子育て(6歳〜12歳・児童)

男の子は特にそう!? 子どもが親の言うことを聞かない理由と対処法

男の子は特にそう!? 子どもが親の言うことを聞かない理由と対処法

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

【ママからのご相談】
小学校4年生の息子がいます。活発で元気があるところはいいのですが、少し忘れっぽいところがあり、何度注意しても同じことをやって叱られています。

言ったことはきちんと守ってもらいたいのですが、何度言っても聞いてくれないし、言ったときは「分かった」と答えるのですが何も変わりません。

何かいい方法はないでしょうか。

目次
 親が子どもに言うことを聞いてほしいワケ(P1)
 子どもが親の言うことを聞かないワケ(P1)
 子どもが親の言うことを聞かなくなるNG言動5つ(P2)
 もしかして“ADHD”の可能性も!?(P3)
 【男女別】言うことを聞かない子どもへの対処法(P4)
 まとめ(P4)

ご相談ありがとうございます。育児書コンシェルジュの三尾です。

わが家の息子も、何度言っても同じことを繰り返すので、ご相談者様の気持ちはよく分かります。

実際、「うちの子は何度言っても聞かないの」という親の声もよく耳にします。

女の子よりも男の子の方が言うことを聞かない傾向にあるようですが、いつも同じことを言い続けるのも疲れてしまいますよね。

篠原菊紀さんの著書『男の子の脳を伸ばすのは、どんな親?』には、男の子を伸ばしていくためのコツがたくさん書かれていて、何度言っても聞かないのはなぜか? という話題もあります。

その中から、役に立ちそうな内容をピックアップしてご紹介します。

また、実際に男の子を育てた方々から聞いた話も併せてご紹介しますので、参考にしていただけるとうれしいです。

親が子どもに言うことを聞いてほしいワケ

160128rewite1

朝のバタバタしている時間は特に勝負!

「あーでもない」「あれはダメ」などなかなか言うことを聞いてくれないと、イライラが募り爆発してしまいそうになりますよね。

きっと多くのママさんが経験していることだと思います。

では、なぜ言うことを聞いてほしいのでしょうか。

それは案外“大人の都合”が理由ということも。

たとえば、頻繁に子どもが食べこぼしをするとします。そんなとき、「もぉ! ちゃんとお茶碗持って!」と叱ることもあると思います。

しかしなぜ叱ってしまうのか? それには、以下の理由が考えられます。

・片付けるのが面倒
・行儀よく食べてほしい
・作った料理がもったいない

など。

“行儀よく食べてほしい”はまだ子どものことを考えてのことかもしれませんが、他2つはどうでしょう?

片付けが面倒や作った料理が無駄になるという感情であればそれは大人側の都合ですよね。

小さな子どもにそれを理解させるのは難しいことです。

ママの思いとは裏腹に、「こうしてほしい」と願えば願うほど、子どもは余計に言うことを聞かなくなるでしょう。

子どもが親の言うことを聞かないワケ

1601292aco

結論から言うと、“大人が子どもの話を聞かない”ことが原因として挙げられるようです。

子どもは、大人の話を聞くよりも「自分の話を聞いて!」という思いの方が強いのです。

聞いてもらうこと、そのための行動に夢中になってしまっていることが、結果として“話を聞かない”につながってしまうようです。

つまり、考え方を変えてみると、“集中すること”“夢中になること”を覚えている時期とも言えます。

「ちゃんと分かった?」「お話聞いてる?」とイライラするときもあると思います。

しかし、以下の状況であれば話を集中して聞ける環境ではないと言えるでしょう。

・眠い
・疲れている
・機嫌が悪い
・別のことに夢中になっている

そんな中でママが一方的に怒っても効果はなくさらにイライラは募るだけ。

大切なのは、親が話を聞いてもらえる状況を作れているかです。難しいのなら、無理せず絶好のタイミングを待ちましょう!

より効果的なのは、

・ゆっくりと子どもの理解するペースに合わせて話す
・目線が同じになるようにする
・しっかりと子どもの目を見て話す

ことです。

また、特に男の子は、何かに熱中していると他人の話がほとんど聞こえません。旦那さんや息子さんも同じように「あるある!」と思っていませんか?

実は、男の子は片方の脳を使うと、使わない方の脳の活動を落とすそうです。

遊びに夢中になっていると、「御飯よー」と呼んでも聞こえにくくなるんですね。

逆に、女の子は左右の脳をバランスよく使うので、何かをしていても周りの声が聞こえています。

他人の話が聞こえないという男の子の性質も、脳のせいだと思ってしまえば「なんで何度言っても聞かないの!」とイライラしなくなるかもしれません。

のめり込むことは長所でもあるので、夢中になることに対してあまり叱りすぎないようにしましょう。


→次ページでは、子どもが親の言うことを聞かなくなるNG言動を見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る