産後のすきま時間で稼ぐ!おすすめの在宅ワークをご紹介!

最近は、子育てしながら自宅で稼ぐことが出来る在宅ワークに注目が集まっています。
外出する必要がなく自宅だけで稼げるので、子育てや家事で忙しい主婦の方にも人気の仕事となっており、業務内容も幅広いため自分に適した仕事を探しやすいことも魅力です。
産後は赤ちゃんのお世話に付きっきりになりますが、在宅ワークを選べばすきま時間を使ってサクサク稼ぐこともできるのです。
そこでこの記事では、産後に手軽に始められるおすすめの在宅ワークをご紹介しましょう。

産後に仕事復帰したいけど、赤ちゃんのお世話で忙しく外出できないと悩んでいる方には、在宅ワークがオススメです。
隙間時間を使ってサクサク稼げる在宅ワークは、様々な種類がありますのでご紹介します。

産後に在宅ワークがおすすめな理由

最近は、国を挙げて副業が推奨されていることもあり、在宅ワークに大きな注目が集まっています。
産後まもないママさんは、赤ちゃんのオムツ替えやお世話など、自宅から出ることが難しい時期で、特に産後1ヶ月間は、ママさんの体のホルモンバランスが正常化されていないので、安静にしておく必要があります。
家計のために早く社会に復帰したいと思っても、電車に乗ったり人と話したりすると、多くの体力と精神力が必要になるため、なかなか復帰できない方も多いのではないでしょうか。
そのような方には在宅ワークがおすすめです。以下、在宅ワークが産後におすすめな理由を解説していきます。

自宅から出ないで仕事ができる

基本的に在宅ワークは、パソコン一つさえあれば 隙間時間を使って稼ぐことができるのが一番のメリットです。
在宅ワークであれば体力を使わず、人に気を使う必要もなく働くことができるので、赤ちゃんが寝ている時はサクサク多くのお金を稼ぐことも可能です。
赤ちゃんはお世話しているとき以外はほとんど寝ているので、空いた少しの時間でも有効に活用することができるのでおすすめです。
ただし、産後約1か月間はママさんも体調が万全ではないので無理は禁物です。
在宅ワークだからといって、寝不足になるまで仕事をする体調崩して家事や育児も出来なくなってしまうので注意してください。

好きな時間に仕事ができる

在宅ワークの2つ目のメリットは好きな時間に仕事ができることです。
外へ働きに出ると決まった時間に外出しなければならず、子育てとの両立が難しくなります。
在宅ワークは基本的に家の中で行うため、急に泣き出した赤ちゃんの対応なども確実にこなせます。
もう一度寝かしつけてから仕事に着手することもできるため、納期に余裕があれば仕事と育児の両立が可能です。

心に余裕が持てる

在宅ワークは、納期は設定されているものの自分のペースで進めることができるものが多いため、ストレスなく仕事に取り組むことができます。
子育てが落ち着いて時間的に余裕があれば、月5万円から10万円以上稼ぐこともできるのです。
慣れてくれば複数の仕事を掛け持ちすることも可能で、自分の体調や余裕と相談して仕事ができるのはありがたいです。

産後の在宅ワークはどんな仕事がおすすめ?

産後の場合は、どういった在宅ワークがおすすめでしょうか?
ここからは、小さな赤ちゃんがいてもできるおすすめの在宅ワークをまとめてご紹介します。

アフィリエイト

産後に在宅ワークをするならば、アフィリエイトの副業がオススメです。
子育てブログや趣味のことを書いて、広告収入を得る在宅ワークです。
自分でブログを運営するため納期などもなく、自分のペースで進めることができます。
記事の内容も自分で決めることができるので、ある程度のテクニックも存在しますが、基本的には好きなことを文章にするだけです。

まとまった稼ぎができるまで時間がかかりますが、ひと月平均10万円くらいを目指せます。

ライター

クラウドソーシングといったサービスを使いライターとして副業することもできます。
自分でアフィリエイトをしようとするとすぐに収入には直結しませんが、ライダーならばすぐに報酬がもらえるのがメリットです。
自分の得意分野や短期間でできる案件に提案して、マイペースに在宅ワークを進めることができます。
こなす作業量によるので収入の相場は曖昧ですが、頑張る分だけお金になる仕事です。

データ入力

パソコンの基本的なキー操作ができる人にオススメなのがデータ入力です。
パソコンさえあれば、Excelに住所の打ち込みや資料作成などのデータを入力するだけの簡単作業で、報酬は2万円程度の案件から、長期になると継続5万円近くにまでなるのでおすすめです。

実務経験がある方や正確に根気よく続けられる人に向いています。

産後の在宅ワークの進め方

産後に在宅ワークを始める方は、なるべくストレスなく続けられるように、納期がないものや 短期間で完結する副業を選ぶことをおすすめします。
一つの仕事に何週間もかかってしまうと精神的にも厳しく、子どものイレギュラーな対応により締め切りに間に合わなくなってしまうこともあります。
産後3ヶ月から4ヶ月頃になると子育ても少し落ち着いてくるので、若干仕事の量を増やしたりして慣らしていくと良いでしょう。

産後の在宅ワークの注意点

在宅ワークは、自分で仕事の量やスケジュールを管理するので、家族のイベントや子育ての状況により、仕事が上手く進まないことも良くありますので、産後に在宅ワークをする際は無理のないスケジュールを組むことが大切です。
在宅ワークだからといって多くの仕事を同時にすると手が回らなくなり、中途半端に終わってしまうので注意しましょう。
その他にも注意すべき点は多くありますので解説していきます。

頑張りすぎない

在宅ワークは、自宅でできるのが最大のメリットですが、子育て中は赤ちゃんのお世話をしたり、買い物へ行ったりなど家事も多くこなさなければなりません。
頑張りすぎて在宅ワークが中心の生活になると、家事や子育てが疎かになってしまうので注意してください。

予定外のことが起こりやすい

在宅ワークはマイペースに進めることがメリットですが、初心者故にわからないことやつまずくことも多いです。
会社勤めの場合は、上司への質問や周囲の助けがあるので解決しやすいですが、在宅ワークの場合は、問題が起きた時もすべて自分で処理しなければなりません。

必ず休みをつくる

在宅ワークの場合は、どれだけ仕事を受けるか、スケジュール管理を全て自分でする必要があります。
あまりに張り切って仕事に取り組んでいると休みがなくなり、納期に追われて仕事漬けになってしまうこともあります
産後に在宅ワークを始める方は、産後2ヶ月程度はスケジュールに余裕を持って仕事に取り組むことをおすすめします。
必ず3日に一回は休みを取り、リラックスできる時間を作り、仕事のストレスが赤ちゃんに伝わらないように十分に注意をしてください。
また、在宅ワークは、自宅にいながら一人で作業するので気は楽ですが孤独との戦いになるので気力も求められます。
行き詰まって余計にストレスになることもならないようにコントロールして仕事をしましょう。

産後の在宅ワークまとめ

在宅ワークは、子育てをしながらすきま時間を使って稼ぐことができるのが最大のメリットです。
外出する必要がないので、常に赤ちゃんに目を向けて自分のペースで仕事することができるのが嬉しいボイントではありますが、パソコンに向かって誰とも喋らずに黙々と取り組む仕事なので、接客業や営業をしていた人にとっては余計にストレスを感じてしまう可能性もあるでしょう。
メリットのほうが目立つ魅力的な仕事ですが、その分注意しなければならない点も非常に多くありますので、決して無理をせず子育てや家事との両立が可能な範囲で取り組むことをおすすめします。