• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 生後7ヶ月~1歳
  • 【管理栄養士監修】タンパク質で栄養満点!白身魚のとろみ煮の作り方(離乳食後期〜)

  • 【管理栄養士監修】タンパク質で栄養満点!白身魚のとろみ煮の作り方(離乳食後期〜)

【管理栄養士監修】タンパク質で栄養満点!白身魚のとろみ煮の作り方(離乳食後期〜)

【管理栄養士監修】タンパク質で栄養満点!白身魚のとろみ煮の作り方(離乳食後期〜)

プロカメラマンによる無料親子撮影会

こんにちは、パピマミ編集部です♪

管理栄養士さん監修の離乳食メニュー、今回は白身魚のとろみ煮の作り方をご紹介します!

たんぱく質、ビタミンC、食物繊維が豊富でお通じ改善にぴったりのメニューです。

ぜひ作ってみてください♪

材料(2食分)

  • 白身魚(真だら、カレイなど)1/2切れ(約40g)
  • れんこん 20g
  • だし汁 1/2カップ
  • 醤油 少量

作り方

①  白身魚に骨や皮がある場合は取り除き、ぶつ切りにします。

② ぶつ切りにした白身魚を鍋に入れ、だし汁を加えます。

③ 少量の醤油で香り付けをし、煮ます。

あくを取りながら煮てください。

④ すりおろしたれんこんを加え、とろみを付けます。

レンコン皮を剥き、水にさらしたものをすりおろしてください。

れんこんは食物繊維が豊富なので離乳食初期・中期の子どもには水溶き片栗粉を使用しましょう。

水溶き片栗粉は片栗粉小さじ1/2と水小さじ1/2を混ぜて作ります。

食べやすい大きさにほぐします。

白身魚のとろみ煮の完成です!!

気をつけたいポイント

どの食材もアレルギーが発症する可能性がありますので、離乳食であげる時は少量からで様子を見ましょう。

また仮性アレルゲンの症状の例もあります。

仮性アレルゲンとはまるでアレルギー反応が出たような症状(蕁麻疹など)がでますが、アレルギーのように重篤な症状になることはほとんどありません。

初めて食べさせる食材は午前中に与え、何か気になることや心配なときは、すぐに医師へ相談に行くようにしましょう。

まとめ

れんこんを加えることによって優しいとろみがつき、食べやすくなります。

蓋付き冷凍トレイやフリージングパック等に入れて冷凍保存も可能です!

栄養たっぷりなのでぜひ作ってみてください♪

今までの動画記事はこちら

こんにちは、パピマミ編集部です♪ 今回は抱っこひもよだれカバーの作り方をご紹介します! 赤ちゃんを抱っこしていたら、抱っこひものベルト部分がよだれで濡れてしまうことがありますよね…。 そんな時には抱っこひもよだれカバーがお[…]

今までの動画記事はこちら

こんにちは、パピマミ編集部です。 今回も管理栄養士さん監修の離乳食メニューをご紹介します。 ぜひ作ってみてください! https://youtu.be/0ZuzlWGDjrA 材料(8個分) かぼちゃ 50[…]

 

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム