ちゃんと栄養取れてる? 野菜ジュースの効果的な飲み方4つ

(2)カゴメの『つぶより野菜』

野菜の専門家である『カゴメ』が80年間、“つくりたくてつくりたくて仕方がなかった”野菜ジュースが、『つぶより野菜』です。

カゴメが80年の歴史を結集し、試行錯誤しながら作り上げた『つぶより野菜』は、国産野菜のおいしさを引き出した新しい野菜ジュース。“つぶより”という名前の通り、多くの野菜の中から特にすぐれたものを選び出して作られました。

1日に必要な野菜350g分を濃縮。使われている6種の野菜は100%国産。野菜をあえて6種類(にんじん、トマト、セロリ、プチヴェール、レタス、ほうれん草)に選りすぐったのは、野菜の甘みやコク、旨み、香り、舌ざわりを存分にお届けするため。野菜の種類を絞ることによって、野菜の奥深い味わいを際立たせています。

契約栽培の野菜は、農家とカゴメの原料担当者が二人三脚で育て、それぞれの野菜の味わいや栄養がベストな時期に収穫しているという点も、こだわりのひとつ。

最良の素材をそれぞれに合った最良の製法で加工している、カゴメの自信作です。

また、食感にもこだわっており、何度も試行錯誤を重ねて作り上げたその飲み心地は、まるで野菜を食べているかのよう。この新食感の秘密は、にんじんの繊維分。ジューサーで絞ったような飲み心地で、満足感も十分に得られます。

ご購入いただいている方からは、下記のような声が届いています。

『スムージーみたい! この食感は癖になる』
『初めて飲んだとき感動した。こんなにおいしい野菜ジュースは初めて』
『手作りジュースみたい。今まで自分で作っていたけど、これなら手軽でイイ』
『常温でもおいしく飲めるのが嬉しい』

女性を中心に人気の“スムージー”感覚で飲めるのも、『つぶより野菜』ならではと言えそうですね。

野菜嫌いなお子様や野菜ジュースが苦手という方まで、家族そろっておいしく飲むことができる野菜ジュースなので、試してみる価値アリです。

広口の紙容器「カートカン」を採用することにより、飲みやすさとエコへも配慮。毎日飲むものだからこそ、環境に優しく、処分も簡単な容器であることは嬉しいポイントですね。

つぶより野菜』は通販限定商品。まずは送料無料のお試し15本セット2000円でカゴメの自信作を味わってみてはいかがでしょうか。ご家族の毎日の野菜不足解消と健康サポートに、ぜひお役立てください。

野菜ジュースを効果的に飲むポイント4つ

野菜ジュースの選び方や効果的な飲み方をご紹介しましょう。

(1)炭酸飲料やソフトドリンクの代わりにする

食事の際にお茶や水以外の飲料を飲む機会もあるでしょう。

そういったときには、野菜ジュースを選ぶようにしましょう。

栄養サポート食品として健康の維持に役立ちます

毎日野菜ジュースを飲むと、糖分や塩分の摂取が多くなってしまい、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクが上がる場合もあるので、たまに飲むのがおすすめです。

(2)食物繊維やビタミンC含有量の多いものを選ぶ

野菜ジュースを製造する過程で少なくなってしまう食物繊維やビタミンCなどを補うために、これらの栄養素を後から添加している製品もあります

成分表示を見比べて、栄養素の含有量が多いものを選びましょう。


→次ページでも、引き続き野菜ジュースを効果的に飲むポイントを見ていきましょう。