ICT教育について正しく理解してる?3つのメリットと注意点をご紹介!

ICT教育とは、簡単に言うと「デジタル機器(タブレットやパソコン)を使った教育」のことを指しますが、そのメリットや注意点を正しく理解しているでしょうか。

ICT教育は、国もその重要性を認識し、ガイドラインが策定されています。

そのため、今後多くの学校でICT教育が取り入れられると予想されているのです。

この記事では、ICT教育の代表的なメリットや、ICT教育を受ける際に注意しておきたいことも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもICT教育とは?

そもそもICT教育とは、インターネット、パソコンやタブレットを利用した教育のことです。

「ICT」は、「Information and Communication Technology」の頭文字をとった言葉で、「情報通信技術」という意味で、現在非常に注目されています。

ICT教育では生徒1人ひとりに端末を配布し、紙ではなくデジタルを媒体とした授業を行います。

事前に作成したデータや動画を用いて授業を行うため、紙を使った授業ではできなかった五感を刺激する授業が可能です。

特に、紙では伝えづらかった英会話や図形問題では、理解を深めるのに役立つでしょう。

今後は情報通信技術が益々重要になっていくことが考えられているので、総務省や文部科学省もガイドラインを策定するほど重要でありと認識されています。

しかし、現在はすべての学校でICT教育を受けられるわけではありません。

子どもにICT教育を受けさせたいのであれば、ICT教育を導入している学校を探す必要があります。

ICT教育のメリットとは?

ICT教育のメリットには、代表的なものに以下の3つがあります。

  • 授業が分かりやすくなる
  • 効率的に授業の準備ができる
  • デジタル機器が身近な存在になる

ひとつずつ解説していきます。

授業が分かりやすくなる

ICT教育を導入することにより、インターネット環境や映像を使うことで授業が理解しやすくなります。

具体的な例を挙げると英会話がイメージしやすいのではないでしょうか。英語の授業は、英語が話せない日本人教師が教えています。

そのため、ネイティブな発音による授業が難しく、文法ばかりの授業で英会話が身につきにくい環境です。

しかし、ICT教育を取り入れることで、インターネットを通じてネイティブに話せる講師が授業を受け持てるため、子ども達は日頃からネイティブな英語に慣れ親しめます。

幼いころからこの環境が整っていれば英会話が身近なものになり、今以上に実用的な英語力が身につくことに期待ができるのです。

他にも、アニメーションを使った授業を行えば、図形を立体的に認識する手伝いができたり、歴史に興味を持ちやすくなったりすることに期待できます。

また、端末を使った授業なので、何度も同じ授業を見直せるため、自習がしやすくなり理解度の向上にも役立つでしょう。

ICT教育を取り入れれば、再生するだけで教師の授業を何度でも受けられます。

興味が持ちやすく分かりやすい授業を受けることが可能なので、子ども達の理解度を高められる可能性があるのです。

効率的に授業の準備ができる

こちらは教員側のメリットになりますが、ICT教育を取り入れることで効率的に授業の準備ができるため、教師の負担を軽減することができます。

というのも、紙が媒体の授業を行う場合はプリントを作ったり、1人ひとりのテストの採点を教師が行ったりする必要がありました。

授業の準備やテストの採点は教師への負担が大きく、退職する理由のひとつでもあったのです。

しかし、ICT教育ならデジタル機器を使った授業になるので、授業の準備はデータの必要な箇所の修正や追加で済みます。

小テストのような頻繁なテストもデジタル化することで、準備が簡単になるだけではなく、採点の時間を大幅に削られるようにもなるでしょう。

その結果、ICT教育は残業や休日での仕事を減らせるので、教師の負担を大きく軽減させることができます。

デジタル機器が身近な存在になる

日本に限らず、世界的にパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が身近な存在になりつつあります。

