タバコは害だらけ? 喫煙がもたらすデメリットと意外なメリット

喫煙のデメリット7つ

170526tabako3

(1)タバコを吸うと老け顔になる!? スモーカーズフェイスとは

「タバコを吸うと老け顔になる」という噂を聞いたことありませんか?

実際に、タバコを吸っている人は非喫煙者に比べて老化が早いと言われています。

喫煙者は共通して実際の年齢よりも年を取っているように見えます。

このことから、“スモーカーズフェイス”と揶揄されることもあります。

一度老けてしまうとなかなか元には戻らないため、多くの喫煙女性が後悔するキッカケになる現象とも言えます。

タバコを吸うと、ニコチンやタールなどの有害物質が女性ホルモンの働きを阻害することが原因です。

美容にはビタミン類を十分に摂取することが欠かせません。

タバコはさらにビタミンを破壊する役割も持っています。

つまり、女性の美しさにとって、タバコは最大の敵とも言えるのです。

(2)タバコ1本で、約14分も寿命が縮まる

タバコを吸うとさまざまな病気のリスクが上昇しますが、同時に寿命にも影響を与えます。

『ブリティッシュ メディカル ジャーナル』という医学誌に掲載された研究(2012年)では、タバコ1本吸うごとに、14.4分も寿命が短くなることが発表されました。

1本に換算すると大したことがないように思えますが、タバコ1箱を吸うと約5時間も寿命が縮まることになります。

タバコを1箱吸うたびに、死神があなたの命の時計を5時間分指で進めるわけです。

なかなかインパクトのある数字ですよね。

また、20歳から毎日1箱吸い続けている人に関しては、10年も寿命が短くなるそうです。

10年あればどんなことができるでしょう。

もちろん命の管理は個人の自由ですが、タバコを吸う方はこの事実をしっかりと受け止めて吸うようにしたいですね。

(3)喫煙者は医療費も高くなる

喫煙者が非喫煙者に比べて病気のリスクが高くなることはすでに述べました。

病気を発症しやすくなることで、当然その治療費も非喫煙者より高くなります。

少し古いですが、2002年に医療経済研究機関が発表した『喫煙による経済的損失の推計結果』によると、喫煙者の医療費は1兆2,900億円としています。

また、早死にすることによる経済的損失は5兆8,000億円。

他の要素も含めると合計で7兆3,246億円もの経済的な損失があると結論付けています。

もちろん、当時よりも現在の喫煙率は低下していますから、実際にはもっと低い数字になると思います。

しかし、こうした喫煙による経済的な負担を非喫煙者がまかなうことに関して非難する声も少なくありません。

タバコによるデメリットは個人の健康状態だけでなく、社会全体にも重くのしかかるのです。


→次ページでも、引き続き喫煙のデメリットを見ていきましょう。