【保育士さんにインタビューvol.10】保育士さんが経験したエピソードをお聞きしました!!

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただく、インタビュー記事連載企画。
第10回目は、保育士さんが経験したエピソードについてお聞きしてきました!
いつも子どもと一緒にいる保育士さんだからこそ経験できるたくさんのエピソードが盛りだくさんですよ!

先生紹介

今回は6人の先生にお話を伺いました!

  • 早見先生 保育士歴26年(保育園の2歳児の担当)
  • 岩井先生 保育士歴25年(幼稚園の3歳児の担当)
  • 鈴木先生 保育士歴3年(幼稚園の3歳児の担当)
  • 田口先生 保育士歴25年(小学校教諭)
  • 宮本先生 保育士歴35年(幼稚園の5歳児の担当)
  • 原口先生 保育士歴3年(保育園の0歳児の担当)

面白かった子どもの言動

おしゃべりが上手になってくると、子どもの発言や行動に思わず笑ってしまうことがありますよね。

ーー子どもの行動、発言で面白かったことを教えてください。

早見先生:よく子どもたちが、「先生、昔わたしね、」と言うんです。
3歳の子が「昔ね、」と話しているのを聞くと、「いや、あなたまだ3年しか生きていないでしょ!」と思います(笑)
子どもたちは面白いことを言ったつもりはないと思いますけど、クスッと笑ってしまいますね。

岩井先生:園での出来事ではなくて、息子のエピソードなのですが、小学校低学年の時、児童会館に通わせていたんです。
ある日、「勝手に児童会館を抜け出してコンビニに行った」と言う報告を受けました。
息子のことを叱った後に、「何が悪かったかわかった?」と聞いたら、息子は、「あたま〜〜!!」と答えたんです(笑)
息子のびっくり発言が面白くて、叱る気力もなくなってしまいました。

鈴木先生:私の幼稚園には、「体操のお兄さんになりたい!」という3歳の男の子がいました。
その子は歌とダンスが大好きで、すごく上手なのですが、みんなの前で歌ったり踊ったりするのは恥ずかしくて抵抗があるようでした。
私はその子に「体操のお兄さんってさ、たくさんのお友達の前で踊ってるよね?どうする?このままだと体操のお兄さんになれないよ。」とお話をしました。
ある日、お遊戯会の練習の時に「〇〇くん、先生と一緒にお手本で踊ってくれない?」と誘ってみたら、イヤイヤながらもみんなの前で踊ってくれたんです!
すると、その子のダンスをみた子ども達が「すご〜い!」って一斉に拍手してくれました。
その出来事が嬉しかったのか、それ以降、お友達の前でも自信満々に踊るようになり、さらには、他の先生に見せびらかしに行くようになりました。
その姿を見て、自分の殻が破れたんだな、可愛いなと思いました。
急に自信満々にダンス踊り出すから他の先生はびっくりしていましたけどね(笑)

園で起きた珍事件

子どもって、大人では想像つかないことをいろいろとやってしまいますよね。

ーー園で起きた珍事件などがあれば教えてください。

田口先生:3歳の男の子が流しで手を洗っていたのですが、お友達とふざけて洗っていて、後ろに倒れてしまったんです。
そしたらちょうど床に置いてあったバケツにお尻がすっぽりとハマってしまって取れなくなってしまうということがありました。

宮本先生:私の園でも、同じようなことがありました。
子どもが椅子に反対向きで座っていました。(背もたれ側にお腹がくるような感じ)
幼稚園の椅子の背もたれにはわずかな隙間があるのですが、何かの拍子にその隙間に子どもの体が挟まって取れなくなってしまったんです。
最終的にノコギリで椅子を切って救出しました。「椅子の間にそんなにすっぽりハマることあるの!?」とびっくりしましたね。

子どもに言われて嬉しかった言葉

子どもは日々の疲れなんて吹き飛んでしまうほど癒される言葉を言ってくれることがありますよね。

ーー子どもに言われて1番嬉しかった言葉は何ですか?

原口先生:「先生大好き」「先生と一緒にいたい」と言われるとやっぱり嬉しいです。
また、0歳の子ども達が成長してお話できるようになって、「原口先生!」と言ってくれたときは嬉しいですね。
もう1つ嬉しかったエピソードがあります!

みんなで公園に行くとき、エレベーターのボタンを押してドアを開けてくれていた男性がいて、私が「すみません、ありがとうございます。」と言ったら、子ども達が真似して「ありがとうございます!!」と言ってくれたんです。
子ども達のその姿をみてとても感動してしまいました。

鈴木先生:私の園では、帰る時に先生とハイタッチとハグをするのですが、その日はプール遊びの後で、服も汚かったので、「今日はぎゅーしたら汚いからしないよ」といつものように子ども達とハグすることができませんでした。
すると、1人の男の子が私のところまで来て、「先生は頑張ってるから綺麗なんだよ!汚くない!!」って言ってくれたんです。
見た目はすごく汚かったのに、そう言ってくれた子がいてとても嬉しくて泣きそうになりました。

インタビューを終えて

今回は保育士さんに園で起こった様々なエピソードをお聞きしました。
このエピソードを読んでほっこりしていただけたら嬉しいです。

第11回目のインタビュー記事もお楽しみに!

今までのインタビュー記事をチェック!

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただくインタビュー記事連載企画。第9回目は、ママ友との関わり方について保育歴3年の鈴木先生にお話を伺ってきました!幼稚園や保育園では、子どもの成長を見[…]

今までのインタビュー記事をチェック!

パパ・ママの子育てのお悩みや疑問について、幼稚園や保育園の先生にアドバイスをいただく、インタビュー記事連載企画。第8回目は、「保育士と保護者の役割の違い」について保育士歴26年で、2児のママでもある早見先生にお話を伺ってきました![…]