鉄道好きにはたまらない“大回り乗車”のルールと注意点

【パパからのご相談】
小学3年生の息子がいます。小さいころから鉄道が好きな子でしたが、小学校に入ってからさらに熱狂的になりました。

夢中なものがあるということはいいのですが、毎週毎週の長距離乗車。

正直、わが家はお金に余裕があるわけではないため、今後どのように息子の趣味と向き合うか迷っています。

目次
 ちょっとお得な“大回り乗車”という乗車方法(P1)
 大回り乗車のルール4つ(P1)
 大回り乗車とキセル(不正乗車)の違い(P2)
 JR以外でも“大回り乗車”はできるか(P2)
 JRでおすすめな大回り乗車路線(P2〜3)
 大回り乗車についての注意点5つ(P3)
 日本最長の大回り乗車経路(P4)
 大晦日・元旦を利用した大回り乗車(P4)
 子どもと大回り乗車する際の注意点(P4)
 まとめ(P4)

ご相談ありがとうございます。ママライターのマフィーです。

子どもが夢中になっているものがあるということはとっても素敵なことですよね。

無気力無趣味の子どもやゲーム三昧の子どもが多いと言われている昨今、熱中できるものがあるというのは素晴らしいと思います。

とはいえ、親として気になるのはお財布具合。子どものためと言っても、やっぱり無制限にしてあげられるわけではありません。

そこで、鉄道好きの子どもにオススメのお得な乗車法を紹介します。

ちょっとお得な“大回り乗車”という乗車方法

rails-train-path-straight-large

電車に乗るのが好き。電車にさえ乗っていられたら満足。

そんな人たちのために……なのかどうかは分かりませんが、大回り乗車というものをご存知でしょうか。

鉄道好きの方たちのあいだではよく知られた方法のようですね。

この大回り乗車、簡単に言うと、“ある特定の区間の中では駅から駅へ行くのにどの経路で行っても構わない”というものです。

つまり、一番安い切符(隣駅へ向かうような130円や140円など)で長距離を大回りして乗車するということ。

電車って多くの人にとっては、最短経路で移動するものですよね。
ただ電車に乗っていたい人にとっては、乗車中も楽しみの一つ。
初乗り運賃で、どこまでも一筆書きのように色んな道を満喫するのが幸せなわけです。

たとえば山手線。内回りで行けば一駅の場所に、外回りで60分かけて行っても不正乗車ではないということです。

ただ、いくつかルール(乗り方)があるのでご紹介します。

大回り乗車の基本ルール4つ

161103train1

(1)適用区間

大都市近郊区間内とされていますが、具体的には、東京、大阪、福岡、新潟、仙台の5つの都市。

この区間内のどの電車が適用されるのかは事前にJRのホームページなどでご確認ください。

(2)途中下車はできない

途中で下車してしまうと、通常の運賃が発生します。
子供がトイレに行くこと等でホームに降りる場合には、もちろん、乗車中と判断されるので、
運賃は発生しません。

(3)有効期間は1日

今日利用して、明日も利用するということはできません。

(4)線路がぶつかってはいけない

これは一筆書きの要領です。同じ駅を二度通過することは、一部を除いてできません。


→次ページでは、大回り乗車とキセル(不正乗車)の違いについて見て行きましょう。

人気記事

幼少期のアルバムなど、現像された写真があると嬉しい気持ちになりませんか?ご両親とは「こんなことあったよね〜!」と懐かしみ、お子さまには「これママ?!かわいいね!」なんて言われたら照れくさいながらも幸せですよね。しかし[…]