耳・鼻・喉の病気

怖い病気カモ!? のどちんこが腫れる病気と治療法まとめ

怖い病気カモ!? のどちんこが腫れる病気と治療法まとめ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【男性からのご相談】
40代、自営業です。今朝になって気づいたのですが、のどちんこが垂れ下がって地面というか、舌の奥に当たってしまっています。

普通にしていても気になるし、唾を飲んだり痰(たん)を切ったりするともっと気になります。

子どもがまだ5歳なので、怖い病気だったらどうしようかと、とても心配です。

目次
 のどちんこについて(P1)
 口蓋垂音について(P2)
 医師によっては漢方薬を処方する場合もある(P2)
 医療機関を受診したら、“ゆっくり休む”ことが大切(P2)
 のどちんこの腫れから考えられる病気(P3)
 “いびき”や“睡眠時無呼吸症候群”の原因となる、のどちんこの肥大(P3)
 のどちんこを切除した人の体験談(P4)
 まとめ(P4)

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。ご相談ありがとうございます。

おそらく咽頭炎あるいは扁桃炎を起こして、軟口蓋(なんこうがい)という、のどちんこ(医学用語では“口蓋垂・こうがいすい”)がついている地盤の部分が腫れてふくれあがり、全体的に下がってしまったせいで、のどちんこが舌に当たるほど垂れ下がってしまっていると考えられます。

怖い病気の恐れは低いですが、細菌性だと抗生物質を使わないとなかなか治らないので、早めに医師の診察を受けて治療してください。

耳鼻咽喉科を受診されるのがいいでしょう。

のどちんこについて

rewrite

ほとんどの人が違和感なくあたり前のように使っている『のどちんこ』。

しかし、正式名称は『口蓋垂(こうがいすい)』または『懸壅垂(けんようすい)』と言います。

ほか、『喉彦(のどひこ)』、『上舌(うわじた)』といった呼び方もされるようです。

喉の奥で垂れ下がっていて、実際何のためにあるのか分からない方も多いと思います。

そこで、のどちんこの役割についてご紹介していきます。

役割

役割としては諸説あるようですが、主に食べものや飲みものを飲みこむ際にそれらが鼻腔へ入るのを防ぐ働きをしているとされています。

つまり、鼻からの空気の通り道と、口からの食物の通り道を分けるためにあると言われているようです。

また、発声を補助するという役割も果たしているという説も。とは言え、のどちんこがないと上手に発声ができないというわけでもないようです。

実際生まれたときからない人もいれば、のどちんこの先が2つに分かれている人もいるようです。

いずれも、それ以外の部分が正常なら発音などには問題ないと言われています。

『6か月検診で、のどちんこがないことがわかりました。しかし、医者からは「なくても特に問題はない」と言われました』

といった方もいるようです。

確かに、役割はあるものの、ないと弊害を及ぼすというわけでもなく、一部では虫垂同様に“不要な部位”といった説もあるようです。


→次ページでは、口蓋垂音についてについて見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る