一昔前まで、パソコンやスマートフォンを持っている人は多くありませんでしたが、現在は仕事や大学でも使用する場面が増えたため、デジタル機器を取り扱えるスキルが必須になってきています。このような流れからも、パソコンやスマートフォンが使えなくては、社会に出てから戦力になりづらくなってきています。

そのため、これからの子ども達は今までの授業と同時に、デジタル機器の取り扱いについても理解することが必要と言えるのです。

ICT教育を導入することで幼いころからデジタル機器の扱いに慣れさせることができるため、デジタル機器の導入による授業の効率化に加え取り扱いも学ぶことができるため一石二鳥です。

さらに、デジタル機器は非常に高価なので、家庭の収入差によるデジタル機器を取り扱う機会に差がありましたが、ICT教育を受けることによりすべての子ども達が平等にデジタル機器を身近な存在にできるようになるのもメリットの一つです。

仕事の自動化やビッグデータの取り扱いなど、今後益々デジタル機器を使った仕事が増えていくことが考えられており、ICT教育はそんな状況になっても対応できるような教育が期待できるのです。

ICT教育の注意点

生徒の理解度を深めたり教師の負担を軽減させたりと、ICT教育には大きなメリットがあります。

しかし、ICT教育は大きなメリットと同時に、注意したほうが良いこともあるのです。

ICT教育で注意しておきたいことは、主に以下の3つです。

  • 時代とともにトレンドが変化する
  • VDT症候群になる可能性がある
  • 想像力が低下する可能性もある

子どもにICT教育を受けさせたいのならば、情報収集してよく注意しておきましょう。

時代とともにトレンドが変化する

デジタル機器や情報通信技術というものは、進化が非常に早いです。

つい最近出たデジタル機器や技術でも、数年後には古くて誰も使わなくなっている可能性があります。

せっかく学校で習得したことや慣れた端末がトレンドではなくなり、将来役に立たない知識や技術になるかもしれません。

そのため、ICT教育を受ける際はトレンド色の強い知識や技術だけではなく、ワードやエクセルなど凡庸性が高い教育も受けることをおすすめします。

VDT症候群になる可能性がある

デジタル機器を使いすぎると、VDT症候群になる可能性があります。

VDT症候群とは、パソコンやスマートフォンのディスプレイやキーボードの使いすぎで、肉体的・精神的に疲労をすることで起こる症状です。

VDT症候群には、以下のような症状が確認されています。

  • 眼球……ドライアイ、視力低下、頭痛
  • 体……肩こり、腰痛、手のしびれ
  • 精神……イライラ、耳鳴り、頭痛

VDT症候群を予防するためには、連続作業時間を60分以内にして定期的に休憩をするようにしてください。また、正しい姿勢で作業することも重要です。

ICT教育を取り入れる場合は、自然とパソコンやスマートフォント接触する時間が増加しますので、子どもがVDT症候群にならないように常に注意してあげましょう。

想像力が低下する可能性もある

ICT教育では、視覚から得られる情報量が非常に多くなります。

調べれば解決してしまうため自分で考える機会が減ってしまい、その結果想像力が低下するかもしれないと考えられているのです。

もし、ICT教育を取り入れるのなら、五感を使う教育をしたり、自分で考える時間を作ったりと、子どもの想像力を向上させる工夫をする必要があるでしょう。

モバイル機器を禁止する時間を設けたり、親子で会話するときは調べることを禁止したり、子どもが想像力を働かせられる環境を整えることをおすすめします。

まとめ

ICT教育は学習効率を上げられるため、子どもには大きなメリットがあります。

また、世界的にモバイル機器の取り扱いスキルや情報通信技術は必須スキルとなっていくことが予想されているので、社会に出てから苦労しないようにぜひとも取り入れておきたい教育方法です。

しかし、ICT教育には気をつけなければいけないことが多々あります。

もし子どもにICT教育を受けさせるのならばデメリットに関して把握しておき、ICT教育によるデメリットを最小限にする努力が必要になるでしょう。