ランドセルの後悔しない選び方・おすすめメーカーを徹底解説!

小学校に子どもが上がったとき、記念にもなる大事な道具がランドセルです。
現在では、お求め安いものから鞄工房が作ったこだわりの一品まで、様々な選択肢が用意されています。

とはいえ、ランドセルの仕様で、チェックしたいことは多いです。
また、子ども一人一人の好みや身体つきにより、相性の良いランドセルは異なります。

ランドセルは、小学校の6年間を共に過ごす道具です。
途中で後悔することが無いよう、しっかりチェックしながら選んでください。

この記事では、ランドセル選びのポイントや、おすすめのメーカーをお伝えします。少しでも参考になれば幸いです。

ランドセルの選び方のポイントとは?

ランドセルを選ぶ際には、気をつけたいポイントがたくさんあります。
以下の項目について、チェックすると失敗が少なくなります。

  • 重さ
  • 素材
  • 丈夫さ
  • サイズ
  • デザインや色
  • 価格
  • 背負い心地
  • メーカー保証
  • 安全機能
  • 親子で話し合い、納得したか

ここからは、各項目について詳しく説明していきます。

重さ・背負い心地

素材や構造により、ランドセルは重さが異なります。
軽いものでは1.1kg、重くなると1.3kgほどになります。

さらに、ここに教科書やノートが入るため、実際にはランドセルの重さ以上のものを背負って歩くことになります。
通学時間が長い場合は特に、軽いランドセルを選んだ方が良いです。

また、ランドセルの重さだけで判断せず、背負った時に体に負担がかかりにくく、体感する重さが軽いものを選ぶ必要があります。
子どもの体格との相性も考えて、選んだ方が良いでしょう。

ランドセルの肩ベルトや背中のクッションはモデルによって特性や形状が異なり、背負い心地や重量感に大きく関わってきます。
肩ベルトの長さを調整しても背中との間に隙間ができてしまうものは、身体との相性が悪く、背負っていて疲れたり、腰痛になったりする原因にもなります。

できれば、実際にお店に行き、教科書の重さに近いおもりをランドセルの中に入れて子どもに背負ってもらうことをおすすめします。
子どもの体感する重さが、できるだけ軽いものを選びましょう。

素材

ランドセルの主要な素材には、3種類あります。
それぞれの特徴を参考にしてみてください。

また、メーカーによっては、カタログを請求すると素材のサンプルを送ってくれるところもあります。
実際の素材を見ることができるので、素材の特性を理解するのに便利です。

クラリーノ(R)

クラリーノ(R)は人工皮革の素材で、コストを抑え、かつ手入れが簡単で軽く、風合いも本革に近づけた素材です。
一昔前までは劣化に弱かった素材ですが、テクノロジーの進化に伴い、強度が上がっています。

クラリーノ(R)には、さらに何種類かのバリエーションがあります。
お好みに合わせて選んでみてください。

  • クラリーノ(R)エフ(本革に近い質感)
  • クラリーノ(R)タフロック(質感は落ちるが、耐久性が強い)
  • クラリーノ(R)レミニカ(光沢があり、傷に強い)

牛革

昔からランドセルに使われている素材です。
重いですが、破れにくく頑丈な素材で、質感も本革ならではの質感です。

ただし、耐水性がないため、防水加工が施されているものを選ぶと良いでしょう。
防水スプレーやレインカバーも役立ちます。

コードバン

コードバンは馬のお尻の皮で、牛革よりもさらに耐久性が優れた素材です。
牛革よりもさらに耐久性に優れた素材と言われています。

独特の光沢感が特徴です。
希少な素材のため、値段が高いのが欠点です。

また本革素材のため、牛革同様に雨には注意が必要です。

丈夫さ

ランドセルは長く使う鞄のため、耐久性は選ぶ上で重視する必要があります。

店頭で選ぶ場合は、ランドセルのサンプルを持ち、少し圧力をかけてみましょう。
すぐに潰れてしまうランドセルは、耐久性に難があるかもしれません。

たくさんの教科書を入れて持ち歩くことを考え、できるだけ頑丈なものを選びましょう。

サイズ

現在、ランドセルで主流のサイズは、A4フラットファイルが入るサイズです。
学校でもA4フラットファイルを使うところもあるため、「A4フラットファイル対応サイズ」と書かれたモデルを選びましょう。

デザインや色

ランドセルには様々なデザインのモデルがあります。
色が独特であったり、刺繍に使われている糸の色や模様がおしゃれであったりするものもあります。

できるだけ、子どもと一緒に実物を見て選ぶのが良いでしょう。

ただし、最初に子どもと一緒に選んで「これがいい!」と選んだものの、6年間の中で飽きてしまうこともあります。
そんな時は、ランドセルカバーなどで雰囲気を変えることも可能です。

