• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

  • STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

STOP離婚! 単身赴任の家族への影響と寂しい気持ちの乗り越え方

単身赴任で必要になる生活費

160713uzumaki

単身赴任でかかる生活費の内訳

単身赴任でかかる生活費には、下記のような項目があります。

・家賃
・食費
・水道光熱費
・交通費
・通信費(スマホ代・インターネット回線代)
・娯楽費・交際費
・洋服・理美容代
・日用品代
・クリーニング代

単身赴任の平均的な生活費

アート引越センター『the0123引越し文化研究所』が全国の単身赴任者を対象に行った、生活費の平均相場のアンケートによると、「月12万〜14万円」という結果が出ています。

単身赴任することで企業から手当が出るため、これらの生活費が全額自己負担となるわけではありません。

ただ、家賃は生活費の大部分を占めるため、ここを安くするのがコツ。会社の家賃補助圏内に住むなどして、安く抑えましょう。

食費については月2万5000円〜3万円が相場と言われています。お弁当を買うにしても、コンビニではなくお弁当屋さんで買うようにすると安くあがるでしょう。

タバコやお酒といった嗜好品については、奥さんの目が届かないことでつい使いすぎてしまう傾向があるので注意が必要です。

飲み代や娯楽費なども、油断するとかなりの出費になるため、気を引き締めましょう。

単身赴任中の家具家電はどうする?

一人暮らしのためにわざわざ家具や家電を揃えると、お金がかかります。

そこでオススメなのが、単身者向けの家具家電レンタルサービス。必要なものだけ借りることができ、中古品で購入するよりもお得な場合もあります。

また、家具家電付き物件を借りるというのもいいでしょう。

単身赴任するときに住民票は移動すべき?

160629anketo

単身赴任時に住民票の移動をしないと、『所轄法』で5万円の過料をとられてしまう可能性があるそうです。

また、転居先に郵便物が届かない、納税や確定申告などの手続きが現住所でできない、選挙権の行使ができない、居住している地域の行政サービスが受けられないなどのデメリットも生じてきます。

さらに、会社から単身赴任にともなう諸手当が出る場合も、住民票の移動が必要になります。それは会社の規定でも定められていることがあり、従わないことで手当てが受け取れなくなる可能性もあります。

そのため、単身赴任で引っ越しをしたら住民票は必ず移動するようにしましょう。

「単身赴任期間が短いから」「週末は必ず家族のいる自宅へ帰るため生活の基盤は自宅になるから」などという理由で住民票の移動をしぶっている場合は、会社の内規も必ず確認しておきましょう。


→次ページでは、単身赴任が原因で離婚に至るワケについて見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す