子育て(6歳〜12歳・児童)

色だけじゃない! ランドセル選びに重要なポイント3つ

色だけじゃない! ランドセル選びに重要なポイント3つ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
来年、小学生になる子どもの親です。主人とランドセルを見に行ったのですが、種類の多さと機能の多さに何を選んで良いのか分からず帰ってきてしまいました。ランドセルを選ぶ際のポイントはありますか?

a 長く使うものだからこそ、強くて使いやすいものを選びましょう。

ご相談ありがとうございます。ママライターの亜依です。

ランドセル選びは入学準備の中でも最たるもの。金額も結構しますし、失敗はできません!

私の経験を含め、“上手なランドセルの選び方”について書かせていただきます。

140905ai

ランドセルを選ぶ基準

人気ランドセルメーカー“フィットちゃん”のサイトに、みなさんがどのような点を重要視してランドセルを選んでいるのかというランキングが掲載されています。

・1位……軽さ(フィット感・材質)
・2位……カラー
・3位……機能
・4位……価格が手頃
・5位……丈夫さ(強度)

実際にランドセルを使用させるとわかる大事なポイント3つ

(1)A4ファイル対応

私自身の経験なのですが、上の子は『A4クリアファイルサイズ対応』と書かれていないものを購入しました。真ん中の子は対応されているものを購入しました。

両者の差は歴然で、上の子のランドセルにはクリアファイルが真っ直ぐに入りません。一番幅の広い中央部分にファイルを入れるように教えているのですが、それでもなかなか……。

大事なプリントを入れるファイルですので、対応されているものを選んだ方が良いでしょう。

(2)ランドセルの重さ

子どもが背負うランドセルはとても重い!

教科書や辞典といったものを中に詰め込むだけではなく、水泳道具や習字道具など、毎日いろんなものを手に提げて学校へ行きます。

少しでも軽いランドセルを選んであげたいと思うのが親心ですが、重量ばかりを気にしてはいけません。同じ重さのものを背負ったとしても、できるだけ体にピタリとくっつくランドセルのほうが軽く感じますし、肩あて部分が厚い方が体への負担は少なくなります。

ランドセルの総重量が重かったとしても、お子さんの体に合うものを選んであげた方が、結果的には軽いランドセルとなるようです。

(3)型崩れ

「大切にしなさい」と教え込んでも、ランドセルの扱いはひどいものです。

道端でランドセルに座って話している女の子の姿もよく目にしますし、そこら辺に放られてひっくり返っている持ち主不明のランドセルを目にしたこともあります(笑)。

我が子は大丈夫と思うかもしれませんが、「みんながしているから」とノリでやってしまう可能性もゼロではありませんので、強度は確認しておいた方が良いでしょう。

【関連コラム】
ランドセルの人気カラーランキング【2014年版】

●ライター/亜依(ママライター)

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る