• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • メリットはある? 嫁の親と同居する“マスオさん状態”を円満に保つコツ

  • メリットはある? 嫁の親と同居する“マスオさん状態”を円満に保つコツ

メリットはある? 嫁の親と同居する“マスオさん状態”を円満に保つコツ

メリットはある? 嫁の親と同居する“マスオさん状態”を円満に保つコツ

マスオさん状態がつらくないという人の声

170510tuiki5

つらく、ストレスのたまる生活だと思われるマスオさん状態ですが、中にはつらさを感じない人もいるようです。

『むこうの両親が「来てくれてありがとう」というスタンスなので、僕が過ごしやすいように気を使ってくれています。妻とケンカしたときなんかは、僕の方の肩を持ってくれるぐらい(笑)。妻もそれを笑って受け流しているので、同居に向いている家族だったんだと思います』(40代男性/会社員)

『もうすっかり馴染んでしまったので、つらいと思うことはないですね。最初は気を使いましたが、時間がたてば慣れてくるでしょう。性格的なこともあると思いますが、自分で関係性を構築していく努力も必要じゃないですかね』(30代男性/運送業)

『周りの人には「地獄でしょ?」と言われるけど、まったくそんなふうに思ったことがない。鈍感なんですかね? にぎやかで楽しいとすら思います』(30代男性/飲食店勤務)

このように、夫側の捉え方も千差万別といった様子。このあたりは性格的なことも大きく関係してくるでしょう。

最初にうまく関係性を作ることができれば、その後の生活も自分の思い通りにすることができるかもしれません。

苦手意識を持たず、自分から働きかけてみてはいかがでしょうか。

マスオさん状態のメリット3つ

170510tuiki6

(1)資金援助してもらえる

子育てにはたくさんの出費がつきものです。孫をかわいがるおじいちゃんおばあちゃんは、遠く離れていても必要なときには惜しまず協力してくれるでしょう。

しかし、いくら家族とはいえお金の話をするのは気が引けることもあります。

それでも、同居していれば必要なお金は生活費として見ることができるため、別居している親と比べると話を持ち出しやすいでしょう。

一緒に生活していれば金銭的に苦しい状況になったときも察知してもらえるため、お金のことであれこれ思い悩むことは少なくなるかもしれません。

(2)嫁姑問題から距離を置ける

結婚後に最も多いのは、嫁と姑の関係がうまくいかないということではないでしょうか。

その点、夫側が妻の両親と同居するということは、妻が夫側の実家で同居することと比べると、悩みの種が少なくなると言えるかもしれません。

男性側も、嫁姑問題が深刻化するぐらいなら、自分が少しばかりガマンして一歩引くのも仕方ないと思うもの。妻と母親の板挟みになって悩むこともありません。

(3)使えるお金が増える

生活を親とともにすることで、当然生活にかかるお金は少なくなります。そのぶん貯金をすることができ、夫のおこづかいがアップするということもあるでしょう。

家族で外食するという機会も増えたという人が多いようで、別々に生活していたころと比べて贅沢な暮らしができるようになるのは大きなメリットと言えそうです。


→次ページでは、マスオさん状態を良好に保つコツを見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す