運命、、?夫婦の出会い

こんにちは!むぎまるです。

普段はInstagramに娘たちの成長記録としてイラストを投稿しています。

長女を妊娠して以来ずっと続けているのですが 今日はそんな子供たちの両親、 私達夫婦の出会いについて書きたいと思います。

(誰トク…という感じですが、お付き合いください)

 

実は私達夫婦は同い年です。

出会いは今から遡ること20年近く、私達が中学生の頃です。

小学校を卒業し、地域の公立の中学校に通い始めた頃でした。

別々の小学校から進学してきた私達ですが、同じクラスになりました。

初めの頃はあまり話すこともなく、 同じクラスの足の速い野球部の男子、 もしくは友達の彼氏、という認識でした。

彼は野球部、私は陸上部。

同じグランドで汗を流しましたが特に何もなく… 一学年5クラスでしたが、奇跡的に3年間同じクラスだった私達。

事が動いたのは中学3年の秋のことです。

それまでずっとただの友人だった私達のお付き合いが始まりました。

 

その後、地元の高校へ進まなかった私達は 各々、部活に注力するために別々の高校へ進学しました。

毎日部活中心の日々で恋愛どころではなく、 私達はお別れをしました。

その後も私達は地元の友人たちと一緒に 一緒に遊んだり、飲みに行ったり… たまには恋愛相談をする良き友人でした。

二度目に事が動いたのは23歳の頃です。

そこから結婚し、家族になるのはごく自然な流れでした。

 

後からわかった話ですが、幼稚園の頃から小学生まで 通っていたスイミングスクールも同じで曜日まで同じでした…

記憶を遡ると…「あ、一緒だったかも」。

20年以上前に、未来の旦那さんにすでに出会っていたのです。

現在、娘もかつて私たちが通っていた スイミングスクールに通っています。

このままいけば、両親と同じ中学校にも通う学校区です。

娘たちも、もしかしたら既に未来の大切な人に 出会っているのかもしれない…

そう思うとなんだか感慨深いものがあります。

こんな私の旦那との出会いエピソードでしたが 最後までお読みいただきありがとうございます!

これからも私達家族をよろしくお願いします。

●ライター/むぎまる

むぎまるさんのその他の記事はこちら!

関連記事

こんにちは!むぎまるです!普段は第一子を妊娠してから始めた、成長記録のイラストをInstagramに投稿しています。今回は子供と思い入れの家具についてのエピソードを書きたいと思います。最近はどんなものでも安価で手に入[…]