• TOP
  • ライフ
  • 美容
  • ダイエットにもイイ? チーズの種類と美容・健康効果まとめ

  • ダイエットにもイイ? チーズの種類と美容・健康効果まとめ

ダイエットにもイイ? チーズの種類と美容・健康効果まとめ

ダイエットにもイイ? チーズの種類と美容・健康効果まとめ

>青カビタイプ

いわゆる“ブルーチーズ”と呼ばれるものです。チーズの中では最も風味が強く、クセがあるのが特徴です。

チーズの中心から青カビを使って熟成させていく手法で作られます。あまり万人受けするチーズではないですが、愛好家からは絶大な支持を得ています。

主な種類には、

・ゴルゴンゾーラ
・ロックフォール
・ババリアブルー
・カンボゾラ

などがあります。

>シェーブルタイプ

シェーブルタイプの“シェーブル”はヤギのことで、ヤギのミルクから作られたチーズのことを指します。

ヤギのミルクからできたチーズは臭いやクセが強いため、好き嫌いがはっきりと分かれます。

主な種類には、

・クロタン
・サントモール
・シャブルー

などがあります。

チーズと牛乳、ヨーグルトの違い

chees3

チーズは乳製品ですが、乳製品には他にも牛乳やヨーグルトなどの種類があります。

以下ではそれぞれの長所と短所の違いについてお話ししていきます。

牛乳

牛乳の長所としては、ミネラル・タンパク質・ビタミンなど豊富な栄養素を一気に摂取できるところが挙げられます。

一方で、食物繊維や鉄分、ビタミンEなどは不足しています。

牛乳はとりわけカルシウムの吸収に優れており、その吸収率は40%程度だと言われています。これは小魚や野菜を摂取するよりも高い吸収率です。

栄養豊富な牛乳ですが、『乳糖不耐症』の人が飲むと下痢の原因となるため、人によっては避けた方が良い食品です。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を改善する効果が高い食品です。牛乳と同じような栄養成分ではありますが、決定的に違うのは“乳酸菌”です。

そのため、腸内環境を整える目的で摂取するなら牛乳よりも断然ヨーグルトのほうが効率が良いです。

しかし、牛乳と同様に『乳糖不耐症』の人が摂取すると下痢になる可能性があるため、自分の体質をよく見極めながら付き合っていく必要があります。

チーズ

チーズには、牛乳に含まれているバランスの良い栄養素が凝縮されています。そのため、少量食べるだけで多くの栄養素を摂ることができます。

しかし、チーズには塩分が多く含まれていることが多いため、過剰摂取に気をつける必要があります。


→次ページでは、チーズが、「健康に良い」と言われる理由について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す