子ども向けプログラミング教材「Scratch(スクラッチ)」とは?

子ども向けのプログラミング教材である、「Scratch(スクラッチ)」をご存知でしょうか?

Scratch(スクラッチ)とは、子ども向けのプログラミング教材の中の一つで、使いやすいとして人気があります。

2020年から小学校でプログラミング教育が必修科目としてスタートします。

つまり、今後は子どもの頃からプログラミングを学ぶことになるのです。

しかし、親としては「子どもにとって」学びやすいプログラミング教材はどれなのか、知識がなければ違いもよく分からないでしょう。

そこで今回は、子どもがプログラミングを学びやすいと好評の「Scratch(スクラッチ)」について解説していきます。

Scratch(スクラッチ)とは?

ここでは、Scratch(スクラッチ)について解説します。

子ども向けのプログラミング教材は多数開発されており、その中の一つが今回解説するScratch(スクラッチ)なのですが、他の教材との違いはあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

Scratch(スクラッチ)の特徴

Scratch(スクラッチ)は、アメリカ・マサチューセッツ工科大学のメディアラボが公開しているビジュアルプログラミング言語です。

無料で利用でき、言語は日本語でも使用できます。操作は主にマウスを使用します。

他の周辺機器を用意する必要がなく、キーボード操作に不慣れな小学生でも利用できる手軽さが特徴です。

加えて、以下のような特徴もあります。

  • 画面上にあるブロックを組み合わせてプログラムをつくる
  • 色々なキャラクターを動かせる
  • 動くキャラクターを見ながら修正・実行が手軽にできる

また、基本操作が身につくと自由な発想でゲームやクイズを作り、世界中のユーザーと専用サイトを通じて見せ合ったり、改良したりもできます。

このように、直感的な操作でプログラミングの発展学習や、ネットリテラシーの学習機会としての期待ができるのです。

Scratch(スクラッチ)が子どもにおすすめな理由

Scratch(スクラッチ)が子どもにおすすめな理由は大きく2つあります。

  • 視覚的なオブジェクトなので始めやすい
  • ビジュアルプログラミングでわかりやすい

上記について詳しく解説していきます。

視覚的なオブジェクトなので始めやすい

一般的にプログラミングは、テキストでプログラムを作成するものです。

しかし、Scratch(スクラッチ)はビジュアルプログラミング言語ですので、視覚的なオブジェクトの作成が可能です。

つまり、プログラミング言語の知識がなくても扱うことができるということです。

ビジュアルプログラミング言語に関しては後述します。

Scratch(スクラッチ)は視覚的なオブジェクトの作成によって、子どもにとっても始めやすいプログラミング入門教材になっています。

また、ひらがなに対応しているので、漢字があまり分からなくても自主的な学習ができます。

ビジュアルプログラミングでわかりやすい

本来であればテキストを打ち込んで命令を実行するのですが、Scratch(スクラッチ)は、わかりにくいテキストベースを「ブロック」とよばれるイラストに置き換えてプログラミング命令を実行します。

プログラミングで命令を与える対象物にはイラストが多く使われているので、子どもたちが飽きずに学ぶことができます。

まるで積み木で遊ぶかのような楽しさと、簡単さを兼ね備えた構造です。

使いやすさと信頼ある機能性から、世界中で使われているビジュアルプログラミング言語の代表格とも呼ばれています。

まさに、子どもが最初にプログラミングを学ぶにはうってつけの言語なのです。

Scratch(スクラッチ)でできること

続いて、Scratch(スクラッチ)で何ができるか、また身につく技術の解説をしていきます。

Scratch(スクラッチ)で身につくことやできることは、以下の通りです。

  • 初歩的なプログラミング技術
  • ゲームなどの本格的な作品作り

こちらも詳しく解説していきます。

初歩的なプログラミング技術

Scratch(スクラッチ)は、初歩的なプログラミング技術を学ぶには最適です。

そもそもプログラミングとは、デジタル技術を使いこなし何かを作ることや自分を表現することです。

しかし、生まれながらにITに親しんでいる世代(デジタルネイティブ)は、技術を読むことはできても書くことができないことが多いと言われています

つまり、コンピューター上で自分や自分のアイデアを表現するには、プログラムを書くためのスキルが必要です。

Scratch(スクラッチ)はそのための手軽な手段となるのです。

また、Scratch(スクラッチ)で学んだプログラミングを通じ自分のアイデアを作品として完成させることで以下のような効果が期待できます。

  • 創造性
  • 系統を立てて考える力
  • 協調性

これらは将来どのような仕事に就いても応用できるスキルでもあります。

ゲームなどの本格的な作品作り

Scratch(スクラッチ)は、学習用ソフトにも関わらず簡単操作でゲームやクイズなどの本格的な作品作りが楽しめます。

簡単なブロックの組み合わせとトライ&エラーを繰り返して作品作りに没頭できるのです。

自由に想像力を働かせたぶん、より本格的な作品を作り上げることができます。

Scratch(スクラッチ)のトップページには、全世界のScratch(スクラッチ)ユーザーが作った作品集があります。

自分の作りたい作品をより鮮明にイメージさせることもできますし、ここでは、驚くようなハイレベルな作品が多数あるのです。

参考にならないくらい高品質な作品も多数ありますが一度目を通しておくべき場所です。

Scratch(スクラッチ)の注意点

Scratch(スクラッチ)は、プログラミング学習を始める子どもにとってメリットがほとんどです。

あえて注意点を挙げるなら、Scratch(スクラッチ)から本格的な言語に移りにくいことでしょうか。

理由は、子どもにとって、Scratch(スクラッチ)は圧倒的に他の言語よりも使いやすいからです。

また、Scratch(スクラッチ)には、体系的なプログラミング学習のカリキュラムが用意されていません。

チュートリアルも最低限の内容です。

本格的なプログラミング学習と考えると物足りなさを感じたり、応用が利きにくかったりするかもしれませんね。

Scratch(スクラッチ)は、プログラミングを体験する教材しては優秀ですが、プログラミングを学ぶための教材ではありません。

プログラミングを学ぶには、自分で本やテキストなどの教材を用意する必要があるのです。

まとめ

このように、Scratch(スクラッチ)は子どものプログラミング学習にとってメリットの多いビジュアルプログラミング言語です。

まずは、子どもが「プログラミングに触れる」機会を作ってあげましょう。

もちろん、お伝えしたデメリットもありますが、最初の取り掛かりには最適です。

これからますます社会はITと密接な関係になってくるので、プログラミングが子どもにとって苦手意識にならないようにしたいですね。