコンタクトの維持費には、どれくらいの違いがあるのか確認しておきましょう。

眼鏡の維持費

安くてオシャレな眼鏡を販売するお店も増え、ファッションに合わせて購入する人も少なくない眼鏡。

今や、カスタマイズしなければ、5,900円〜9,000円程度で眼鏡が買えてしまう時代です。

ブルーライトカットのレンズにした場合でも、1本15,000円ほどで購入が可能。

ただし、耐用年数5年程度の高級眼鏡の場合は、1本5,0000円ほどになります。

コンタクトの維持費

コンタクトレンズは使用期間によっても価格が大きく変わります。

【1Day】
1日使い捨ての場合、大体1か月分で4,330円程度になります。1年分なら51,960円程度が必要になるようです。5年であれば259,800円程度にもなってしまいます。

【1week】
1週間使い捨ての場合、1か月で3,794円程度、1年で45,528円程度となり、5年なら227,640円程度になります。

【2week】
2週間使い捨ての場合、1か月で1,846円程度、1年で22,152円程度となり、5年なら110,760円程度になります。

【ハードコンタクト(寿命2年半)】
ハードコンタクトレンズの場合、寿命2年半のものが1枚15,000円程度となりますので、1日あたりに換算すると約45円程度と大変リーズナブル。5年(買い替え含む)なら30,000円程度です。使い捨てタイプよりもコストが安くすみます。


→次ページでは、眼鏡とコンタクトの併用について見ていきましょう。

眼鏡とコンタクトの併用

170417meganetuiki07

コンタクトレンズは裸眼に比べるとどうしても目に負担がかかってしまうため、目の健康のためにも、日頃コンタクトレンズを使用している人は、眼鏡と併用することがおすすめです。

たとえば、オフィスでのパソコン作業が多い人は、眼鏡を使用する日を作ったり、休日や家にいるあいだは眼鏡にしたりといった使い分けはいかがでしょうか。

なお、家でかける眼鏡を選ぶ際には、心持ち、度数を落とすようにすると目への負担が減ります。PC用眼鏡を選ぶというのもいいでしょう。

眼鏡とコンタクトで“モテ度”は変わるのか

170417meganetuiki08

オシャレアイテムとして定着した眼鏡。「メガネ男子」なる言葉も誕生し、眼鏡をかけるとモテると思っている男性は多いでしょう。

しかし、それも人によりけりと言うのが本当のところです。眼鏡をかけていると知的に見える一方で、弱々しく、暗い印象を与えてしまうこともあります。

学生であれば、眼鏡をかけていると「運動ができなそう」「真面目でとっつきにくそう」といった印象で見られてしまうこともあるようです。

ただ、一重であったり目が細くきつい感じの目つきだったりする人は、眼鏡をかけることによってそれが中和されるということもあります。

また、女性であれば眼鏡で目のクマが隠せるというメリットもあるようです。

眼鏡で知性をアピールするのもいいですが、明るく快活に見せたいのであればコンタクトにしたほうがいいでしょう。

ただし男性も女性もギャップに弱いものなので、普段はコンタクトでも、パソコン作業をするときに眼鏡をかけるといった変化があるとモテにつながるかもしれません。

まとめ

「眼鏡のメリットとデメリット」や「コンタクトのメリットとデメリット」、「眼鏡とコンタクトの維持費」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

眼鏡もコンタクトレンズも健康面から比較してみると一長一短です。それぞれのメリットとデメリットを参考にし、自分の目の健康状態やライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

ただし、一般的にコンタクトレンズの適正な装着時間の目安は平均12時間程度とされています(種類によって異なる)。

つまり、1日4時間程度は裸眼で過ごすことになります。

裸眼状態で過ごす時間には眼鏡が必要となりますので、眼鏡も併用しながら上手にコンタクトレンズを使うようにしましょう。

●追記/パピマミ編集部



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