• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 必要or不要? 意外と知らない“耳垢”の役割と正しい耳掃除の仕方

  • 必要or不要? 意外と知らない“耳垢”の役割と正しい耳掃除の仕方

必要or不要? 意外と知らない“耳垢”の役割と正しい耳掃除の仕方

必要or不要? 意外と知らない“耳垢”の役割と正しい耳掃除の仕方

耳掃除が気持ちいいワケ

161123kjikou10

耳掃除が気持ちいいのは、体の中を複雑に走り回っている『迷走神経』と呼ばれるものが外耳腺にもあり、耳かきや綿棒でここを刺激すると、気持ち良くなるためです。

しかし、耳掃除をやりすぎたり、奥まで掃除をしすぎたりすると、かえって耳垢を奥まで押し込み、耳垢塞栓や外耳道の損傷による外耳炎を起こしてしまうリスクもあるので、十分注意しましょう。

最悪の場合、手術に至る可能性もあります。

耳に痛みを感じたり、聞こえが悪くなったり、耳汁が出たりといった症状のある人は、すぐに病院で受診するようにしましょう。

もともと耳の構造は繊細にできているため、修復する能力があまり高くないと言われています。早め早めの対策を心がけることが大切です。

タイプ別! 耳掃除ガイド

161123jikou11

耳の中は繊細でトラブルの多い器官ですが、正しい耳掃除の仕方を教わったことのある人は少ないのではないでしょうか。

自分で自分の耳を掃除するときには、まず綿棒を使うことをおすすめします。

奥まで掃除しようとすると耳垢まで奥に押し込んでしまいかねないため、無理をせず楽に届く範囲にとどめるようにしましょう。

子どもの耳掃除を行うときには、耳を後ろに引っぱってから上に持ち上げると、S字になった耳の穴がまっすぐになり、奥まで見やすくなります。

ゴシゴシ掃除しすぎてしまうと傷がつき外耳炎になりやすくなるため、幼児の耳掃除は特に注意が必要です。

また、“耳掃除”といっても、耳垢のタイプによって適した方法や道具が異なります。

以下では、タイプ別に耳掃除の正しいやり方について見ていきましょう。

乾性耳垢タイプ

乾いた耳垢である乾性耳垢タイプの人には、“耳かき”がオススメです。

綿棒だと、乾燥している耳垢をかき出すことが難しいため、耳かきが最適な方法と言われています。

また、近頃は粘着性のある綿棒も売っており、こちらは乾燥耳垢に有効です。

ちなみに、乾燥耳垢の場合はお風呂上がりだと通常の綿棒でも効果があると言われています。

湿性耳垢タイプ

耳垢が湿っている人の場合は、乾燥している人に比べて耳掃除が難しくなります。

通常の耳かきでは除去が難しいため、綿棒が推奨されています

綿棒で掃除をする際は、前後にこするのではなく綿棒を回転させて耳垢を絡めとるように使用しましょう。

また、湿性耳垢タイプの人にオススメなのがワイヤー式の耳かきや、円状になっているタイプの耳かきです。

どちらも効果的に耳垢が取れるような構造になっているため、乾燥耳垢タイプでも湿性耳垢タイプでも向いています。


→次ページでは、耳掃除と“せき・クシャミ”の関係について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す