• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 黒・黄・白・青・赤…“5つの顔色”でわかる不調の原因と対処法

  • 黒・黄・白・青・赤…“5つの顔色”でわかる不調の原因と対処法

黒・黄・白・青・赤…“5つの顔色”でわかる不調の原因と対処法

黒・黄・白・青・赤…“5つの顔色”でわかる不調の原因と対処法

プロカメラマンによる無料親子撮影会

“顔が白い”原因と対処法

160901kaogasiroi

顔が白い場合に考えられるのは、『貧血』です。

貧血になると、血液中の酸素を体中に運ぶ役割をしている『ヘモグロビン』の量が減少します。

ヘモグロビンが減ると、血液が薄くなって顔が青白く見えてしまうのです。

貧血を治すためには、ヘモグロビンをつくる鉄分を摂取することが有効。レバーやほうれん草など鉄分を多く含む食材を積極的に食べましょう。

また、体全体に酸素が循環するよう、適度な運動をすることもオススメです。体を動かすと体温が上がり、顔色も良くなります。

過度なダイエットは貧血の原因にもなりますので、控えましょう。

生活習慣を見直しても貧血が改善されない場合は、病院で医師に相談するのも手です。鉄剤の服用などで症状が改善されます。

中医学の観点から見る顔が白い原因と対策

160907sakurairyo2

肺が弱いと顔色が白っぽくなります。

呼吸器が弱い人は色白で肌が弱い傾向にあり、皮膚が弱い人はメラニン色素を作る能力も低い傾向にあるためです。

また、貧血傾向がある人も白っぽくなります。

対策としては、乾燥する季節は特にマスクをするなどの保湿対策のほか、口呼吸をしている人は鼻呼吸をするようにしましょう。

食材は肺を潤す、

・大根
・キャベツ
・じゃがいも
・玉ネギ
・白ゴマ

など。辛いものを好む傾向がありますが、香辛料は発汗を促して皮膚の抵抗力を下げますので、ほどほどにしましょう。

“顔が青い”原因と対処法2つ

160901kaogaaoi

(1)血液循環の悪さが原因で顔が青い場合

血液循環が悪く、肩こりや首、腰の痛み、冷え性などの症状がある人は顔が青くなっていることが多いです。

血液の巡りを良くするためには、体を冷やさないようにすること、適度に運動すること、過度なダイエットをしないこと、ストレスを溜めないことが大切です。

(2)銀皮症が原因で顔が青い場合

めったにあることではありませんが、顔が青い人は『銀皮症』である場合もあります。

銀皮症は、銀を体内に取り込んでしまうことにより、顔や体が青く変色してしまう症状。

銀は体内に取り込んでしまうと排出することができず、皮膚に沈着してしまうのです。

ただし、銀を取り込んでも、すべての人が銀皮症になるわけではなく、体質など個人差があるとのこと。

また、銀皮症は一度発症すると自然に治ることはありませんが、特に健康に影響はないそう。

とはいえ、全身が青くなるため、その見た目から精神的に耐えられないという場合には、治療として皮膚を裏返す手術が行われることもあるそうです。


→次ページでは、中医学の観点から見る顔が青い原因と対策を見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム