家庭でできる幼児英語学習のおすすめは?無料の方法や教材をまとめてご紹介

家庭でできる幼児英語学習のおすすめは?無料の方法や教材をまとめてご紹介

幼児の英語学習が家庭で行えて、しかも無料の方法があるということをご存知でしょうか。

幼いうちに英語をある程度習わせることはできないのかな?と一度は考えると思いますが、今は様々な方法があるので、知っておかないと損です。

家庭で行うだけで効果があるの?という疑問もあるかと思いますが、効果がなかった子もいれば、効果があった子もいるようです。どういう子のとき効果があったのかについてもお伝えしようと思います。

この記事ではそのほかにも、幼いうちから英語学習を行うメリットや、そのポイント、具体的な方法までまとめてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。

幼児期の家庭での英語学習には効果があるの?

家庭での学習で、効果なんてあるの?と疑問がわくかと思いますが、正直なところ効果があったという声もなかったという声もあります。

家庭学習で効果があった子の学習方法の特徴としては、以下のことが挙げられます。

  • 英語への興味を持つようアニメやおもちゃを使用した
  • 常に英語のCDが流れていたなど、英語に触れる時間が長かった
  • 継続的に行っていた

本人が興味をもつように促したり、長い時間英語に触れていたりすることが重要のようです。

また、効果があるといっても家庭での学習だけでペラペラになれるというのは難しいでしょう。しかし、日本人が聞き取りづらいと言われている「L」と「R」の差がわかるようになったり、ネイティブな発音ができるようになったりという効果は期待できます。

そこから本人が興味をもって勉強し始めれば、かなり話せるようになる可能性もあります。それに、もし効果が薄かったとしても、幼児期に英語学習するメリットは他にもあるのです。

幼児期に家庭で英語学習するメリット

幼児期に家庭で英語学習をするメリットは、以下のことが挙げられます。

  • 脳の成長が活発な時期なので吸収が速い
  • 英語に興味を持ってもらえる
  • 先入観なく英語に向き合える

それぞれについて、詳しくお伝えしていきます。

脳の成長が活発な時期なので吸収が速い

幼児期は脳の成長が活発で、何かを吸収するのには黄金期であるとも言われます。そんな時期に英語を触れさせることで、英語の発音を聞き取れる「英語耳」が育ったり、英語の並びを理解する「英語脳」が育ったりする可能性が高まります。

幼児期は、人生の中で最も効率よく学べる時期。そんな時期に学習を行わないのはむしろもったいないのではないでしょうか。

英語に興味を持ってもらえる

幼児期から英語に触れる環境にあると、英語に興味をもってもらえる可能性が高まります。幼児期は、「関心を育てる」という意味でも重要な時期です。関心事が一つ増えるのも、子どもによっては良い作用と言えるでしょう。

先入観なく英語に向き合える

成長後も、先入観なく英語に向き合えるようになるでしょう。中学生になって「英語が苦手」という子もいますが、幼いころから慣れ親しんでいれば、そのような拒絶反応を示すことはないはずです。

普通に育てば、中学生になって「勉強としての英語」に出会うことになりますが、幼児期から親しんでいれば、「言語としての英語」として認識できるでしょう。

家庭での幼児英語の学習のポイント

家庭で幼児が英語を学習する際、効果的に行うためのポイントがいくつかあります。

  • 習得に必要な時間は2000時間
  • 子どもが英語とふれる機会をたくさん作る
  • 学習の目標を決める
  • 子どもを褒める

それぞれについて、お伝えします。

習得に必要な時間は2000時間

英語の習得に必要な時間は2000時間と言われています。一日3時間英語の学習にあてた場合、1ヶ月で90時間、1年で1080時間なので、約2年で2000時間に到達します。

週数時間のレッスンに通うよりも、毎日自宅で継続的に英語に触れさせる方がいいと言われています。それだけ、継続させることが重要なのです。

子どもが英語にふれる機会をたくさん作る

子どもが英語にふれる機会をたくさん作るようにしましょう。「勉強」というよりも、「身近なもの」だという感覚にしてもらうために、日常的に英語を吸収できる環境を作るようにするのです。

英語の映像や音楽を流し続けたり、英語を理解できるおもちゃに触れさせたりすることで、機会をどんどん増やしていきましょう。

学習の目標を決める

目標をはっきりさせることで、学習はより効果的になります。とは言っても、幼児期の場合は、日々少し意識するだけでいいのです。

「今日はこの単語を言えるようになろう」とか、「この文章を理解できるようにしよう」など、日々少しずつ目標を決めて取り組んでみてください。

目標は、厳密に達成できなくても大丈夫。少しずつ取り組み、お子さんを責めないようにしてくださいね。

4歳以上になったら、英検などを目標にするのもいいでしょう。一番下の5級は、小学生になる前から合格する子もいます。

子どもを褒める

幼児期の学習は、ぜひ褒めて伸ばしてあげてください。新しい単語が言えるようになるなど、今までできなかったことができるようになったタイミングで、褒めてあげましょう。

褒めてあげるときも、英語で言ってあげるとさらに英語教育が進みますね。
Good job!や、Great job!(よくできました!)
Nice work!(上出来!)

できなかったけど、頑張ったときは、以下のような英語で伝えてあげるのもいいでしょう。

Good try!や、Nice try!(頑張ったね!)

ほめ言葉も色々な英語があるので、親も少しずつレパートリーを増やしながら接してあげてください。

家庭でできる幼児向け英語学習の方法5選

家庭でできる幼児向け英語学習の、具体的な方法を5つお伝えします。

  • 英語の映画やアニメを見せる
  • 英語の絵本の読み聞かせをする
  • CDやDVDを使う
  • Youtubeを利用する
  • 英語学習アプリを活用する

それぞれ解説いたします。

英語の映画やアニメを見せる

英語の映画やアニメを見せるのも一つの方法です。幼児教育では、楽しませること、興味を持たせることが重要です。

アニメは、子どもも興味を持ってみますし、英語に耳がなじんでいくのはいいでしょう。学校で習うような英語ではなく、日常で使う英語を覚えられるのもいいところです。

英語の絵本の読み聞かせをする

英語の絵本を読み聞かせるのもいいでしょう。ただ、読み聞かせる場合、親がネイティブに近い発音ができなければ、「英語に耳を慣れさせる」という目的を果たすためには、あまり効果を発揮しないでしょう。

英語を読み聞かせてくれるCDがついているものはそちらを利用したり、親がネイティブに近い発音ができるなら読み聞かせたりするのもいいですね。

CDやDVDを使う

英語のCDやDVDを使うという方法もあります。普段から英語の音楽を家で流しておくのもいいでしょう。その洋楽の音楽が好きになり、そのまま英語も好きになるケースもあります。

Youtubeを利用する

最近ではYoutubeでたくさんの音楽を聞くことができます。そちらで洋楽を流したり、幼児向けの英語レッスン動画を見せたりするのもいいでしょう。

かわいいイラストを見ながらのレッスン動画もたくさんあるので、子どもも楽しく見てくれるのではないでしょうか。

英語学習アプリを活用する

英語学習アプリを利用するという手もあります。子ども向けの英語学習アプリもたくさん開発されています。2つのアプリをご紹介します。

・学研のえほんやさん:本昔話や世界の名作絵本などを読み聞かせてくれるアプリ。ネイティブ発音で英語の読み聞かせもしてくれます。
https://app-liv.jp/765367865/

・楽しい英語 Fun English: 子供英语学習(ESL):3~10歳の子ども向け。語学学習の専門家がデザインしており、パズルなどゲーム形式で楽しく学べます。
https://app-liv.jp/428920239/

無料で使えるアプリで、学習を進めるのもいいですね。

家庭で使える幼児向け英語学習教材の例

もっと本格的に英語学習をさせたいという場合は、教材を使用してみるのはいかがでしょうか。これらは有料になりますが、やはりカリキュラムがしっかりしているものばかりです。

  • ワールドワイドキッズ
  • パルキッズ
  • ディズニーの英語システム
  • アルクの2000語えいご絵じてん
  • トーキングリピーターDX

この5つの教材をご紹介します。

ベネッセの教材!安心で選ぶならワールドワイドキッズ

価格は選ぶカリキュラムによりますが、約21~25万円です。
ベネッセが作っている教材で、信頼できます。ステージごとに、セットを送ってくれるようです。

DVD・CD・おもちゃ・絵本・デジタルコンテンツなどが届き、楽しみながら学べる教材にしてくれています。

http://www.benesse.co.jp/wk/

価格が安くて続けやすい!パルキッズ

0歳~1歳から初めて、約2年間のセットの価格が、6万5千円です。そのほか、年齢があがるごとに他の教材もあるので、購入しながら続けていくことができます。有料教材の中ではかなりお安いのが魅力です。

かけ流しのCD教材や、オンラインレッスンがついていて、自宅のパソコンなどでレッスンを受けることができます。

https://www.palkids.co.jp/

ディズニーの物語で楽しく学べる!ディズニーの英語システム

価格は資料請求後にわかるようです。

カードがついてくるコースや、おもちゃで遊びながら学べるコース、ディズニーのDVDがたくさんついてくるコースなど、たくさんのコースがあります。

無料サンプルがもらえるようなので、ディズニーで英語を学ばせたい方はもらってみてはいかがでしょうか。
https://world-family.co.jp/

ペンから音がでる!アルクの2000語えいご絵じてん

対象年齢は4歳~12歳と少し高めになります。価格は、14,606円(税込、国内送料無料)です。

こちらは、専用の音がでるペンを使って教材をなぞると、英語が流れるという仕組みの教材です。かわいいイラストを見ながら、2000もの英単語を学べるようです。子どもが自分で教材をなぞって、楽しみながら学ぶことができます。

金額もお安いので、4歳以上のお子さんならこちらから始めてみるのもいいかもしれません。
https://ec.alc.co.jp/book/otoejiten/

0歳から長く使える!カードを使って楽しく学べるトーキングリピーターDX

「0歳から長く使える」と記載されていて、価格は、25,920円 (税込)の教材です。

赤くてかわいいラジオのようなものがついてきて、カードを通すと音声が流れるという仕組みの教材です。録音機能もあるので、自分の声と聞き比べができます。

無料で資料請求ができるようなので、気になった方はそちらから試してみてはいかがでしょうか。
http://www.tr-dx.jp/index.html

まとめ

家庭でできる幼児英語学習についてまとめました。

「英語の習得は2000時間」と言われていますし、家庭学習で長く英語にふれるようにしてあげるよよさそうですね。

方法はたくさんありますので、気に入ったやり方で長く続けてみてはいかがでしょうか。子どもが楽しむ・興味を持つことが重要ですので、強制的にせず、のびのびと学ばせてあげてください。