子どもの食育

孤食と個食は違う? 心身の健康をむしばむ“こしょく”の原因と対処法

孤食と個食は違う? 心身の健康をむしばむ“こしょく”の原因と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

今回は、食育研究家で医学博士の服部幸應氏が提唱し、今最もパブリックだと思われる“6つのこ食”についてご紹介させていただきます。

以下、食育インストラクター養成講座テキストより抜粋です。

正しい食習慣を身につけるには、これまでどんな食事の仕方をしていたか見直すことからスタートするのがいいでしょう。いまの若者や子供達に多い、乱れた食生活を表す言葉として、6つの「こ食」があります。「こ食」は健康に悪いだけでなく、心にも悪影響を与えてしまいます。「こ食」は心身の健康をむしばみ、正しい食習慣や食文化の伝承を妨げるものです。

これらの“こ食”を避け、正しい食習慣を身につけるよう心掛けましょう。

目次
 6つの“こ食”(P1)
 その他の“こ食”5つ(P2)
 孤食になる原因(P2)
 孤食の問題点(P3)
 個食の問題点(P3)
 孤食に関するデータ(P4)
 子どもに孤食させないために親ができること3つ(P4)
 子どものころ孤食を経験した人の声(P5)
 こ食の組み合わせによる“ニワトリ症候群”(P5)
 孤食を解消する子ども食堂の広がり(P5)
 まとめ(P5)

6つの“こ食”

170615kosyoku1

(1)孤食

家族が不在の食卓で、ひとりだけで食べることです。

孤食が続くと好き嫌いを注意してくれる人がいないので、好きな物ばかり食べる傾向になり、栄養が偏るだけでなくコミュニケーションの欠如から社会性や協調性のない人間に育ってしまう恐れがあります。

おもに2000年頃から使われ始めた言葉で、本人の意思に反して一人で食べざるを得ない状況に陥り、特に、孤独を感じたり孤独によってつらいと感じる状態をいいます。

(2)個食(バラバラ食)

家族それぞれが、自分の好きなものを食べることです。家族の形態が変化したことが原因と言われています。

好きな物だけ食べるので栄養が偏り、好き嫌いを増やすことになります。また、協調性のないわがままな性格になりがちです。

(3)固食

自分の好きな決まったものしか食べないことです。

これも栄養が偏るのはもちろん、キレやすいわがままな性格になったり、肥満や生活習慣病を引き起こす原因にもなったりします。

また、偏った食事ばかりすることで、味覚障害を引き起こす恐れもあり、食材の味の違いを食べ分けることもできなくなっていくでしょう。

(4)小(少)食

いつも食欲がなく、少しの量しか食べないことです。

小食が続くと発育に必要な栄養が足りなくなり、気力が続かず無気力な子どもになります。

特に近年、朝食を食べない人が増えており、ダイエットに励む人も少なくありません。

朝食が学力や仕事への意欲などに関係しているという調査結果もあり、無視できない問題と言えるでしょう。

この「小(少)食」が「固食」と組合わさることで、さらなる栄養不足を引き起こすこともあります。

(5)粉食

パンやピザ、パスタなど粉を使った主食を好んで食べることです。米食と比べるとカロリーも高く、おかずも脂肪などが多くなり栄養も偏りがちです。

柔らかいものばかり食べることで、咀嚼する能力も低下する傾向にあります。

(6)濃食

加工食品など濃い味付けのものを食べることです。塩分や糖分が多く、味覚そのものも鈍ってしまいます。

腎臓への負担も大きくなりがちです。


→次ページでは、その他の“こ食”を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5

ライター紹介

SAYURI

SAYURI

専門は栄養学(分子栄養学・中医営養学を含む)、身体機能、心理学。長年にわたる医療業界の経験を活かし、毎月約30本のコラムの執筆をしながら、子育て支援【大人の幼稚園・子にぎりワークショップ】のイベント開催、セミナー講師や企業研修、個人指導と多岐にわたって活動中。25年にわたり赤ちゃんから高齢者まで延べ3万人を超える人たちの体と心の健康に向き合う。予防医療指導士のテキストの監修者でもある。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る