日本食に世界が注目! 和食が健康に良い理由とおすすめメニュー

健康に良い和食メニュー3つ

160720wasyoku3

(1)酢の物

生野菜ももちろん体にいいですが、ドレッシングなどをかけてしまうとカロリーも高くなりがち。その点、酢の物であればそのまま食べることができます。

お酢には疲労回復効果のほか、むくみをとってくれる効果もあり女性にはうれしい食材。

茹でたささみなどを加えれば味のバリエーションも増やすことができます。

(2)みそ汁

多くのメリットをもたらしてくれる発酵食品の味噌を使ったみそ汁は、和食を代表するメニュー。

最近ではスムージーやヨーグルトなども人気ですが、冷たいことで体を冷やしてしまうこともあります。

その点みそ汁であれば体の中から温めることができますし、野菜や海藻、キノコ類などさまざまな食材を一緒に取ることもできるため体を満足させられるでしょう。

(3)焼き鮭

“スーパーアンチエイジングフード”とも言われる鮭。

鮭の赤い身に含まれる『アスタキサンチン』は、老化の原因になるといわれる活性酸素を豊富に含みます。

また、オメガ3脂肪酸は中性脂肪を減らす働きがあり、頭皮を健康的に保つためにも効果的と言われています。

皮ごと食べることでコラーゲンも摂取することができるので、丸ごと食べてみてはいかがでしょうか。

健康のために和食を取り入れる海外セレブ3人

160720wasyoku4

(1)ミランダ・カー

トップモデルとして活躍するミランダ・カーですが、実は日本食の大ファンなんだとか。

お菓子の代わりにワカメなどの海藻類を食べるほか、豆腐も好きでよく食べているということです。

出産後も抜群のプロポーションで活躍し続ける裏には、和食の影響もあるのかもしれませんね。

(2)ヴィクトリア・ベッカム

人気サッカー選手のデビッド・ベッカムの妻であり、実業家としても活躍するヴィクトリア・ベッカム。

美しい肌を保つために、外国人が最も嫌うであろう納豆まで食べていたそうです。

4人の子どもがいながらスレンダーな体型を維持しているのは、和食のおかげなのかもしれません。

特に魚を中心としたヘルシーな食生活を好んでいるそうです。

(3)マドンナ

50歳を超えてもなお現役であり続けるトップシンガーのマドンナ。

アンチエイジングのために和食を取り入れており、和食の専属料理人を住まわせていたこともあるそうです。

長年体型をキープし続けるマドンナが好きと言えば、みなさんも食べたくなるのではないでしょうか。


→次ページでは、和食は健康に悪い部分もあるのかについてを見ていきましょう。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