• TOP
  • 妊娠・出産
  • 基礎知識
  • グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

  • グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

グリグリって何? 妊婦が怖がる“痛い内診”の知識と乗り切り方

内診で使用される主な道具

内診では、用途によってさまざまな道具が使われます。以下では、内診に使用される主な道具をご紹介します。

・クスコ(膣鏡)……内診の最初に使用される器具で、2枚のへら状のものでできており、膣を広げることができます。

・綿棒……主に子宮頸部がんの検診のときに使用されます。子宮頸部をこすって細胞を取ります。

・マルチン単鈎鉗子……子宮頸部を固定するのに使われます。子宮内膜などの検査で活躍します。

・経膣超音波検査プローベ……婦人系の病気に関する詳しい情報を取得するときに使用されます。

・キューレット……子宮内膜の検査をするときに使用されます。器具の先端部分で子宮内の組織をかきだします。

・子宮鏡……子宮の中をみるために使用されます。子宮筋腫などが見つかった場合には、この器具で切除することができます。

部位別の内診方法

naisin3

外陰部

外陰部とは、陰核や大陰唇、小陰唇、膣口などを含む部分のことですが、この外陰部に炎症などがないかを目視で確認します。

ヘルペスや膣炎などの感染症の発見に役立つと言われています。

膣内

膣内を診察する場合は“膣鏡(クスコ)”と呼ばれる器具を使って行われます。

膣鏡で膣を広げて膣の様子を観察し、炎症や出血などの異常がないかをチェックします。

人によっては膣鏡を入れられたり膣内を広げられたりする際に痛みを感じることがあるようです。

子宮頸部

膣内の診察と同様に膣鏡を用います。子宮頸部にポリープや炎症の有無を確認します。

この検査を行うことで子宮頸がんを早期発見するきっかけになることがあります。

卵巣と子宮

卵巣と子宮の異常の有無は、触診によって確認します。

片方の手を膣内を触診し、もう片方の手をお腹の上に当てて卵巣・子宮の形や堅さなどに異常がないかを診断します。

また、超音波検査も並行して用いられ、内診では確認できない部分をエコー映像で映し出して異常を確認します。

お産の進み具合を確認する目的で行われる場合は、子宮口の堅さや開き具合をチェックします。

内診と同時に行われる膣分泌物の検査

naisin4

内診を行う際、膣分泌物(おりもの)を採取して感染症などの異常がないか確認する“膣分泌物検査”も行われることがあります。

カンジダやクラミジア、淋病、GBSなどを発見することができます。

中には新生児に感染すると流産などの深刻な事態になる病気もあるため、普通の女性だけでなく妊娠中期〜後期の妊婦にも行われます。

また、子宮頸部の細胞を採取することで、子宮頸がんかどうかを検査することもできます。


→次ページでは、内診前に準備したいことについて見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す