ダイエットにもイイ? チーズの種類と美容・健康効果まとめ

2014.11.21

「チーズを食べると太る」というのは、よく言われることですよね。でも同時に、チーズは高い栄養価を秘めており、健康によい、とする説もあります。

今回は、チーズと健康の関係について見ていきましょう。

目次
 チーズの種類(P1〜2)
 チーズと牛乳、ヨーグルトの違い(P2)
 チーズが、「健康に良い」と言われる理由6つ(P3)
 チーズダイエットのやり方(P4)
 【目的別】美容のためのチーズの選び方(P4)
 チーズを食べると恋愛力がアップする?(P4)
 チーズを食べるときの注意点(P5)
 まとめ(P5)

チーズの種類

chees

そもそもチーズにはどんな種類があるのかご存じですか?

当然ですが、私たちが日頃食べているもの以外にもたくさんの種類があります。以下ではチーズの主な種類について見て行きましょう。

(1)プロセスチーズ

日本ではおなじみのチーズですね。プロセスチーズは、その名の通り加工されたチーズのことですが、身近な例で言うと、

・6Pチーズ
・とろけるチーズ
・スライスチーズ

などが挙げられます。よくスーパーなどで見かけますね。これらのチーズは加工してある分、保存期間が比較的長く味の変化もあまりないのが特徴です。

値段も安いので庶民には親しみやすいチーズですね。

(2)ナチュラルチーズ

一方、加工していないチーズのことをナチュラルチーズと呼びます。

プロセスチーズに比べて保存期間が短かったり味が変化しやすかったりしますが、乳酸菌が生きているなど、鮮度が高いという特徴もあります。

ナチュラルチーズにはさまざまな種類がありますので、一緒に見て行きましょう!

>ハードタイプ

チーズを熟成させたもので、水分が少なく硬い感触であることが特徴です。ハードタイプのチーズは水分が少ないので長期保存をすることができます。主な種類には、

・チェダー
・パルミジャーノ
・エメンタール
・グリュイエール

などがあります。チェダーやパルミジャーノは日本でもなじみ深いですね。

>フレッシュタイプ

こちらは逆にほとんど熟成させないタイプのチーズです。

どちらかというと牛乳のような風味を楽しむことができるチーズで、クリーミーな食感が特徴的です。ハードタイプのチーズとは違って保存期間は短いです。

>ウォッシュタイプ

あまり聞き慣れない人もいるかと思いますが、ウォッシュタイプのチーズはお酒や塩でチーズの表面を洗うことで熟成させるチーズのことです。

具体的にはリネンス菌と呼ばれる細菌を熟成させます。

香りにクセがあるものが多いですが、中はそこまでクセが強くないため、チーズの臭みが好きな人に人気が高いです。

主な種類には、

・タレッジオ
・ショーム
・エポワス

などがあります。

>白カビタイプ

チーズの種類で忘れてはいけないのが、この“カビ”タイプのチーズ。白カビをチーズの表面につけ、外側から熟成させていく手法で作られます。

表面は白カビの影響で硬めですが、中はしっとりと柔らかいのが特徴です。青カビタイプに比べるとあまりクセが強くなく、チーズ好きの人たちからは根強い人気があります。

主な種類には、

・ヌーシャテル
・カマンベール
・ブリー

などがあります。


→次ページでは、青カビ・シェーブルタイプについて見て行きましょう。

>青カビタイプ

いわゆる“ブルーチーズ”と呼ばれるものです。チーズの中では最も風味が強く、クセがあるのが特徴です。

チーズの中心から青カビを使って熟成させていく手法で作られます。あまり万人受けするチーズではないですが、愛好家からは絶大な支持を得ています。

主な種類には、

・ゴルゴンゾーラ
・ロックフォール
・ババリアブルー
・カンボゾラ

などがあります。

>シェーブルタイプ

シェーブルタイプの“シェーブル”はヤギのことで、ヤギのミルクから作られたチーズのことを指します。

ヤギのミルクからできたチーズは臭いやクセが強いため、好き嫌いがはっきりと分かれます。

主な種類には、

・クロタン
・サントモール
・シャブルー

などがあります。

チーズと牛乳、ヨーグルトの違い

chees3

チーズは乳製品ですが、乳製品には他にも牛乳やヨーグルトなどの種類があります。

以下ではそれぞれの長所と短所の違いについてお話ししていきます。

牛乳

牛乳の長所としては、ミネラル・タンパク質・ビタミンなど豊富な栄養素を一気に摂取できるところが挙げられます。

一方で、食物繊維や鉄分、ビタミンEなどは不足しています。

牛乳はとりわけカルシウムの吸収に優れており、その吸収率は40%程度だと言われています。これは小魚や野菜を摂取するよりも高い吸収率です。

栄養豊富な牛乳ですが、『乳糖不耐症』の人が飲むと下痢の原因となるため、人によっては避けた方が良い食品です。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を改善する効果が高い食品です。牛乳と同じような栄養成分ではありますが、決定的に違うのは“乳酸菌”です。

