• TOP
  • 育児(0~2)歳
  • 赤ちゃんのお風呂デビューのタイミングは? 注意点も合わせて解説!

  • 赤ちゃんのお風呂デビューのタイミングは? 注意点も合わせて解説!

赤ちゃんのお風呂デビューのタイミングは? 注意点も合わせて解説!

赤ちゃんのお風呂デビューのタイミングは? 注意点も合わせて解説!

プロカメラマンによる無料親子撮影会

出産を終えて赤ちゃんと一緒に自宅へ帰宅すると、しばらくはベビーバスを使って沐浴をすることになります。

赤ちゃんが気持ち良さそうに沐浴でリラックスする姿を見るのはとても癒されます。

早く赤ちゃんと一緒にお風呂へ入りたい、と思う方も多いかと思います。しかし、ベストのタイミングはいつ頃なのでしょうか?

この記事では初めて育児をする方に向けて、赤ちゃんをお風呂に入れるベストなタイミング、入れ方の手順、注意点などをまとめて解説していきます。

無事に出産を終えて帰宅すると、しばらくはベビーバスを使って沐浴をします。

早く赤ちゃんと一緒にお風呂に入りたいと思う方も多いと思いますが、ベストなタイミング、入れ方、注意点を知っておく必要があります。

赤ちゃんのお風呂デビューのベストタイミング

生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)は、しばらくは赤ちゃん専用のベビーバスを使って沐浴をします。

赤ちゃんのお風呂デビューのベストのタイミングはへその緒が完全に乾いた生後1ヶ月ごろが適しています。

出産1ヶ月後には病院で検診が行われるので、赤ちゃんと一緒にお風呂を入っても良いかどうか医師に確認しましょう。

母子ともに健康だと診断が出た場合には、赤ちゃんの状態を確認しながらお風呂デビューをしましょう。

生後いきなり一緒に入浴してはいけない理由とは?