また、刺繍が凝った作りのものは、縫い目から浸水するケースもあるため、十分注意して選んでください。

価格

ランドセルには安いものから高いものまで、幅広い価格のものがあります。
安いものでは10,000円台、高いものでは60,000円以上するものもあります。

ただし、安くても機能上の問題があるものは避けた方が無難です。

また、ランドセルは中古で安く買うこともできますが、

  • 耐久性に問題が出る可能性がある
  • メーカー保証の対象外となり、修理費が高くついたり、修理できなかったりする

などの問題があるため、中古で購入する場合はリスクを考慮して選んでください。

メーカーによっては、型落ち品を安く販売しているところもあります。
とにかく安く、良いメーカーのものを買いたいと思っている人はチェックしてみてください。

メーカー保証

ランドセルは、長い学校生活の間でベルトやロック部分の金具が壊れることもあります。
そうした問題に対処してくれるのが、6年間のメーカー保証です。

保証内容は、メーカーによって異なります。
メーカーによっては、修理中にランドセルを貸し出してくれるメーカーもあります。

ランドセルを選ぶ際には、メーカー保証もチェックしておくと後々まで安心して使えます。

安全機能

万が一に備え、子どもの安全に対処できる機能が付いているかも確認しましょう。

メーカーによっては、走行中の自転車やバイクなどにランドセル側面のフックがひっかかった際、外れて引きずられるのを防止する安全機能を採用しています。
他には、防犯ブザーが肩ベルトにつけられるようになっており、いざという時にすぐに引っ張れるようになっているモデルもあります。

反射材は、見やすい位置についているモデルを選ぶようにしましょう。

親子で話し合い、納得したか

「この仕様が良い」とお母さん・お父さんが言っても、子どもが不満なデザインだと、後から後悔してしまうこともあります。
逆に、子どもが「このデザインがいい」と言ったものでも、実用上難があるモデルでは6年間使うのが厳しくなることもあります。

親子でしっかりと話し合い、納得する落とし所を見つけてください。

ランドセルのおすすめのメーカー・ブランド5選

ランドセルのメーカーは多く、必要な機能や仕様を把握していても選ぶのに困るほどです。
ここからは、ランドセルのおすすめのメーカー・ブランドを5つ挙げ、特徴を解説していきます。

フィットちゃんランドセル(ハシモトBaggage)

「フィットちゃんランドセル」は、独自の背カン(ランドセルの肩ベルトが止まっている部分)が最大の特徴です。
背カンが左右別々に開くことにより、ランドセルの背中が当たる部分にフィットするように作られています。

子どもが成長しても、いつでもフィットするように作られています。
最大限に体への負担を抑え、重さを感じにくく作られているのが特徴です。

素材や価格帯のバリエーションも非常に幅広く、「これだ!」というランドセルを見つけやすいのが特徴です。
お好みのものがない場合も、オーダーメイドで作ってくれます。

フィットちゃんランドセル 公式ページ

天使のはねランドセル(セイバン)

天使のはねランドセルには、独自の背カンが採用されています。
肩ベルトを立ち上がらせることで、身体にフィットさせる、独自の構造を採用しています。

また、背カンが左右同時に開くため、重心が安定しやすく背負いやすいのが特徴です。
子どもが成長しても、フィットしやすい作りとなっています。

デザインはシンプルなものが多く、服と合わせやすいのが利点です。

天使のはねランドセル(セイバン)公式ページ

イオン

スーパーマーケットでおなじみのイオンも、自社ブランドのランドセルを販売しています。

3万円台からのお求め安い価格のモデルもあり、予算を抑えたい人にはおすすめできます。

また、小マチ部分が広く作られており、教科書以外のものもたくさん収納することができます。
荷物を一つにまとめやすい構造により、ランドセル1つだけでたくさんの荷物を運べるように設計されている点が嬉しいです。

イオンのランドセル 公式ページ

池田屋

池田屋のランドセルは、大量生産を目的としたものではなく、1つ1つ職人が手作りで作り上げるランドセルです。
仕上がりが美しく、耐久性にもすぐれています。

防水加工を施した牛革のモデルは高級感もあり、質感にこだわりたい人に特におすすめできます。
さらに、独自に開発した上質な質感の人工皮革を使い、製造した軽量モデルもあります。

見た目や質感だけではなく、背負いやすさについてもこだわりがあり、独自の背カンを採用しています。

さらにメーカー保証が非常に充実しており、どんな理由で壊れたとしても、無償で修理してくれます。
安心して卒業まで使い続けることができますね。

池田屋ランドセル 公式サイト

萬勇鞄

萬勇鞄も1つ1つ手縫いで職人が作り上げる、上質なランドセルです。

丁寧に作られていながら、値段もそこまで高くないモデルもあります。
価格は抑えめでも、本格的なランドセルを見つけることができるでしょう。

デザインはシックでおしゃれで、大人びたモデルが多い印象です。
さりげなく主張するさし色が、ひっそりと個性を主張してくれます。

萬勇鞄も肩ベルトの構造に気を遣っており、付け根から立ち上がる構造を採用したことで、背負いやすく作られています。
ネームプレートやリコーダーケースが無料で付いてくるのも嬉しい特徴です。

萬勇鞄 公式サイト

まとめ:ランドセルの選び方について

ランドセルはバリエーションが豊かで、多種多様なモデルから選ぶことができます。
メーカーも1つ1つ手作りでつくるメーカーから、大量生産して価格を抑えめにしたメーカーまで、様々です。

気をつけるべきポイントは多々ありますが、子どもと一緒に実物を見に行き、楽しみながら選ぶのが一番大事なことです。
お気に入りのランドセルで、小学校の6年間を楽しく過ごせることをお祈りしています。