一本のヒモで、子どもとの行列を乗り切る!

こんにちは、小2の息子と暮らすワーママの黒田カナコです! 

 行列を待つあいだなど、外で子どもと長い時間を過ごさねばならない時、どうしていますか?

 子どもはじっとしていないし、機嫌が悪くなると、折角並んだ行列を抜けなければならない時も 

 以前息子と二人でサーカスを観に行った時、凄い行列で数時間並びました。 

その時、私が長時間の行列を乗り切った方法をご紹介します! 

 周りの子どもたちは、座り込んで携帯ゲームをしていました。

 確かに、携帯ゲームなら退屈せずに長時間過ごせるけれど、息子にはまだ 携帯ゲームをやらせていません  

 スマホに入っているゲーム(アプリ)ならあるけれど、充電が心配なので あまり渡したくない!

 数分程度ならまだしも、数時間も使わせるのは無理ですよね。 そこで、私が用意していた行列対策グッズは

 一本のヒモ! 昔ながらの「あやとり」です。

  息子は学童保育に通っているのですが、学童の先生は 勉強以外に、昔の遊びもたくさん教えてくれました。

 折り紙やあやとり、ペグソリティアなど、電池がなくても楽しめる遊びを沢山覚えて帰ってきます。 

あやとりは、ヒモ一本でかさばらず、電池切れもなく無制限に遊ぶことができます! 

 途中、飽きて少しスマホゲームをする事もありましたが、ほぼあやとりだけで 長時間を乗り切りました! 

 すると、様子を見ていた前の婦人が話しかけてきました。

 

「今どき、しかも男の子であやとりできるのめずらしいわね!」 

「お母さん、ちゃんと相手してあげてえらいわね!」

  …いえ、私がえらいのではなく、息子に教えてくれた先生と、私に教えてくれた祖母のおかげなのです。

ふたりあやとりは、自分の手がふさがった状態で相手に取り方を伝えねばならず、やりながら教えるのは至難の業です。  

 私が飽きるまで、ずっと祖母は付き合ってくれました。教えるのも大変だったろうに。

 私が小さい頃に祖母から教わった事を、今は私が小さい息子とやっている。

 何だか不思議な気持ちになった行列の待ち時間でした。  息子はすぐに私よりあやとりが上達し、凄い技もできるようになりました。

 いつか、息子からも誰かに伝わっていったらいいな。 

●ライター/黒田カナコ

黒田カナコさんのその他の記事はこちら!