【動画で解説!】お家でできる!寝相アートの作り方

こんにちは。
パピマミ編集部の高須です。

今回は0歳までには是非撮っておきたい寝相アートの作り方を紹介します。

流行りの寝相アートを自宅でも簡単に綺麗なお写真が撮れるようになります!

寝相アートは0歳から1歳半までと撮影できる時期が限られているので、ぜひ試してみてください♪

準備に必要なもの

  • タオルマット
  • 衣装
  • 装飾品(造花、ぬいぐるみなど)

準備の流れ

マットを敷いて、装飾品を並べる

並べる際には、赤ちゃんを中心に配置して赤ちゃんを囲うように装飾していきましょう♪

隙間ができてしまうと寂しく見えてしまうので、出来るだけ隙間がないように並べるのがオススメです!

装飾が完了したら、赤ちゃんを真ん中に寝かせて完成です!

撮影のポイント

撮影は真上から

撮影する際には、真上から撮影してあげるようにしましょう!

マットから離れてしまうと、斜めから撮影することになるので、立体感が出てしまい絵のように見えなくなってしまいます。

椅子やソファーの上から真下に向かって、手を前に出して撮影するようにしましょう♪

スマホで簡単に余分な部分を切り取る

床が見えてしまうと、寝相アートの中に入り込んだ世界観が薄くなってしまいます。

撮影後には、床が写ってしまった部分はカットして、タオルマットのみが映るようにしましょう。

そうすると、絵本の中に赤ちゃんが入り込んだような素敵なお写真になります♪

 

寝相アートは寝返りを打ち始める前の時期にしか撮影することができません。

ぜひ、新生児期の貴重な時期を逃すことなく、赤ちゃんの成長記録としてお写真に残してみてください♪