子供の受験

「勉強しろ」は禁句!? 東大に合格した子どもの親に共通すること

「勉強しろ」は禁句!? 東大に合格した子どもの親に共通すること

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
息子が難関中高一貫校に受かり、今年の春から元気に通っています。東大合格者も輩出する名門校です。できればうちの息子も将来は東大に行かせたいと思っています。

そこで親が勉強の手助け以外で、できることや協力すべきことって何でしょうか?

目次
 東大生の親はやっぱりお金持ちなの?(P1)
 東大生の親の職業は?(P2)
 東大生の親は高学歴? どこの大学卒業者が多い?(P2)
 東大生の親は共働き家庭or専業主婦家庭、どっち?(P2)
 東大生の親は幼少期の子どもにどう接していた?(P2〜3)
 子どもを東大生にするための心得6つ(P3〜4)
 まとめ(P4)

a 自主的に勉強できる環境を作りましょう

こんにちは。ライターのakiです。

筆者が教員をしていたときに感じたのは、東大に受かるお子様というのは“やらされる勉強ではなく自分でやる”という姿勢が徹底しているということです。

そして、そんな自主性を持つ子の背景にはお母様のコントロール力がとても大きいと感じます。

それは教育ママのようにつきっきりで勉強をさせているという意味ではなく、子どもの気持ちをのせるのがとてもお上手なのです。

そこで今回は、子どもを東大へ合格させたお母様たちの特徴をまとめてみたいと思います。

東大生の親はやっぱりお金持ちなの?

「東大生の親はお金持ちが多い」というのはよく聞かれることですが、実際はどうなのでしょうか?

上のグラフ図は、『東京大学』が実施した『学生生活実態調査』結果の中の、「家計支持者の年収額分布」です。

なお、ここでいう“家計支持者”の割合(複数回答でたずねているそう)は、父が92.7%、母が39.3%とのこと。これを踏まえた上で、2014年の結果を見ていきましょう。

データを見ると、一番多いのは「950万円以上1,050万円未満」で19.4%でした。

続いて、「450万円以上750万円未満」が16.3%、「750万円以上950万円未満」が15.3%、「450万円未満」と「1,550万円以上」が同率で13.6%、「1,250万円以上1,550万円未満」が11.8%、「1,050万円以上1,250万円未満」が10.4%という順になっています。

厚生労働省が発表している『国民生活基礎調査』によると、日本の平均世帯年収は528.9万円ということなので、東大生の親は平均より高い年収であると言えそうです。

とはいえ、「450万円未満」の家庭も13.6%存在していることから、必ずしもお金持ちでなければ東大に入ることはできない、とは言えないことがわかります。


→次ページでは、東大生の親の職業について見て行きましょう。

ページ: 1 2 3 4

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る