はじめての育児って大変ですよね

 

こんにちは、パピマミをご覧の皆さま。

おませな7歳娘と、自由人の4歳息子を育児中のズボラ母のぺぷりです。

初めての育児って、不安ですよね。

母は、赤ちゃんが生まれたら否応なしに「母」であることが求められます。

また物語や世間の声から、「母は無条件で赤ちゃんに無償の愛を与えるものだ」とか、 「母は自分のことは犠牲にして、家族のために頑張るものだ」とか、 とにかく「立派な母」であることを求められます。

母になるための特別な講座があるわけでもなく、産後すぐのガタガタの体で、それを求められます。

子育て支援センターなどに行けばある程度同じような状況の親子に会えたりして、お互いに愚痴ったりしながら少しは気がまぎれるのですが、 落ち込みすぎて、または外出する余裕すらなくなった時は本当にどん底でした。

一時産後うつになりかけたこともありました。

我が家は、実妹が先輩ママであり、色んな悩みが相談できたからある程度発散する場がありましたが、 もしもそれが無かったらと思うと・・・本当に恐ろしいです。

閉じこもりがちになる初めて育児の産後まもないころは、気持ちが発散できる場がないと辛いので、そういうしくみができていくといいなぁと思いました。

(例えば、保健師訪問のようなかんじで、家事代行訪問があったり、ひたすら悩みをきいてくれる人を派遣してもらえる、とか)

●ライター/ぺぷり

ぺぷりさんのその他の記事はこちら!

関連記事

 こんにちは。ぺぷりです。ここ数十年で、電化製品が急激に進歩しています。私が子どものころは特別なものだったパソコンは今やなくてはならないものだし、 10年ほど前はまだ持っている人はちらほらとしかいなかったス[…]

関連記事

パピマミをご覧の皆さま、こんにちは。おませな6歳娘と、自由人の4歳息子を育児中のズボラ母ぺぷりです。今回は、「子どもが生まれて夫が変わったこと」です。この人、こんな子ども好きな人だったっけ[…]