小さい胸を大きく!女性ホルモンを増やしてバストアップを叶える方法3つ

薄着の季節を通り過ぎるたびに、めりはりのある美しいボディラインを目指そうと心に誓う方は少なくないはず。
それほど、ふくよかで美しいバストは、女性にとって永遠の憧れとも言えますよね。
そこで今回は、誰もがうらやむ美バストを育むために要となる「女性ホルモンとバストアップの関係性」を探ってみました。

女性ホルモンのバランスがバストアップの鍵を握る!?

バストは、乳腺組織と脂肪とで構成されており、乳腺組織が発達していないと胸が大きく育たないと言われています。
乳腺組織の発達には、女性ホルモンであるエストロゲンが深く影響しているため、このエストロゲンをしっかりと分泌させることがバストアップの鍵
胸は、思春期のころに成長期のピークを迎えますが、成人してからでも大丈夫! 女性ホルモンを活性化してあげれば、バストアップすることも夢ではないそうですよ。

女性ホルモンは2種類!その働きは?

女性ホルモンは2種類!その働きは?
バストアップの鍵を握る女性ホルモンですが、2つの種類があります
知っているようで知らない2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」についておさらいしましょう。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

生理が終わると分泌が増えるホルモンのこと。受精卵の着床を助けたり、子宮内膜を厚くしたりと、妊娠しやすい体を整えます。
また、キメが細かい美しい肌を作ったり、バストやヒップに皮下脂肪を増やして、女性らしい丸みを帯びたボディラインを作りあげる働きもあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

排卵期を過ぎると分泌されるホルモンのこと。
受精卵の着床率をアップし、妊娠と出産をスムーズにする大切な役割を担います。
しかし、このホルモンが多くなる時期は、吹き出物に悩まされたり、体の調子が悪くなったり、心まで不安定になりやすいと言われています。

女性の体が正常に機能するためにも、この2つのホルモンがバランスよく分泌されていることが理想です。
そして、バストアップについても、エストロゲンは乳腺を増やし、プロゲステロンによりその乳腺が発達すると言われているので、これらの女性ホルモンを不足させないように努力する必要があります。

女性ホルモンを整える方法3つ

前途したしたように、バストアップには女性ホルモンのバランスがとても大切
そこで、ホルモンのバランスをしっかり整える方法3つをご紹介しましょう。

生活習慣を朝型に

生活習慣を朝型に
女性ホルモンのバランスを整えるには、基本的な生活習慣を見直す必要があります。
特に、夜型の生活を送っていると、体内時計が乱れてしまうため、ホルモンと密接な関係にある自律神経も乱れてしまいがち。
夜は、できる限り0時前に就寝し、朝早く起きる生活にシフトしましょう

どうしても眠れない場合でも諦めないで! 就寝時間が遅くとも朝決まった時間に起きることでリズムが整うようになるので、長い目で調整していきましょう。

良質なタンパク質と脂質を摂取

良質なタンパク質と脂質を摂取
ホルモンバランスが乱れている女性は、無理な食事制限をしているケースが多く見受けられます。
食べないことを選択するよりも、食べて健康的にめりはりボディを作る方法を身につけましょう

また、女性ホルモンには、良質なタンパク質と脂質が欠かせません。
お肉やお魚、オメガ3脂肪酸を含んだ良質なオイルを摂取するよう心がけてください。

アロマの香りでリラックス

アロマの香りでリラックス
ストレスは女性ホルモンの大敵です。香りの力を使って、意識的に脳をリラックスさせましょう
香りは、脳の深い部分にダイレクトに働きかけるため、思わぬ効果が期待できます。
オススメの香りは、次の3つ。

  • ネロリ…リラックスを促し、月経前症候群(PMS)や更年期障害を改善する

  • ラベンダー…緊張や不安を解きほぐし、ホルモンバランスを整える

  • イランイラン…アドレナリンを抑えて幸福感をもたらし、子宮の生殖機能を高める

まとめ

いかがでしたか? 内分泌系はとてもデリケートなので、ちょっとしたストレスで簡単にバランスが崩れたり、分泌がストップしたり……と、影響を受けやすい器官です。
女性ホルモンの分泌を整えることは、バストアップの基礎!
生活習慣の改善といっしょにバストアップサプリを併用するなどして、めりはりのある美しいボディを作りましょう!

女子力UP↑極上プエラリアサプリ