• TOP
  • ライフ
  • 人付き合い
  • LINEトラブルを回避! 若いママ友との上手な付き合い方

  • LINEトラブルを回避! 若いママ友との上手な付き合い方

LINEトラブルを回避! 若いママ友との上手な付き合い方

LINEトラブルを回避! 若いママ友との上手な付き合い方

ママ友に嫌われるLINEの言動と回避策6つ

160520mamatuiki10

(1)送る時間帯を考えない

朝や夕食の時間帯など、どの家庭も忙しいと思われるときには連絡するのを控えましょう。

ただし、家庭によって忙しい時間帯は異なるので、「返信はいつでも構わない」ということを伝えて送ると相手にプレッシャーを与えずに済みます。

(2)プライベートな質問をする

気軽にメッセージが送れるLINEですが、ママ友とのやり取りは基本的に連絡事項にとどめ、プライベートな質問は控えるようにしましょう。

聞かれた相手は探られているかのように感じ、あなたに嫌悪感を抱いてしまいます

たとえ幼稚園に関係あるような内容でも、質問をしすぎるとウザいと思われてしまうので、自分で解決できるようなことまで質問することのないようにしてください。

(3)既読スルーをしてしまう

LINEで一番トラブルが起きやすいと言っても過言ではない“既読”の問題。これはママ友とのやり取りでも同じです。

相手からのメッセージを読んだら、できるだけ速やかに返信しましょう。特に、質問されている場合や待ち合わせの時間連絡などに対しては早めに返信すること。

また、相手が既読スルーをすることに対してイライラするとそれが普段の会話にも表れてしまうため、相手からの返信には期待し過ぎないようにしましょう。

(4)グループトークで送信しすぎる

仲の良いママ友ができてくると、数人でLINEのグループを作ることもあります。このグループLINEもトラブルになりやすいもののひとつ。

人数が多くなるほど会話も増えるため、少し見ていないだけで未読のメッセージが何十件もたまっていたなんてこともしばしばです。

他の人の大量の雑談を読まなければならないのは、あまり気分の良いものではありません。

グループLINEでは雑談を控え、最初に「返信は無理にしなくてよい」「既読スルーOK」などのルールを作っておくといいでしょう。

(5)グループトークでいない人の悪口を言う

女性が複数人集まれば、どうしても始まってしまうのが人の悪口。とはいえ、できれば避けたい話題だと思っている人も多いはずです。

グループ内での会話だけに、否定するわけにもいかないし、完全に同意してしまうのも気が引けます。

「あなたもそう思うよね!?」などと言われると、どう答えていいのか判断に迷うことも。

もしグループ内でそのような悪口が出たら、話題を変えるように持っていきましょう。

意見を求められても、「どうなんだろうね」「よくわからないな」などとあいまいな返事をしてごまかすのが賢明です。

居心地の悪いグループだと感じるようになったら、思い切って抜けるという選択をするのもひとつの方法と言えます。


→次ページでは、引き続き、ママ友に嫌われるLINEの言動と回避策を見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す