タバコは害だらけ? 喫煙がもたらすデメリットと意外なメリット

(5)禁煙外来に頼る

自分一人の力ではなかなかタバコがやめられない……という人は、医師のカウンセリングを受け、禁煙治療を受けることも考えてみていいでしょう。

これは専門家による治療のため、最も安心かつ確実な方法です。

禁煙治療は2006年の4月から、下記の条件を満たせば保険診療が受けられるようになっています。

・ニコチン依存症だと診断される(『ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)』で診断)
・『ブリンクマン指数』(1日の喫煙本数×喫煙年数の数値)が200以上
・すぐに禁煙することを希望しており、『禁煙治療のための標準手順書』に則った禁煙治療プログラムの説明を受けたのち、文書にて治療を受けることを同意している

期間も3か月と比較的短い期間で禁煙することができます(禁煙治療プログラムは、標準12週間で、合計5回の治療を受けます。)。料金は大体12,000〜1,7000円程度です。

440円のタバコを毎日吸っている人はひと月13,000円程度の出費なので、とてもリーズナブルな値段であることがわかります。

もちろん、禁煙治療は保険適用外でも受けることができますので、保険適用の条件を満たさなくても禁煙したいという気持ちが強いのであれば、利用してみるといいでしょう。

禁煙治療では、ニコチンパッチやニコチンガムといった『ニコチン代替療法』、ニコチンを含まない飲み薬『バレニクリン』といったものを処方されたり、禁煙のためのアドバイスを医師から受けたりします。

禁煙成功率も高いので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

(6)喫煙者の近くに行かない

170526tabako8

他人のタバコの煙にふれることで、タバコが欲しいという気持ちが抑えられなくなるので、喫煙者に近づかないようにすることも大切です。

煙の多い場所(パチンコ店や喫煙コーナーなど)を避け、飲み会などでは喫煙者の隣や向かいになるべく座らないようにするといいでしょう。

(7)深呼吸してみる

タバコを吸いたくなったときやイライラしたときは、ゆっくり深呼吸してみましょう。気持ちが落ち着くでしょう。

(8)体を動かす

じっとしているとタバコのことばかり考えてしまいかねません。そこで、ストレッチや運動をしてみるなど、体を動かしてみましょう。

囲碁や将棋など、考え込むようなものは控えたほうがいいかもしれません。

(9)場所を変えて気分転換する

食事が終わった後など、その場でじっとしているとタバコを吸いたくなる可能性が高いので、席を立ち、場所を変えましょう。

(10)冷たい水や熱いお茶を飲む

熱いお茶キンキンに冷やした水を少しずつ飲むというのも効果があるそうです。

(11)外での飲酒をなるべく避ける

アルコールが入ると禁煙しようという気持ちが弱くなることがあります。そのため、家以外の場所での飲酒はなるべく避けましょう。


→次ページでも、引き続き禁煙の効果的な方法を見ていきましょう。