• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 暗記するなら青!? 勉強がはかどる“色ペン”の使い分け方

  • 暗記するなら青!? 勉強がはかどる“色ペン”の使い分け方

暗記するなら青!? 勉強がはかどる“色ペン”の使い分け方

暗記するなら青!? 勉強がはかどる“色ペン”の使い分け方

消せるボールペン

ボールペンの特徴は、濃くしっかりと書けて消えないこと。

これはメリットである反面、間違ってしまったときの対処に手がかかるというデメリットにもなりえます。

そんな中現れたのが“消せるボールペン”。擦って摩擦熱を発生させることでインクを無色化し、ボールペンなのに消すことができるというものです。

消しカスが発生せず、何度でも書き直しができることから人気のペンとなっています。

低粘度油性ボールペン

ボールペンには、油性・水性・ゲルインクなどさまざまなインクが存在しますが、油性インクに新たな風を吹き込んだのがこの低粘度油性ボールペン。

従来の油性ボールペンインクは粘り気が強く、水性インクやゲルインクと比べて決して書き味がいいとは言えませんでした。

しかし、油性インクは耐水性があり、保存性に優れているというメリットがあります。

そこで、この書き味の良さと保存性という2つの良さを兼ね備えたインクとして開発されたのが低粘度油性ボールペンです。

油性とは思えない書き心地から、なめらか油性ボールペンと呼ばれることもあり、人気を集めています。

高級志向

色ペンも、ただ書ければいいというわけではありません。毎日使うものであれば、所有する満足感も味わいたいものです。

特に仕事で使うのであれば人前で使うことも多いため、それなりのペンを持ちたいと思う人もいるでしょう。

最近では、デザイン性の高いものや木材を使ったものなど、高級感のある本体も多く取り揃えられています。

マーカーペン

大事なところを目立たせるときに使うマーカーペンも新しいものが続々と出ています。

ペン先部分に透明の窓が付いてラインが引きやすくなっているものや、消せる蛍光ペン、裏写りの心配がない鉛筆タイプの蛍光ペンなど進化を遂げています。

ここぞというときに使うものだけに、使い勝手は勉強の効率に大きく影響するでしょう。

まとめ

「最新の色ペン事情」や「失敗談」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分なりに工夫をこらし、勉強の効率を上げようとすることは大切なことです。

しかし、手段と目的をはき違え、色分けすることやキレイなノートを作ることが目的となってしまっては本末転倒。

ここに記載された方法が万人に最適な方法というわけではありませんが、勉強を進めていけば自然と自分に合った方法が見つかるはずです。

上手に色ペンを活用することで、1歩でも“できる人”に近づくことができるでしょう。

●ライター/佐々木恵(教育コンサルタント)
●追記/パピマミ編集部

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す