• TOP
  • ライフ
  • 相続税対策になる!? 子供名義の銀行口座を作る方法と運用のコツ

  • 相続税対策になる!? 子供名義の銀行口座を作る方法と運用のコツ

相続税対策になる!? 子供名義の銀行口座を作る方法と運用のコツ

相続税対策になる!? 子供名義の銀行口座を作る方法と運用のコツ

子供名義の口座を開設するベストな時期

150311tokiwanew03

基本的に子供口座の開設はいつでも良いですが、教育費などの長期的な貯蓄計画がある場合には早めに開設するのがいいでしょう

よくあるタイミングとしては、

・幼稚園入園時
・小学校入学時
・はじめてお年玉をもらったとき
・児童手当を受給したとき

などです。

また、金銭教育を目的にしている場合は、子供がある程度金銭感覚を持つようになってから一緒に開設することもあります。

口座開設は自身の教育プランによって決めた方が良いですが、迷っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

子供名義の口座を使用するメリット3つ

150311tokiwanew04

(1)子供と親のお金を分別管理できる

お年玉やお祝いなどを親の口座に入れてしまうと生活費で消えてしまう恐れがあります。

子供のものとして管理するためには別口座があると便利です。

(2)安易に引き出せない

窓口での手続きは子供の身分証明書が必要など、かなり手間がかかるので、安易に引き出せません。

またキャッシュカードを作らないと、さらに安全です。

(3)子供の金銭教育になる

お小遣いやお年玉などを子供に管理させる場合、毎月のやりくりを計算して自然と金銭的教養が身に付きます

特に“自分の口座”があると子供は責任感を持つようになり、お金への意識が高まっていきます。

子供名義の口座を使用するデメリット2つ

160922kodomokouza1

(1)通帳を子供に渡すときに贈与税がかかる

最大のデメリットは、110万円以上貯蓄して一括で渡すと贈与税がかかってきてしまうことです。

(2)成人したら親が引き出せない

口座は名義人のものなので、成人したら親が管理することはなくなります。

もし親が定期解約をしたいときは、子供の委任状が必要になる銀行もあります。

子供名義の口座を上手に運用するコツ4つ

money-finance-bills-bank-notes-large

せっかく子供名義の口座を開設しても、利用しなければ意味がありません。

また、運用の仕方によっては「作らなければよかった」ということにもなりかねません。

以下では、子供名義の口座を上手に運用するコツについてお伝えします。

(1)親のお金は入れない

子供名義の口座を開設したら、親のお金とは明確に使い分けるようにしましょう。

親のお金と子供のお金をごっちゃにしてしまうと、使用目的がブレるほか、いずれ子供のお金に手をつけることになりかねません

子供名義の口座では、あくまでも“子供に関するお金”だけを管理するようにしましょう。

(2)目的以外の用途では出金しない

子供名義の口座を開設する際には、教育資金の貯蓄などの目的があるはずです。

最初に決めた目的は絶対に貫き、それ以外の用途では出金しないようにしましょう。

いくら自分の子供とはいえ、子供名義の口座は子供のものです。

安易に乱用しないようにしましょう。


→次ページでは、引き続き“子供名義の口座を上手に運用するコツ”について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す