ヘルスケア

デトックス力を高める! 生理中の痛みの原因と理想的な過ごし方8つ

デトックス力を高める! 生理中の痛みの原因と理想的な過ごし方8つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは、真島あみです。

生理中は「デトックス期間」と言われていますので、その期間は激しい運動やストレスになることは避けて、できるだけ穏やかに過ごすのがいいでしょう。家でゆっくり映画を観るなどの過ごし方は、とてもよいと思います。

生理中におすすめの過ごし方をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次
 生理とは(P1)
 生理痛が起こる原因5つ(P1)
 月の満ち欠けと女性の体の関係(P2)
 生理のデトックス機能(P2)
 生理中の理想的な過ごし方8つ(P3)
 デトックス効果がアップする食べ物・飲み物8つ(P4)
 生理痛に関する西洋医学と東洋医学の考え方(P4)
 まとめ(P4)

生理とは

170407seirituu01

「生理」は医学的に「月経」と言い、10歳くらいから15歳くらいに始まり(「初潮」と言います)、50歳ごろまでの女性に毎月続くものです。

卵巣では妊娠の準備のために毎月、排卵が起こります。また、子宮では月経の周期に合わせ、いつ着床が起こってもいいように赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜をだんだん厚くしていきます。

しかし、妊娠しなかった場合には着床のために準備した子宮内膜が不要となり、不要となった子宮内膜は体の外へ排出されます。

そのときに血液を固まらせる凝固因子が破壊され、月経血として体の外へ排出されることを「月経」「生理」と言います。

生理が始まった日から次の生理が来る前日までの期間を「生理周期」と言い、正常であれば25〜28日周期で3〜7日間ほど続くことになります。

生理痛が起こる原因5つ

170407seirituu02

生理痛の程度や症状は人によってそれぞれ異なりますが、重度の人になると日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合もあります。

では、生理に痛みが伴うことや、生理痛が重い人には、どのような原因があるのでしょうか?

(1)プロスタグランジンの量

生理による痛みの大きな要因と言えるのは、生理を起こすためのホルモン『プロスタグランジン』という物質。プロスタグランジンは、子宮の収縮を促し、経血を排出させます

生理の直前から前半のあいだ、プロスタグランジンが急激に増え、その量が多いほど子宮の収縮が強くなり、痛みが出てしまうのです。

この収縮が、生理中に腰痛や体の冷え、だるさが起こることにも関係しています。

生理痛のあるなしは、子宮内膜内のプロスタグランジンの量によって異なるそうです。

(2)食生活によるホルモンバランスの変化

現代の食生活は肉食が中心となっており、ホルモン剤が使われている食べ物も多くなってきました。

その結果、ホルモンバランスが変化し、体の成長が早くなるのと共に初潮の時期も早くなっています。

さらに、食品に含まれる食品添加物、残留農薬、精製食品などによって体の機能が低下し、体が冷え、生理痛を引き起こしているとも言われています。

(3)自律神経の乱れ

スマホやパソコンを長時間使うことによって、自律神経が大きく乱れてしまいます。

自律神経が乱れることでホルモンバランスが狂い、生理痛を引き起こしているのです。

(4)化学物質でできたナプキン

化学物質で作られているナプキンは、体の熱を吸収しやすいため、使用することで体が冷えて生理痛を引き起こしているそうです。

現在、オーガニックコットンのナプキンや布ナプキンなど、体に優しい素材のナプキンも販売されているので、そういったものを選ぶとよいかもしれません。

(5)女性ホルモンにさらされる期間が長い

高齢出産や少子化などによって生理が長く続き、生理を休む期間がなくなっている(女性ホルモンにさらされる期間が長い)ことも、生理痛の原因として考えられているそうです。


→次ページでは、月の満ち欠けと女性の体の関係を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4

ライター紹介

沖まりね

沖まりね

現役大学生アイドルとして都内の大学に通いながら芸能活動をしています。また、アイドル活動以外にも舞台出演など、幅広く活動中です。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

アクセスランキング

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る