• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • おばあちゃん(おじいちゃん)っこは、皆幸せ

  • おばあちゃん(おじいちゃん)っこは、皆幸せ

おばあちゃん(おじいちゃん)っこは、皆幸せ

おばあちゃん(おじいちゃん)っこは、皆幸せ

プロカメラマンによる無料親子撮影会

 

こんにちは、小2の息子と暮らす、ワーママの黒田カナコです!

私は実家が近いので、週末には息子を連れて遊びに行っています。

私自身も、母の実家(祖父母宅)にしょっちゅう連れて行かれていました。

幼い頃の記憶は、祖父母に遊んでもらった楽しい思い出でいっぱいです!

とにかく祖母が大好きで、帰る時は「帰りたくない!ばーちゃんちの子どもになる!」と泣き叫んでいました…。

それから数十年…。

自分も母親になり、ふと疑問に思う時がありました。

「なんであんなに祖父母宅に行っていたんだろう?」

祖父母宅は、車で1時間はかかるうえに、母親は運転免許を持っていませんでした。

おそらく祖父が迎えに来てくれていたのだと思いますが、なぜあんなに通っていたのだろう? そういえば息子も、休日になると「ばーちゃんちいく!」とすっかりばーちゃんっ子になっています。

息子が望むならば、と私も実家に連れていくのですが…。

そして息子を預けたまま、買い物や家の掃除を済ませて、その後は…。

一人、家でのんびりするのが至福の時間になっています。 息子も幸せ、祖父母も可愛い孫が来て幸せ、ママものんびりできて幸せ! のんびりできた分、家族にも優しくなれるので、みんなが幸せになれる。

「用事もないのに実家に子どもを預けるなんて」と、気が引けていた時も ありましたが、今は堂々と(?)実家に預けています。

私が祖父母宅に預けられていたのには、母のリフレッシュ目的もあったのだと、自分が母親になってやっとわかりました。

父は育児に参加しない人でしたし、兄弟もいるので尚更大変だったんだと思います!

喧嘩する事も多い両親ですが、孫(息子)がいる間は喧嘩するわけにもいかないので、息子は良い潤滑油になっているようです。

私も祖父母を癒せていたのかな? そうだったらとても嬉しいな、と思います。

●ライター/黒田カナコ

黒田カナコさんのその他の記事はこちら!

関連記事

こんにちは、小2の息子と暮らす、ワーママの黒田カナコです! 子どもが描いた絵、どうしていますか? 保育園にお迎えに行くと、いつもたくさんのお土産を作って待っていてくれました。 折り紙や色々な武器(?)、そして大好きなママ[…]

関連記事

こんにちは、小2の息子と暮らすワーママの黒田カナコです!   行列を待つあいだなど、外で子どもと長い時間を過ごさねばならない時、どうしていますか?  子どもはじっとしていないし、機嫌が悪くなると、折角並んだ行列を抜けなければなら[…]

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

PICKUP こちらもおすすめ

CATEGORY

カテゴリーから探す