赤ちゃんの異変

突然死の可能性も!? 寝てばかりの赤ちゃんに考えられるリスク

突然死の可能性も!? 寝てばかりの赤ちゃんに考えられるリスク

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
こんにちは。生後5か月の赤ちゃんがいますが、生まれたときから寝てばかりです。

2人目ということもあり、どうしてもほったらかし気味なところがあるのですが、とにかく日中寝てばかりです。夜も、最後の授乳(21時〜22時)のあと、朝6時〜7時ごろまでずっと寝ています。

ミルクもたっぷり飲んで体重も順調に増えて健康ですし、起きているときはご機嫌で、1人でおもちゃ遊びしたり、お姉ちゃん(5歳)に遊んでもらったりしてます。

検診のとき医者に相談したら、「寝るのも個性。親孝行な子だね」と言われましたが、このまま寝てばかりでいいのでしょうか。将来、発達が遅れたりしないでしょうか。

上の子は全く寝ない(寝るのが嫌い)子だったので、あまりの違いに戸惑っています。

寝てばかりの場合、無理にでも起こして、遊んであげた方がいいのでしょうか。

目次
 新生児(赤ちゃん)の理想的な睡眠時間(P1)
 新生児が寝てばかりいる原因(P2)
 寝てばかりの新生児に注意すべきこと5つ(P2〜3)
 寝てばかりの新生児に授乳するコツ3つ(P3)
 赤ちゃんが起きているときのコミュニケーションが大切(P4)
 まとめ(P4)

ご相談ありがとうございます。フリーライターのパピルスです。

初めての子育ては、何もかもが初めてで不安なものですが、2人目の子育ても、1人目のお子さんとの違いに悩んだり、子育てを経験しているからこその不安がありますよね。

新生児(赤ちゃん)の理想的な睡眠時間

生まれたばかりの赤ちゃんはかなり長時間眠るため、ママとしては「こんなに寝て大丈夫?」と不安になってしまいますよね。

でも大丈夫。赤ちゃんは“よく眠る”ことが当たり前なんです。

以下では、月齢別に新生児の理想的な睡眠時間についてお話ししていきます。

生後1か月未満

生後1か月未満の新生児は、約16〜18時間ほど眠ることが多いとされています。一日のうちおよそ3分の2は眠って過ごしているということです。

ただ、新生児の睡眠時間には個人差が大きく、12時間程度の子もいれば20時間近く眠る子もいます。

赤ちゃんの健康に異常がない限りは睡眠時間の長短はあまり問題ではないので、眠るタイミングは赤ちゃんに任せましょう。

また、生まれて間もない新生児には“昼夜”の概念がありません。そのため、昼も夜も同じように眠ります。

睡眠リズムが安定してくるのはもう少し先です。

新生児は2〜3時間おきに起きることが多いので、授乳はそのタイミングで行いましょう。

生後1〜3か月

生後2か月くらいになると、赤ちゃんのなかでようやく“昼夜”の区別がつくようになります。

この時期の赤ちゃんは平均で14〜15時間ほど眠ります。

まだまだ睡眠のコントロールはできませんが、中には寝る時間がまとまってくる子も出てきます。

授乳は一日7〜10回を目安に行うのがベターです。

生後4〜6か月

これまではぼんやりと“昼夜”を認識していた赤ちゃんですが、生後4か月からだんだん体内時計が発達してきます

この時期の一日の睡眠時間は13〜14時間くらい。

ママが生活リズムを整えてあげることで、赤ちゃんの睡眠リズムもしだいに調整されてくるようになります。

授乳は1日5回を目安に行いましょう。

生後6〜12か月

生後6か月を過ぎると赤ちゃんの睡眠時間は11〜13時間と短くなっていきます。

また、このころから首が据わり始めて寝返りを打つようになったり、夜泣きが始まったりと睡眠に変化が起こるようになります。

一方でハイハイやつかまり立ちなどができるようになり運動能力が向上するため、睡眠の質が深くなっていきます。

この期間中も授乳は1日5回ほどが目安となるようです。とはいえ、1歳を過ぎても10回以上授乳を求める子もいるので、あくまでも“目安”程度にお考えください。


→次ページでは、新生児が寝てばかりいる原因を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る