食のほそい娘とごはん

食のほそい娘とごはん

今回はインスタでも何回何十回と 書いてきた「食のほそい娘とごはん」について描かせてください。

娘は周りのお友だちと比べると、食べる量もすくなく 食に関心が薄めな子でした。

私はなるべく見守るスタンスでいようとしていたつもりでしたが フォークやお箸も持とうとしない娘にたいして イライラや不安を隠せずいたのでしょう

 

ついに娘が〝ごはんの時間〟そのものをを嫌がるようになってしまった。

「そうだよな。毎回お母さんが不機嫌になってたら そりゃ食べられるモノも食べたくなくなるよなぁ…娘に悪いことをしたとなぁ」

と 大反省しました。

 

娘がまずリラックスできるように 「残してもいいよ。」と言いました。

甘やかしかもしれませんが、まずガク子の中にある 「食べなきゃ」というプレッシャーを除いてみようと 試みました。

すると、その日はなんと久々の完食。 「残していいよ」という言葉が正解なのか未だに悩んでいますが 娘はその日から〝ごはんの時間〟に嫌がらず席についてくれるように なりました。

ライター/ブブ

ブブさんのその他の記事はこちら!

 

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す