子ども向けプログラミングの種類とその特徴を解説!

小学校でのプログラミング学習スタートに伴って、「我が子にもプログラミングを学ばせておきたい!」と考える方も多いでしょう。

しかし、プログラミング学習の知識がなく、どんな学び方があるか分からない!と思っていませんか?

そのような方のために、今回は子ども向けのプログラミングの種類と、その特徴やデメリットについてお伝えします。

ロボット型プログラミング

はじめに、ロボット型プログラミングについて、特徴とデメリットをお伝えしていきます。その名の通りロボットの動きを通してプログラミングを学ぶものなのですがどのような特徴があるのでしょうか。

ロボット型プログラミングとは

ロボット型プログラミングとは、モーターやセンサーをはじめとしたロボットの動きの制御を通してプログラミングを学ぶ学習方法です。
ロボットを使用するので子どもの好奇心を刺激し、興味をひきやすいことが特徴で、パソコンを使用せずに学べる教材もあるので、低年齢から学べます。

パソコンを使用しない場合は、

  • スマートフォンやタブレットからロボットに命令を与える
  • 電子回路の組み替えを行うことでプログラミングを学ぶ

ロボット型プログラミングの代表としては、世界的に有名なレゴ社の「マインドストームEV」がそのひとつです。
また、物理的なキットでの学びは、「モノのインターネット(IoT)」に通じる教育として関心を集めています。

ロボット型プログラミングのデメリット

ロボット型プログラミングのデメリットは以下の通りです。

  • 教材やキットが高額なものが多いので初期投資にお金がかかる
  • 教材により内容や学びかたが大きく違うので一貫性に欠ける
  • 成長を実感しづらい

ロボット型のプログラミングは教材に費用がかかる場合が多く、無料のアプリなどで学ぶ場合と比べるとどうしてもお金がかかってしまいます。また、教室に通う際も教室側が教材を用意してはくれるものの、その分月謝に上乗せされてしまいます。
また、ロボット型プログラミングによって学べることは当然多いのですが、自分で何かをできるようになったと感じることはあまりなく、成長を実感しづらい点もデメリットと言えるかもしれません。

ロボット型プログラミング学習のデメリットは他にもあります。

  • 積み木やパズルなどの物理的なおもちゃで遊ぶより、TVゲームのような遊びを好む年齢は興味を示しにくい
  • ロボットというハードに依存するので、ロボット自体に興味を持てないと学習できない

このように、他の学習に比べての特にロボット型プログラミング学習は性格や資質・年齢にも左右されやすい傾向にあります。

ソフト型プログラミング

続いて、ソフト型のプログラミングについて、その特徴とデメリットをお伝えします。

ソフト型プログラミングとは

ソフト型プログラミング学習はソフトを使ってパソコン上でプログラミングを学ぶ方法です。
以下のような特徴があります。

  • モニターで作品(ゲームやアニメーションなど)を作りながら学ぶ
  • 視覚で直感的に扱いやすい言語が使用されている
  • パソコンを所有していれば、教材費が無料または、安く抑えられる

このような点に加えて、ロボット型プログラミング学習に比べてソフト型プログラミング学習のほうが、プログラミングの本質や根本に近い学習です。
さらに、ソフト型プログラミング学習は、広い分野への展開がしやすく応用が効きやすい学習方法でもあります。

ソフト型プログラミングは、他言語間で共通する部分が多くあります。
例えば、後程説明するScratch(スクラッチ)が終わったらWeb系の言語、その次は制御系言語、といったようにスムーズな展開が可能なのです。

ソフト型プログラミングのデメリット

ソフト型プログラミング学習のデメリットは以下の通りです。

  • パソコンやタブレットなどのデバイスがない場合は購入する必要がある
  • ソフトによってはインターネット環境が必要なので、接続のための費用がかかる

このような費用がかかるので、全て用意する必要がある場合はコストがかかってしまうデメリットがあります。
一方で、環境が全てある場合は、ソフト型プログラミング学習のデメリットほとんどないとも言えますね。

子どもにおすすめのプログラミング言語は?

ここでは、子どもにおすすめのプログラミング言語学習として、以下の特徴を紹介します。

  • Scratch(スクラッチ)
  • Visucuit(ビスケット)
  • プログラミン

ひとつずつ解説していきます。

Scratch(スクラッチ)

Scratch(スクラッチ)は、米マサチューセッツ工科大学が開発した、あらゆるプログラミング教育現場で使われているソフトです。

無料で利用でき、言語は日本語でも使用でき、操作は主にマウスを使用します。
キーボード操作に不慣れな小学生でも利用できる手軽さが特徴です。

他の周辺機器を用意する必要もありません。
Scratch(スクラッチ)については、他記事で詳細に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Viscuit(ビスケット)

Viscuit(ビスケット)も子ども向けのビジュアルプログラミング言語です。
代表的な国産のプログラミング言語として、ビジュアルでのプログラミングに特化しています。

ビジュアルに焦点を当てたことで、Scratch(スクラッチ)の対象年齢より低い子どもでも扱えます。
また、直感的にプログラムが作れることが可能。

子どもの興味を引き出すように、かわいいイラストにカラフルな色を多く使用されています。

プログラミン

プログラミンは、文部科学省が開発したIT教育環境です。簡単・楽しい・すぐできるといった部分が特徴的です。

プログラミンは絵が動き、音も鳴るので、楽しみながらプログラムを作ることができます。
絵を組み合わせてプログラムを作るので、直感的で覚えやすいといった子どもにぴったりなプログラミング学習です。

まとめ

このように、子ども向けのプログラミング学習を大きく分けると、ロボット型・ソフト型に分類できます。

どちらもメリット・デメリットがあるので、子どもの興味や予算に合わせたプログラミング学習をスタートしたいですね。

子どもが興味を持って楽しくプログラミングを学べるように、親としてもサポートしていきましょう。