子育て(6歳〜12歳・児童)

LINEイジメが怖い!? 中学生のスマホ保有率と買い与える際の注意点

LINEイジメが怖い!? 中学生のスマホ保有率と買い与える際の注意点

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
中学2年生になる娘がいます。友達の何人かがスマホを持ち始めたようで、娘も欲しいと言いだしました。

いろいろと事件もあったので持たせることに不安を感じています。

娘には「考え方が古い」と言われてしまうのですが、スマホくらいでこんなに悩むなんておかしいのでしょうか。

目次
 中学生のスマホ所持率(P1)
 中学生にスマホを持たせる理由(P1)
 多くの親が中学生のスマホ利用状況を把握できていない(P2)
 中学生がスマホを持つメリット4つ(P2)
 中学生がスマホを持つデメリット4つ(P3)
 中学生にスマホを持たせることに対する親の意見(P4)
 中学生がスマホを買ってもらうための説得方法3つ(P4)
 中学生にスマホを持たせる際に作るべきルール6つ(P5)
 中学生がスマホでトラブルに遭ったときの対処法(P6)
 まとめ(P6)

中学生のスマホ所持率

adult-cell-face-female-41288-large

文部科学省の『全国学力・学習状況調査』(2015年)によると、全国の中学3年生の携帯電話・スマートフォンの平均所有率は78.6%となっています。

中学3年生の約8割が携帯・スマホを持っているなんて、時代の流れを感じますね。

ちなみに、一番保有率が高かったのは神奈川県で89.3%となっており、逆に一番低いのは鳥取県で64.2%となりました。

スマホの所有率は、都市部の県に多く、地方の県に少ないという傾向があるようです。

また、MMD研究所が2016年に行った『中学生のスマートフォン利用実態調査』では、中学1〜3年全体のスマホの所有率は40.9%となっています。

スマホを持たせ始めた時期は“中学1年生”が最多で48.7%となっています。

中学生にスマホを持たせる理由

スマホは私たちの暮らしを大きく変えるほど便利なものですが、なぜここまで中学生に普及しているのでしょうか。

先ほども取り上げた『中学生のスマートフォン利用実態調査』(2016年)によると、親が子どもに携帯電話をもたせようと思った理由は以下の通りだそうです。

1位……子どもが塾や習い事を始めたから(33%)
・2位……自分が働きに出ているから(22.6%)
・3位……周りの子どもが携帯電話を持ち始めたから(20%)
・4位……事件・事故の予防のため(19.4%)
・5位……クラブ活動などで子どもが遅く帰ることがあるから(18.8%)

子どもに携帯電話を持たせた理由として一番多いのは、“子どもが塾や習い事を始めたから”となっています。

たしかに塾や習い事に通い始めると送迎の問題や夜遅く帰ることなどが増えるため、携帯電話があると何かと便利ですよね。

上位5位の理由をまとめると、

・送迎の連絡時に便利だから
・周りが持ち始めたから
・事件、事故の予防になるから

の3つとなりますね。実際にはどれか一つというわけではなく、全てを意識して携帯電話を持たせている親の方が多いでしょう。


→次ページでは、多くの親が中学生のスマホ利用状況を把握できていない実態を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったらいいね!しよう♡
  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る