そのため、腸内環境を整える目的で摂取するなら牛乳よりも断然ヨーグルトのほうが効率が良いです。

しかし、牛乳と同様に『乳糖不耐症』の人が摂取すると下痢になる可能性があるため、自分の体質をよく見極めながら付き合っていく必要があります。

チーズ

チーズには、牛乳に含まれているバランスの良い栄養素が凝縮されています。そのため、少量食べるだけで多くの栄養素を摂ることができます。

しかし、チーズには塩分が多く含まれていることが多いため、過剰摂取に気をつける必要があります。


→次ページでは、チーズが、「健康に良い」と言われる理由について見て行きましょう。

チーズが、「健康に良い」と言われる理由6つ

141121ootsuka

(1)圧倒的なたんぱく質量! 髪の毛の強化や筋肉増強にお役立ち

たんぱく質は、筋肉や髪の毛を作る原材料となるものです。これがなければ、どれほど運動しても筋肉が付きません。

筋肉における“建築素材”とも呼ばれているものであり、人間の体を構築する上で非常に重要です。

たんぱく質は、海産物などに多く含まれます。そのなかでもトップクラスのものは、『しらす干し』です。

しかしチーズ(パルメザンチーズ)は、しらす干しの40.5gを上回る、44gものたんぱく質を持っています。

チーズの良質なたんぱく質はがんや高血圧予防にも効果があると言われています。

(2)脂肪を燃焼させる効果あり! ビタミンB2の効果

また、パルメザンチーズは、ビタミンB2が豊富なことでも知られています。ビタミンB2の含有量が多い食品の14位にランクインしています。

ビタミンB2は、脂肪を燃焼させる効果がある上に、皮膚などの再生を担うという重要な役割があるものであり、ダイエットをしている人にとっては必要不可欠な成分です。

(3)乳酸菌が生きているのは牛乳だけじゃない!

さらに、チーズには“乳酸菌を取り入れられる”という効果もあります。

チーズを作る上では、乳酸菌は重要な役目を果たします。この乳酸菌は出来上がったチーズのなかにも残っており、高い整腸効果を誇ります。

「牛乳を飲むとおなかを壊してしまう」「牛乳の味が苦手だ」という人にとっても、チーズはとても強い味方になります。

(4)虫歯予防にもなる!

チーズには歯を丈夫にするカルシウムだけでなく、口の中の酸から歯を守る役割があるタンパク質も豊富に含まれています。

さらに、リンも含まれているため、歯の再石灰化を高めて虫歯の予防効果があります。

チーズは歯や歯茎の健康維持に効果があるのです。

(5)女性に多い病気を予防・軽減してくれる!

チーズには女性ならではの病気を予防したり軽減したりする栄養素が含まれています。

たとえば、女性が悩みがちなPMSはカルシウムの作用で軽減されることがあります。また、カルシウムは骨粗しょう症の予防にも効果的だと言われています。

さらに、チーズにはトリプトファンも含まれており、カルシウムとともに睡眠不足の解消を手助けしてくれます。

(6)美肌づくりにも効果的!

チーズにはビタミンAが含まれていますが、ビタミンAには皮膚や体内の粘膜の健康を保つ役割があります。

そのため、美肌作りにも効果的だと言われています。また、免疫力を高める作用もあるため、風邪予防などにも効果があります。


→次ページでは、チーズダイエットのやり方について見て行きましょう。

チーズダイエットのやり方

chees2

皆さんはチーズダイエットというものをご存じですか?

これはチーズに含まれるビタミンB2の脂肪燃焼効果を利用したもので、日常の食事にチーズをプラスして食べることで行います。

1食で摂取するチーズの量は20〜40gが適量だと言われています。6Pチーズだと1Pが20gに相当するので、大体1P〜2Pぐらいの量だと覚えておくと良いでしょう。

チーズは少量で豊富な栄養を摂取することができるため、食事制限中の栄養不足の解消に役立ちますが、食物繊維とビタミンCが含まれていないため、これらの栄養は別の食材で摂取する必要があります。できれば、野菜や果物と一緒に食べるのが望ましいです。

こうして少しずつ食事の中にチーズを取り入れることで、ダイエット効果を高めることができます。

【目的別】美容のためのチーズの選び方

th_28442937023_9be81cc809_z

美肌がほしい!

肌の状態を良くして美肌になりたいという人は、カッテージチーズを食べるようにしましょう。

カッテージチーズには抗酸化作用や抗炎症作用がある“セレン”や若さを維持するミネラルが含まれており、美肌作りに効果的だと言われています。

そのため、美肌を目指す人にはカッテージチーズがオススメです。

ダイエットがしたい!

