• TOP
  • ライフ
  • 美容
  • 夏の抜け毛は日焼けが原因!?紫外線から髪&頭皮を守る対策法

  • 夏の抜け毛は日焼けが原因!?紫外線から髪&頭皮を守る対策法

夏の抜け毛は日焼けが原因!?紫外線から髪&頭皮を守る対策法

夏の抜け毛は日焼けが原因!?紫外線から髪&頭皮を守る対策法

プロカメラマンによる無料親子撮影会

梅雨があければ、夏もすぐそこ。日射しが強くなるにつれ、気になるのが日焼けです。日焼けの予防というと、顔や体のことばかり気にしがちですが、実は、頭皮にも紫外線対策が必要なのだそう。無防備に太陽にあたりすぎると、抜け毛や頭皮の炎症などのトラブルが起きてしまうことも

頭皮へのダメージを予防する紫外線対策について、アンファーエイジング研究所の研究員、太田あつ子さんに教えてもらいました。

頭皮に紫外線対策が必要な理由

「頭皮は、顔の延長の上皮組織(皮膚)です。普段あまり頭皮を見る機会がないので気にしない方が多いですが、太陽光を浴びれば、顔や体と同じように日焼けします。頭皮は体の一番上、紫外線を最も浴びやすい位置にあるので、他の部分よりも日焼けする可能性が高いとも言えるでしょう。頭皮に降り注ぐ紫外線量は、顔の3倍とも言われています」

何の対策もせずに、日々、顔の3倍の紫外線をあびていると思うとなんだか不安になります。特に紫外線が強い季節は、正しい方法でケアすることが大切だなと感じました。

紫外線による、髪と頭皮のトラブル

髪は女の命なのに……

髪へのダメージ

毛髪には紫外線を吸収して頭皮を保護する役目があるので、頭皮以上に紫外線の影響を受けやすいと言えます。紫外線をあびると、まず、髪がパサついてツヤが失われます。さらにあび続けると、抜け毛、切れ毛が起こり、髪色が褪色(日にあたり色があせ赤茶色になる)してしまいます。これは、紫外線が毛髪を構成するたんぱく質を変化させることで起きる現象です。毛髪はもともと死んだ細胞なので、一度傷ついてしまうと完全に修復するのは難しく、散髪するか生え変わるのを待つしかありません」

頭皮と一緒に、髪の毛の紫外線対策も必要なことがわかりました。キューティクルがはがれやすくなったり、色素が抜けやすくなったりといったダメージを受けると、回復には時間がかかるので注意が必要ですね。

頭皮へのダメージ

「頭皮に関しては、2種類の炎症を起こす可能性があります。ひとつは、顔の日焼けと同様にサンバーン(軽いやけど)を引き起こすもの。もうひとつは、頭皮の皮脂が紫外線によって酸化し(過酸化脂質や遊離脂肪酸といった悪性の脂質に変化し)、それが刺激となるものです」

頭皮トラブルは日焼けによる直接的なものだけかと思っていましたが、酸化した皮脂が頭皮に刺激を与えてしまうこともあるんですね。ほかにも、太田さんによれば「地上に降り注ぐ紫外線は、紫外線A波と紫外線B波の2種類あり、波長が長く肌の深部まで届く紫外線A波にはより注意が必要です。細胞の遺伝子損傷の可能性もあります」とのこと。こういった炎症や細胞へのダメージが蓄積されると抜け毛の原因となることもあるそうです。

では、紫外線によるダメージを防ぐためには、どんな対策をとれば良いのでしょうか。4つのポイントにまとめてご紹介します。

髪と頭皮の紫外線対策4つ

1. 帽子を被る

夏は麦わら帽子がオススメ
「紫外線から頭髪を守る、最も良い方法です。日傘も、直射日光から頭髪を守るには効果的です。ただ、常に帽子を被ったままだと、今度は頭皮がむれてしまいます。むれもまた頭皮トラブルの原因になる恐れがあるので、麦わら帽子などの通気性の良いタイプを選んだり、室内では帽子を脱いだりすることを心がけるようにしましょう」

2.髪の分け目をかえる

分け目は定期的に変えましょう
「毎日、同じ髪型にしていると、同じ分け目が常に紫外線にさらされることになります。日々のスタイリングを少しかえるだけでも、紫外線による影響を分散させ、ダメージ蓄積を抑えることができます

3. 日焼け止めを使う

髪や頭皮にはスプレータイプの日焼け止め
「クリームタイプの日焼け止めを頭皮に塗るのはさすがに難しいですよね。最近では、べたつかないスプレー式の紫外線ブロック剤が販売されていますので、そのような日焼け止め剤を使用するのも良いでしょう」

4. 保湿する

肌と同じ、髪も保湿が肝心
頭皮も毛髪も、紫外線をあびたと思ったらしっかり保湿ケアして下さい。頭皮は、抗炎症成分を配合した、アルコールフリーの化粧水や頭皮美容液が望ましいです。毛髪は、補修力の高いトリートメントやコンディショナーでしっかりとケアすると良いですね」

基本は、顔の延長線上という意識でケアをしつつ、分け目をかえるなどちょっとした工夫も加えると効果が高まるようです。

最後に

夏の頭皮ケアで重要なことは、皮脂と紫外線です。夏は、皮脂の分泌量も紫外線の量も多くなるので、予防と、焼けてしまった後のケアの両方を心がけましょう。髪を洗う時はしっかり皮脂を取り除き、上記の方法で日焼けを防ぐこと。また、万が一日焼けしてしまったら、顔や体と同じようにクールダウンをして頭皮が炎症を起こさないようなケアをしてください」

これまで、頭皮の日焼けにあまり意識を向けたことがありませんでしたが、お話をうかがって、しっかり対策をしなければと感じました。教えていただいた方法はどれも簡単にできるものばかりなので、今年の夏からすぐに試すことができそうです。

【取材協力】

太田あつ子さん/アンファーエイジング研究所 研究員

女性専門薄毛クリニックの医師とともに研究開発をはじめ、2008年にスカルプD ボーテを立ち上げる。女性用頭皮ケアの生みの親。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム