• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • シングルマザー弁護士が教える、 シングルマザーの実態と支援制度

  • シングルマザー弁護士が教える、 シングルマザーの実態と支援制度

シングルマザー弁護士が教える、 シングルマザーの実態と支援制度

シングルマザー弁護士が教える、 シングルマザーの実態と支援制度

(2)児童扶養手当

離婚や未婚、配偶者の死亡等により、シングルマザーになった場合に支給されます。

平成22年4月からはシングルファザーにも支給されることになりました。18歳の3月31日まで。1~4万円前後。所得制限あり。

児童手当と違い、ひとり親家庭しか受給できない手当です。手当は基本の額が設定されており、それから所得に応じて金額が変動します。

児童扶養手当の基本的な額は以下の通りです。

・子ども1人……月額42,000円
・子ども2人……月額47,000円
・子ども3人以降、1人増えるごと……月額47,000円に3,000円ずつ加算

児童扶養手当には所得制限があり、詳しい額としては、

・扶養親族0人……19万円
・扶養親族1人……57万円
・扶養親族2人……95万円
・扶養親族3人……133万円

となります。

所得制限がかかった場合は“一部支給”となり、以下の計算方法によって金額が算出されます。

・手当(月額)=41,990円−(申請者の所得額−所得制限限度額)×0.0185434

(3)児童育成手当

主に東京都で実施されている制度です。児童手当と児童扶養手当は国の制度ですので、全国で実施されていますが、児童育成手当は各自治体が独自に行います。

そのため、こうした制度を取り入れている自治体はあまり多くはありません。18歳の3月31日まで。13,500円程度。所得制限あり。

離婚や死別などの理由でひとり親家庭になった18歳未満の子どもを持つ家庭を対象に支給されます。

自治体によって金額は変動しますが、東京都の場合は子ども1人につき13,500円支給されるようです。

(4)特別児童扶養手当

こちらは特にシングルマザー限定というわけではありませんが、

・精神の発達に遅れがある
・精神障害により日常生活に支障がでている
・身体に重度、あるいは中度の障害があり、日常生活に制限がある

などの条件に当てはまる子どもがいる場合は、利用することができます。

支給される金額は以下の通りです。

【特別児童扶養手当の支給額(等級1級/等級2級)】
子ども1人……51,100円/34,030円
・子ども2人……102,200円/68,060円
・子ども3人……153,300円/102,090円


→次ページでも、引き続きシングルマザーの支援制度を見ていきましょう。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す