• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 【保育士さんにインタビューvol.12】介入しすぎはよくない!?子ども同士のケンカへの対応

  • 【保育士さんにインタビューvol.12】介入しすぎはよくない!?子ども同士のケンカへの対応

【保育士さんにインタビューvol.12】介入しすぎはよくない!?子ども同士のケンカへの対応

【保育士さんにインタビューvol.12】介入しすぎはよくない!?子ども同士のケンカへの対応

プロカメラマンによる無料親子撮影会

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただくインタビュー記事連載企画。

第12回目は、子どものケンカへの対応について保育歴3年の原口先生にお話を伺ってきました!

子どもが成長する過程で避けられないのが子ども同士のケンカです。

よく「子どもはケンカから多くのことをを学ぶ」と言いますがママはどのように子ども同士のケンカに介入していけばいいのでしょうか? 

保育園でのお友達とのケンカや兄弟ゲンカなど、子ども同士のケンカへの対応法をお伝えします!

先生紹介

原口先生

保育歴3年、0歳のクラスの担当

・中学校での職場体験で保育園に行ったことがきっかけで先生になる

保育園でのケンカ対応

ーー保育園でのケンカはどんなケンカが多いのですか?

私が担当しているのは0〜3歳の子ども達なので、だ自分の気持ちを上手に言葉で表すことができません。

お友達のことを叩くなど手が出てしまう場合が多いです。

例えば、本棚の近くで遊びたいけど他のお友達がいて遊べないから「どいて!」とおもちゃでそのお友達のことを叩いてしまうというようなケンカです。

また、0歳児は好奇心が旺盛で、顔や髪にも興味があります。

なので1歳の子の髪を引っ張ってしまい、引っ張られた子が「痛い!」と赤ちゃんを叩いてしまうというようなこともあります。

2〜3歳になると「もう〜ちゃんとは遊ばない」「そこ私の席なんだけど!」など言い合いのケンカも増えていきます。

ーー保育園でケンカが起きたらすぐに止めに入るのですか?

すぐに止めるケンカとしばらく見守るケンカがあります。

ケガに繋がりそうなケンカはすぐに止めますが、何をしたら相手が傷つくのか、相手はどういう気持ちになったかなど、子ども達はケンカから様々なことを学んでいますので、なるべく止めずに見守るようにしています。

兄弟ゲンカの場合でも、なるべく見守るようにしましょう。

ーーすぐに止めるケンカはどのように止めるのですか?

手がすぐに出てしまう子、カッとなりやすい子は気にかけて見るようにしています。

手が出そうになった瞬間止めに入り、「今何しようとしたの?お友達のことを叩いてもいいんだっけ?」と話を聞くようにします。

ーーケンカを止める時に気をつけていることはありますか?

お友達に暴力を振るいそうになったとしても、突然怒るのは良くないので気をつけています。

状況を把握していても「どうしたの?何があったの?」と子どもの話を聞くようにするといいと思います。

「〇〇ちゃんはこう思ってるんだって。△△ちゃんはどうしたかったの?」と子どもの気持ちを代弁し、「〜したら悲しい気持ちになるよ。もうしたらダメなんだよ。」と何がいけなかったかを子どもに教えるようにしましょう。

ケンカした日の家での対応

ーー保育園でケンカした日、家では子どもとどのように関わればいいですか?

保育園で起こったケンカはどんなに些細なことでも親御さんに状況を報告します。

また、お子さんからも「〜ちゃんに今日ここ、コツンされた。痛かった。」などと報告があると思うので親御さんはそれを聞いてあげるだけで大丈夫です。

もし、お子さんがお友達にいじめられてしまったとしても、相手のことを悪く言ったり、「〜ちゃんとはもう遊ばなくていいよ」などは言わないようにしていただきたいです。

保育園でケンカしたとしても解決できた時には、たくさん褒めてあげてくださいね。

まとめ

今回は子どものケンカへの対応について保育歴3年の原口先生にお話を伺いました。

子どもはケンカを通して人の気持ちを理解できるようになっていくので、ケンカは悪いことではないのです。

兄弟ゲンカなどが多いとイライラしてしまうかもしれませんが、「子どもの成長のため」と思い、見守ってあげるようにしましょう。

今までのインタビュー記事はこちらから!

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただくインタビュー記事連載企画。 第11回目は、子どもにしっかり伝わる叱り方について保育歴3年の鈴木先生にお話を伺ってきました! 子どもの叱り方ってと[…]

今までのインタビュー記事はこちらから!

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただく、インタビュー記事連載企画。 第10回目は、保育士さんが経験したエピソードについてお聞きしてきました! いつも子どもと一緒にいる保育士さんだからこそ経験[…]

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム