• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 夫婦円満のヒントに! 夫と妻がお互いに抱える不満と解消法6つ

  • 夫婦円満のヒントに! 夫と妻がお互いに抱える不満と解消法6つ

夫婦円満のヒントに! 夫と妻がお互いに抱える不満と解消法6つ

夫婦円満のヒントに! 夫と妻がお互いに抱える不満と解消法6つ

(8)生理中の八つ当たりをやめてほしい

妻が生理中に八つ当たりをしてきて困っている、という人もいるようです。

女性の中には生理が重く、心身ともに負担がかかる人もいます。そのため、家事がうまくできなかったり、会話でも覇気がなかったりといったことが起こります。

そこまでならいいのですが、夫に八つ当たりをしてしまう人もいるようで、生理期間中だけ関係がギクシャクするという夫婦も少なくないようです。

(9)子ども中心にならないでほしい

女性は子どもが生まれると“女”から“母親”に変わるものですが、それを寂しく思う男性もいるようです。

あるケースでは、子どもが生まれた途端、全く相手にされず無視されるようになったという人もいました。

妻があまりにも子ども中心になってしまうと、夫は「自分は家族にとって一体何なんだろう?」と悩んでしまいます。

「おはよう」「おかえり」といった簡単な挨拶でもいいので、少しでも夫に構ってあげましょう。


「愚痴は言わず、家事を頑張り、女をわすれないで欲しい」という、夫側の本音がわかりました。

こう書いてしまうと、「妻だって大変なのに、夫ばかり好きなことを言って」と思われる方もいらっしゃると思いますが、夫に気分良く働いてもらい、家でもお互いの居心地を良くするために妻側が一歩引くことで夫婦円満でいられるのであれば、十分やる価値のあることかもしれないと思いました(今現在はできていませんが……)。

また、裏の一位とも言えるのが、「感謝して欲しい」という本音。

「愚痴を言うのは、自分の方が大変だと思っているから。家族のために仕事を頑張る自分のことも、ちょっとは気遣って欲しい」

「お仕事お疲れ様の気持ちがあれば、もう少し家事をちゃんとやるのではないか」

「自分といる時に全く外見を気にしていないと、男としての自信をなくす。自分はどうでもいいのかと思う」

どれも表面的には色々言っていますが、根本にある感情は、

・認めて欲しい
・労って欲しい
・ほめて欲しい

という、「感謝される存在」への憧れを感じます。

自信があるように見えても、女性が思ってもみないことで自信をなくすのが男性だと思います。

女性の方は、意外とナイーブな男心知って、ぜひ旦那様に優しく接してあげて下さいね。

妻が夫に不満を感じること5つ

170503re2

(1)無口になるのはやめてほしい

『結婚前はやたらしゃべる性格だったのに、子どもができてからは無口になった夫。会話しても「ふーん」とか「そう」ばっかりでイライラする!』(32歳女性/結婚6年目)

結婚前と比べて夫の口数が少なくなったことを不満に感じている妻は多いようです。

仕事で疲れていると分かっていても、我慢ができないのだそう。


→次ページでは、引き続き“妻が夫に不満を感じること”について見て行きましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す