ママ友との付き合い方

本当に必要? ママ友を作るメリット&デメリットと上手な付き合い方

本当に必要? ママ友を作るメリット&デメリットと上手な付き合い方

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのKOUです。

ママ友さんとのお付き合いは、いろいろ気を使うこともありますよね。

基本的には、家族以外の他人との付き合いには、程よい距離感が大切だと言われています。

目次
 ママ友とは(P1)
 パーソナル・スペースとは(P1)
 ママ友は本当に必要?(P1)
 ママ友のメリット&デメリット(P2)
 ママ友が群れるワケ(P2)
 ママ友との上手な付き合い方8つ(P2〜4)
 ママ友とのNG会話5選(P4〜5)
 ママ友に好かれるコツ(P5)
 ママカースト制度とは(P6)
 ボスママの特徴と付き合い方(P6)
 ママ友作りにオススメな場所(P6〜7)
 ママ友トラブル体験談(P7)
 まとめ(P7)

ママ友とは

170524mama1

ママ友とは、その言葉通りママ同士の友達関係のことで、特に子どもの年齢が低いときにできた友達関係を言います。

子育てをする上で重要な人間関係ではあるものの、トラブルが発生することも多く、格差をきっかけにママ同士のカーストがうまれることもあるようです。

ひどい場合にはママ友のあいだでいじめに似たようなことが起こることもあり、中には対処法をまとめたマニュアルが存在する場合もあります。

パーソナル・スペースとは

170303mamatomo1

社会心理学には『パーソナル・スペース』という用語があります。

これは、コミュニケーションをとる相手が自分に近づくことを許せる、自分の周囲の空間、つまり“心理的な縄張り”を指します。

この縄張りに他人が侵入してくると、人は不快に感じます。一方で、親しい相手や好意を寄せている相手であれば受け入れることができるそうです。

『パーソナル・スペース』は物理的な距離ではありますが、会話をする際にも相手との関係性の「距離」を推し量りながら、話題の内容を変えていくことが得策かと思われます。

実際、ママ友さんとの会話の内容について考えてみると、「どんどん聞いてちょうだい」と大らかな方もいらっしゃるかもしれません。

しかし大抵は、「プライベートのことを根掘り葉掘り聞かないでほしい」と考える方がほとんどではないかと思います。

ママ友は本当に必要?

170303mamatomo2

“ママ友”はメディアでもよく取り上げられるワードとなっていますが、実際ママ友は本当に必要なのでしょうか。

ママ友作りが最も盛んに行なわれると言われる”就学前”において、ママ友を持つママの割合は約半々という結果もあるようです。

「イイ出会いがあれば積極的に友達になるけど、ムリには作ろうとは思わない」とする“いない派”意見。

一方では、「ひとりは何かと不安。連絡できる人がいると安心する」といった回答もあるようです。

“いる派”意見では、小学生になるとママ友の人数も増え、平均6.5人ほど。

いずれも、ママ友を“子どものため”とする考え方と、“大人の自己満足”とする考え方で意見は両極端なのが現実なようですね。


→次ページでは、ママ友のメリット&デメリットを見ていきましょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

ライター紹介

KOU

KOU

大学卒業後、新聞社に入社。地方支局や芸能部などで、10年間にわたり記者生活を送った。あっとういう間に30半ば目前に。「このままでは結婚できない」と思い立ち、婚活に専念(?)しようと、退職。数か月後には結婚相手を見つけた。36歳で1人目を出産。育児中には通信講座で保育士の資格を取得、少しは役に立っているのか、息子もすくすく育っている。現在は、のらりくらりと在宅でライター業を営む。

  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">
  • data-ad-region="2">

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊
ページトップへ戻る