• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

  • STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

単身赴任中の夫婦の絆を保つ方法4つ

160713anketo1

(1)コミュニケーションをしっかりとる

会えない寂しさを紛らわすためにも、夫婦の絆を保つためにも、コミュニケーションを密にとることは非常に重要です。

LINEのテレビ電話やSkypeなどを使えば、無料でお互いの顔を見ながら会話することができるのでオススメ。

できれば毎日短時間でもいいので、お互いの顔を見ながらコミュニケーションをとりましょう。浮気防止にもつながります。

テレビ電話などが時間的に無理である場合は、妻が書いたブログやSNSへ夫がコメントを書くというのはいかがでしょうか。交換日記のような感覚でコミュニケーションがとれるでしょう。

(2)不安なことは夫婦間で相談し合う

不安なことや問題が起きたとき、どちらか一方が抱え込んだり、一人で判断したりするのはよくありません。

夫婦で共有し、相談し合って判断するようにしましょう。

そうすることにより、夫婦がお互いを必要としていると実感することができますし、あとで亀裂ができることもなくなります。

(3)感謝の気持ちや信頼関係を大切にする

不安や不満があっても、相手にぶつけてばかりではいけません。

お互いに信頼し合い、感謝の気持ちを伝え合うようにすることが大切です。

(4)会えないことが寂しいと素直に伝える

「あなたがいなくても家族は元気に楽しくやってます」と伝えれば、旦那さんは安心して仕事に打ち込める気がしますが、同時に「自分がいなくても変わらないんだ」と寂しくなるかもしれません。

夫婦の絆を保つためには、「あなたがいなくて私も子どもも寂しい。早く会いたいな」「君や子どもに会えないのは寂しいよ。単身赴任が早く終わるといいな」など、寂しいという気持ちを素直に伝え合うことも必要です。

ただし、重荷にならない程度にしましょう。


→次ページでは、単身赴任を乗り越えた人たちの体験談について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す