ママ友との付き合い方

本当に必要? ママ友を作るメリット&デメリットと上手な付き合い方

本当に必要? ママ友を作るメリット&デメリットと上手な付き合い方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

(3)子どもの容姿や性格

『メガネをかけていたお子さんを持つママ友に、「○○くんは、賢そう。よく本を読んでいらっしゃるの?」と尋ねたら、「生まれたときから視力が良くないですよ」と嫌な顔をされました。

メガネ=頭が良いという、私の勝手なイメージで口にしたことが、裏目に出ました。褒めたつもりが……と反省しました』(小学2年生のお子さんのママ)

(4)(ママ友の)学歴など結婚前の素性

『子どもが幼稚園のころから仲が良かったママ友。よく会話で「学生時代は……」と出てくるので、どこの大学出身かを聞いたら、高卒でした。

私は大卒だったので、「大学に行ったんだ。すごいね~。私なんかバカだから~。ごめんね」と嫌みを言われました。

学歴で人を判断するつもりもなく、何となく聞いたことが相手を不快にさせました

さらに、周りのママにも「学歴を鼻にかける人」と言いふらされ、変なレッテルを貼られました』(小学1年生のお子さんのママ)

(5)人前での過剰なお礼・挨拶

『上の子のお友達のママ友から「ひとりっ子だから、○○の小さいころの服をあげるね」と、下に4歳の息子がいる私にお古の服をくれました。

本当にうれしかったので、他のママの前で、「お古の服をいただいて、ありがとうございます」と深々とお辞儀をしながらお返しに用意したお菓子を差し出しました。

すると、「他のママが見ているし……お返しをしてもらうために服をあげたわけじゃないのよ。こんなこと止めてね」と突き返されました』(小学1年生のお子さんのママ)

ママ友に好かれるコツ

170524mama2

人間ですから、誰しも好きな人や嫌いな人というのはいますよね。

しかし、人によって態度をあからさまに変える行為は、誰にも良い印象を与えないでしょう。

どんなママ友からも好かれる人は、相手が誰であろうと平等に接し、明るく丁寧な対応をしていることが多いのです。

初めての子育てであれば誰しも不安なことがありますが、そんなときに気さくに分け隔てなく話しかけてくれるママ友がいれば、きっとすぐに打ち解けて仲良くなれるはずです。

自分では意識していなくても、ママ友関係が固まっていけば、いつも一緒にいる人とそうでない人に対する態度は変わってしまいがちです。

少し意識してみると、周りの目も変わってくるかもしれません。

また、これはママ友同士だけでなく、ママ友の子どもに接するときも同様です。自分の子どもに明るく接してくれるママ友のことを悪く思う人はいないでしょう。

自分の子どもだけでなく、周りの子どもにも気配りができるママは人気を集めます。

なお、子どもとの会話では、“褒める”ことを意識してみましょう。これは子ども自身が喜ぶのはもちろん、ママはそれ以上にうれしいものです。

「誰にでも平等に」「子どもにも優しく」「褒める」ということを意識してみましょう。


→次ページでは、ママカースト制度について見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

ライター紹介

KOU

KOU

大学卒業後、新聞社に入社。地方支局や芸能部などで、10年間にわたり記者生活を送った。あっとういう間に30半ば目前に。「このままでは結婚できない」と思い立ち、婚活に専念(?)しようと、退職。数か月後には結婚相手を見つけた。36歳で1人目を出産。育児中には通信講座で保育士の資格を取得、少しは役に立っているのか、息子もすくすく育っている。現在は、のらりくらりと在宅でライター業を営む。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る