幼稚園受験の面接はどう乗り越える? 質問内容や対策は?

幼稚園受験はお子さまよりも親御さんのほうが緊張しがちです。面接では何を聞かれ、どんな対策をとればいいのかなど悩みは尽きません。

この記事では、幼稚園の面接を成功させるために知っておきたい面接の質問、対策法を解説していきます。

幼稚園の面接ではどんな質問をされて、それに対しどう答えれば良いのでしょうか? 幼稚園で面接を行う目的から知って、受験の注意点を確認しておきましょう。

幼稚園受験で面接を行う目的は?

多くの幼稚園は願書を提出して受理されると、入園はほぼ確定されます。

しかし、お受験の幼稚園となると面接や子供の実技が試されます。

お受験の幼稚園では、幼稚園の理念と家庭の教育方針が一致するかどうかを確認するために試験を行います。

幼稚園によって教育理念や特徴、施設が異なるため、入園する前に確認をするのです。

面接や子供の実技を通して子供の個性を知り、幼稚園に子供が合っているかどうかがチェックされます。

幼稚園の面接はなぜ行われる?

願書の書面上だけでは、子供の個性を把握することは難しいといえます。

幼稚園側としては、面接で特別に何かを求めているのではなく、いつも通りの子供の様子を観察したいと考えています。

そのため面接では子供に直接質問したり、一緒にお遊びをしたりするのです。

面接は幼稚園の合否に関係する?

首都圏にある幼稚園受験の激戦区、小学校の附属幼稚園の場合は、面接により合否が分かれることがあります。

そのため、お受験の幼稚園に入るならば面接対策などを行う必要性があるのです。

一方で、地方の幼稚園で行う面接は、家庭の教育方針や子供の様子を知るために行われることがほとんどです。

この場合は特に面接によって合否が分けられることはありませんので安心して大丈夫です。

幼稚園受験の面接で聞かれることとは?

お受験の幼稚園でも地方の幼稚園でも、質問の内容は大きくは変わりません。

ここからは、幼稚園受験の面接で聞かれる内容を確認しましょう。

保護者の面接

保護者によくされる質問は以下の通りです。

・志望理由
・通園の方法
・子供の長所と短所
・子供の好きな遊び
・子供のおむつが外れているか
・子供の好きな食べ物、嫌いな食べ物。
・食物アレルギーはあるか
・子供の出来ること、出来ないこと(着替え、トイレなど)
・幼稚園に希望すること
・家庭の教育方針
・PTA活動
・幼稚園行事への参加の可否
・最近の社会情勢やニュースなどの時事問題

主に、子供が幼稚園で安全に過ごすために必要なポイントを聞かれます。

子どもの面接

子供によくされる質問は以下の通りです。

・自分の名前、年齢
・好きな遊び
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・今日は誰と一緒にここまで来たか
・朝食の内容
・幼稚園の名前
・絵本を用いて「これはなに?」の質問
・誕生日
・親の名前

当日に備えて、定番の質問は前もって練習しておきましょう。

幼稚園受験の面接に臨む前に

お受験幼稚園の面接に臨む前に、前もって準備しておきたいことがあります。

幼稚園での面接は、願書に記載されたことをもとに面接が行われます。

自分が願書に書いた文章をもう一度目を通して、どんなことを聞かれても正確に答えられるようにしておくと良いでしょう。

子供は初めて行く場所では緊張して上手く話せなくなることがあるので、面接前に子供と一緒に幼稚園を訪問しておくと安心です。

いつもは自分の名前や好きな食べ物などしっかり話すすることができても、初めて行った場所では緊張します。

初めて会った人の前では人見知りをして、言葉が出てこなくなってしまうこともあります。

しかし面接前から幼稚園に訪れておくと、面接当日は緊張感がなくなり、上手く受け答えすることができます。

幼稚園によっては未就園児対象のイベントなどもあるので、それを利用して子供が面接で緊張しすぎないように工夫してあげることも大切です。

面接時の服装

面接時の服装は清潔感のあるフォーマルな服装で行きましょう。

母親は紺色、黒、ベージュなどベーシックカラーのスーツ、インナーは清潔感のある白のシャツ、ブラウスを選んでください。

女の子の服装は白のブラウスに紺のチェック柄スカート、男の子は襟付きの白いシャツに紺色のズボンや半ズボンが適しています。

面接の練習

幼稚園の面接では親子に特別なことを求めているのではなく、普段の様子を確認し、どんな家庭なのかを知るために行われます。

そのため答えるのが難しい質問をされることはありませんが、定番の質問だけは答えられるように準備しておきましょう。

当日は子供よりもお母さんの方が緊張してしまうと思いますので、お父さんに面接官になってもらい練習すると良いでしょう。

母子分離できるようにしておく

幼稚園の面接では、お母さんと子供は別室でそれぞれ面接が行われます。

子供がお母さんと離れるときに、怖くなって泣いてしまうケースがよくあります。

初めての場所で、知らない大人が前にいるので泣いてしまうことは問題ありません。

しかし、いつまで経っても泣き止まずに面接できなくなった場合は、家庭環境が過保護だと判断されてしまいます。

日頃からいつもお母さんと一緒の子供は一人になった事がなく、別室へ移動となったときに泣いてしまうケースが多いです。

日頃から一人にさせる機会を与えるようにして、自立させるように工夫しておくことも大切です。

子供部屋で一人で遊ばせる、寝るときは一人にするなど自発的に動けるように日頃から意識すると良いでしょう。

幼稚園受験の面接中に気をつけるべきこと

いつもはおしゃべりが大好きで、家の中でお話をする子供でも、幼稚園受験になるとピタリと静かになってしまい、面接で答えられなくなってしまうケースがあります。

名前を聞かれるぐらいなら大丈夫だろうと親は思っていても、初めて会う大人の前では人見知りをしてしまうかもしれません。

面接の練習は、知らない大人が担当したり、場所を変えて面接対策をしたりするのも一つの方法です。

子供の定番の質問は、絵本や動物の絵が書かれたカードを見せて「これは何?」と聞かれます。

犬のことを「ワンワン」、猫のことを「にゃんにゃん」と教えていると、そのまま答えてしまうこともあるので、前もって直しておきましょう。

幼稚園受験の面接まとめ

初めての幼稚園の面接はとても緊張しますが、聞かれることは決まっているので、しっかり対策をしておけば自信を持って臨むことができます。

お子様は初めて行った場所は緊張します。しかし前もって何度か訪れておけば慣れることができ、本番で力を発揮することができます。

面接対策はお父さんや友人に協力をしてもらって、当日はスムーズに答えられるように準備をしておきましょう。