ダイエットを目指しているという人は、なるべくカロリーが低くて低脂肪のチーズを選びましょう。

リコッタチーズやモッツァレラチーズ、カッテージチーズなどは低カロリーのため、ダイエット中に気軽に取り入れることができます。

白い歯を保ちたい!

虫歯に悩んでいる人、白い歯が欲しい人はハードタイプのチーズを食べましょう。

チェダーやゴーダなどはカルシウムが多く含まれているほか、触感が硬いため食べているうちに歯や歯茎が鍛えられて口内の健康を維持してくれます。

便秘を解消させたい!

長いこと便秘に悩んでいるという方は、青カビタイプのチーズを食べるといいでしょう。

青カビタイプのチーズには整腸作用があるため、便秘の解消を手助けしてくれます。

また、どうしても青カビタイプのチーズが食べられないという方は、効果は薄れますが白カビタイプのチーズでも良いです。

チーズを食べると恋愛力がアップする?

chees4

実は、チーズには恋愛力をアップさせる効果もあると言われています。どういうことなのでしょうか。

人間は恋をしたばかりのとき、睡眠時間や食事を削ってまで相手のことを考えてしまうほど夢中になることがあります。

このときに分泌されているホルモンのことを“フェニルエチアミン(PEA)”と言います。このフェニルエチアミンは別名“ときめきホルモン”などとも呼ばれているのですが、なんとチーズにはこの成分が含まれているのです。

そのため、チーズを食べると恋愛への欲求が高まると言われています。フェニルエチアミンには他にも集中力を高める効果もあり、恋愛しているときほど仕事がうまくいく、というのはこれが関係しているという説もあります。


→次ページでは、チーズを食べるときの注意点について見て行きましょう。

チーズを食べるときの注意点

chees5

これまで、チーズの素晴らしさについて見てきましたが、当然チーズを食べることで起こるデメリットもあります。

以下ではチーズを食べるときの注意点について見て行きましょう。

(1)カロリー過多にならないようにする

チーズはカロリーが高いため、自分でカロリーをコントロールする必要があります。たとえば、上で取り上げたパルメザンチーズなどは、100gで475kcalととってもハイカロリー!

これは、皮下脂肪のついていない牛モモ肉の2倍にもなる数字です。

筋肉をつけるためにチーズのたんぱく質は有効ですし、ビタミンB2はダイエットにも効果的です。

でも、チーズはそれだけではカロリーが高すぎてしまうので、運動で消費する必要がある、ということです。

高栄養の上、メリットも大きく、味もおいしいチーズ。食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(2)起こりうる健康被害を知っておく

チーズは栄養豊富で優れた食材ではありますが、摂取しすぎると健康被害が生じることがあります。

【偏頭痛】
チーズにはチラミンという成分が入っているのですが、これを摂取しすぎると神経が刺激されて偏頭痛の原因になると言われています。

【下痢】
チーズに多く含まれる脂質を摂取しすぎると、内臓に大きな負担がかかり、下痢になる可能性があります。また、脂質は悪玉菌を増やす原因にもなります。

【蕁麻疹】
これは当たり前ですが、チーズにアレルギーがある人がチーズを食べるとアレルギー反応が起きます。チーズを多く摂取すればするほど蕁麻疹が出やすくなるので、注意するようにしましょう。

(3)薬との組み合わせに注意する

あまり知られていないことではありますが、チーズは特定の薬と組み合わせることで副作用を生じさせる可能性があります。

注意すべき薬には、

・抗うつ薬
・MAO阻害薬
・抗結核薬
・消化性潰瘍治療薬

などが挙げられます。これらの薬と一緒に摂取すると頭痛や吐き気などの症状を引き起こす恐れがあります。気になる方は必ず医師に相談するようにしましょう。

妊婦は食べないようにする

チーズには“リステリア菌”が含まれていますが、これは胎児に悪影響を与えるリスクがあると言われています。

そのため、なるべく妊婦さんは摂取を控えるようにしたほうがいいです。

ただ、リステリア菌は加熱により死熱するため、プロセスチーズであれば問題ないと言われています。どうしても食べたい場合はかかりつけの産婦人科医に相談しながら食べるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

チーズにはさまざまな種類があり、そして多くの栄養素が含まれている優れた食材であることが分かりましたね。

しかし、一方では健康に害を及ぼすこともあります。チーズを食べる際には自分の健康状態などを把握しながら適切に食べるようにしたいですね。

【参考リンク】
ビタミンB2解説 | 独立行政法人 国立健康・栄養研究所

●モデル/赤松侑里(さゆりちゃん)福永桃子



あなたにオススメ

パパ・ママに読んでもらう

同じカテゴリーの記事

  • インスタグラム
  • ライターの紹介

ピックアップ