生後いきなり一緒に入浴すると様々なリスクがあるので、避けなければなりません。

ここからは、生まれたばかりの赤ちゃんがママとパパと一緒のお風呂に入らずに沐浴をする理由を解説していきます。

赤ちゃんの抵抗力が低い

赤ちゃんがすぐに入浴することができないのは、まだ抵抗力が低いからです。

生後間もない赤ちゃんはへその緒が切れた部分がまだ完全に乾いていません。

大人と一緒のお風呂に入ると、そこから雑菌が入る可能性があるのです。

へその緒は2週間〜1カ月くらいで自然に乾いていきます。

それまでは赤ちゃん専用のベビーバスで沐浴に入れてあげてください。

親が赤ちゃんとの入浴に慣れていない

初めてのお子様の場合、パパとママがまだ赤ちゃんと 一緒に入浴することに慣れていないのも理由です。

生後1カ月の頃は、慣れない手付きのまま大きなお風呂で新生児の体を洗うのは避けてください。

親の体のコンディションが整っていない場合が多い

赤ちゃんが新生児期である約1カ月間は、ママの産褥期(さんじょくき)にあたります。

まだホルモンバランスが正常化されず体調が完全に回復してない状態です。

自分では元気だと思っていても、食欲が完全に回復していなかったり、疲れやすかったりと体調の変化がまだまだ大きいです。

医者や助産師からも湯船にはつからず、シャワーのみをするようにと指導されることもあります。

そのため、赤ちゃん生後1ヶ月間はベビーバスで沐浴を行うのが推奨されます。

赤ちゃんと入浴する際の流れ

医師からと許可が出た場合は、いよいよ赤ちゃんの入浴デビューとなります。

初めて赤ちゃんをお風呂に入れる時は緊張しますが、注意点を押さえておけば大丈夫です。

ここからは、赤ちゃんと一緒に入浴する際の流れを見ていきましょう。

入浴後の準備

赤ちゃんをお風呂に入れてあげる前に、湯上り後に必要なものを準備しておきましょう。

お風呂上がりに慌てて準備することがないように、前もって用意しておきます。

▼脱衣所に用意するもの

・クッションマット
・厚手のバスタオルを数枚
・オムツ
・肌着
・前開きの赤ちゃん用バスローブまたはバスラップ
・ベビーオイルなど保湿ケア用品

湯上がりは赤ちゃんの体をタオルで拭き、湯冷めする前にすぐに着替えさせましょう。

赤ちゃんの保湿も一緒に備えておくと、バスタオルの上でマッサージしながら塗ってあげられるので良いです。

特に冬場など気温が低い時期は、赤ちゃんがお風呂から上がった後に湯冷めしないように万全な対策をとっておきましょう。

脱衣場は冷えすぎないように暖房で温めておき、赤ちゃんが裸でいる時間が長くならないように注意してください。

肌着の袖や上に着る服は、袖を通しておいて準備するとお着替えもスムーズです。

自分の体を洗う

赤ちゃんをお風呂に入れる前に、まず自分の体や髪の毛を先に洗っておきましょう。

脱衣所にバスタオルを重ねておき、その上に赤ちゃんをオムツ一枚の状態にして寝かせます。

その際にお風呂のドアを少し開けた状態で常に目が届くようにしておきます。

浴室が広い場合は、首のすわっていない赤ちゃんにも使えるバスチェアやマットを置いても良いです。

寒い時期の浴室は、バスタブの蓋を開けたり熱めのシャワーを出したりして浴室内の温度を上げておきましょう。

赤ちゃんの体を洗う

ママの体を洗ったら一旦脱衣所へ出て、軽く体を拭いた後、赤ちゃんの首をしっかり支えて抱っこし、ゆっくり浴室へ移動します。

浴室に置いてある椅子にゆっくりと腰掛けたら、ママの太ももの上に赤ちゃんを仰向けに抱えます。

まずは、ぬるま湯で濡らしたガーゼで顔を拭ってあげてから、ベビー用のボディーソープを泡立てて、顔や首、お腹といった体の前面を洗います。

その後、足やおまたの周りなどを優しく洗っていきましょう。

ボディーソープが身体全体に行き渡ったら、ぬるま湯のシャワーをかけて、体についた泡を落とします。

頭や顔周りはガーゼのタオルで軽く拭き取ってからお湯を落としてあげると良いです。

その後、赤ちゃんを後ろ向きにして胸に手を当ててしっかり胴体を支え抱っこします。

背中やお尻など後ろ部分をボディーソープでしっかり洗い、シャワーで洗い流してあげてください。

沐浴の状態で、慣れている手順で洗っても問題ありません。赤ちゃんが快適になるように工夫しましょう。

バスタブに浸かる

お風呂のお湯の温度は基本的に38度くらいのぬるま湯、冬場は39度か40度くらいが理想です。

追い炊きすると赤ちゃんがびっくりしてしまうので注意してください。

赤ちゃんをお風呂に入れるときは、首をしっかり支えながら胸元に引き寄せるように抱っこします。

ゆっくりと湯船につかり、入浴時間は2~3分程度です。

赤ちゃんの体は小さく、まだ体力がないので、大人よりのぼせやすく疲れてしまいます。

赤ちゃんの顔色を見ながら適温で短い時間入れあげて、すぐにあがるようにしてください。

体を洗って湯船に浸かり上がるまで10分くらいが目安です。

着替え

お風呂上がりは、脱衣所にセットしておいたバスタオルの上にゆっくり赤ちゃんを置き、バスタオルで頭や体の水気をしっかり取ります。

湯冷めする前にスキンケアをして、肌着やバスローブに着替えさせましょう。

赤ちゃんと入浴する際の注意点

ここからは、 赤ちゃんと一緒に入浴する際の注意点を見ていきましょう。

部屋や脱衣所との温度差

冬場は湯冷めしやすいです。湯上がりにすぐ脱衣場で着替えさせられるよう準備しておきます。

お風呂上がりに脱衣場の温度が低いと湯冷めしてしまうので、冬場は暖房で温めておきましょう。

転倒事故

お風呂場の床に付いた泡やソープで滑って転倒しないように注意が必要です。

しっかりと赤ちゃんを抱っこして片時も目を離さないようにしましょう。

赤ちゃんのお風呂デビューまとめ

お風呂のお風呂デビューは赤ちゃんとのスキンシップができる良い機会です。

お風呂に入る楽しさを赤ちゃんに感じさせながら、母子ともに素晴らしい時間を過ごしてください。

記事をシェアしよう!

twitter facebook line

PICKUPこちらもおすすめ

同じカテゴリーの記事

PICKUPこちらもおすすめ

パピマミ公式インスタグラム

CATEGORY

カテゴリーから探す

RECOMMEND

おすすめ

プロカメラマンによる無料親子撮影会 パピマミ公式インスタグラム