産後や授乳中のヘアカラーはNG?その理由を徹底解説!

産後や授乳中は、食べるものや体の中に入れるものは赤ちゃんに影響しないか考える習慣が付くものです。
なるべくオーガニック野菜や体に良いものを食べて母乳の質を高めたいというママさんも多いでしょう。
食べ物に関しては特に気が回りますが、産後や授乳中のヘアカラーはどうなのでしょうか。
出産後に一段落をして美容室でヘアカラーをしたいけど、薬剤が母乳に影響は出るのか気になるところです。
そこでこの記事では、産後や授乳中にヘアカラーをするリスク、産後いつからヘアカラーをしてもよいのか解説していきます。
産後・授乳中にヘアカラーをすると母乳に何か影響はあるのでしょうか?
この記事では産後や授乳中のヘアカラーは避けるべき理由、またいつから可能なのか解説しています。

産後や授乳中のヘアカラーがNGな理由とは

産後・授乳中は無事に出産を終えて一段落し、オシャレしたい気持ちも目覚めてくる頃です。
赤ちゃんのお世話で大変だけれども、産後ダイエットやヘアカラーを楽しみたいと思う方も多いでしょう。
美容室へ行くと気分転換にもなり、ヘアカラーをすることで自分がお洒落する時間を楽しむこともできるため、精神的には非常に良いことと言えるのではないでしょうか。
しかし、産後すぐや授乳中に限らずヘアカラーは髪の毛や地肌に負担となりますので、ホルモンバランスなどが繊細な産後すぐのヘアカラーは避けたほうが良いと言われています。

産後や授乳中にヘアカラーをしないほうがいい理由

産後や授乳中にヘアカラーをしても、カラー剤が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。
それでも、産後や授乳中のヘアカラーを控えるように言われている理由は、前述したように「産後のホルモンバランスは通常に戻っていないため」です。
産後や授乳中は地肌や髪の毛が敏感になっており、通常の時よりもダメージを受けやすくなります。
つまり、産後や授乳中にヘアカラーをすることは赤ちゃんには悪影響はありませんが、ママの頭皮・髪の毛のために避けたほうが良いというわけです。
万が一、妊娠中・出産後・授乳中にヘアカラー剤を使用してアレルギーや頭皮が被れた場合、責任を負えないといった意味合いから、市販のカラーリング剤にも妊娠中・出産後・授乳中の使用を控えるように記載がある場合が多いです。
お洒落は我慢ともいいますが、産後や授乳中のカラーリングは、頭皮に刺激を与えてダメージを受けやすいので、今後子どもを育てていく大事な体を守るためにも極力避けた方が良いでしょう。

ヘアカラーは母乳に影響する?

妊娠中・出産後・授乳中にヘアカラーをしても母乳に影響することはありません。
ヘアカラーの薬剤と赤ちゃんには関係ありませんのでその点は心配いりません。
ただし、前述したように、妊娠中や出産後、授乳中は母体の体調の変化が大きくホルモンバランスが乱れています。
産後や授乳中に髪の毛が抜けやすくなったり、頭皮のかゆみを感じたりする症状もあり、人それぞれです。自分はアレルギー体質ではないからと思っていても、妊娠中や出産後、授乳中は体質が変わり、ヘアカラーによりアレルギーを発症することもあります。
特にジアミン系の成分(パラフェニレンジアミン・メタフェニレンジアミン)は発がん性物質に指定されているので避けたほうが良いでしょう。
市販のヘアカラー剤にはほとんどジアミン系の成分が配合されているので、肌が敏感な妊娠中から出産後、授乳中は避けるようにしましょう。

産後の美容院はいつからOK?

美容室ではジアミン系の成分不使用の天然染料を配合したヘアカラー剤を使っているところがあります。
どうしても出産後や授乳中にヘアカラーをしたい場合は、市販のヘアカラー剤ではなく信頼できる美容室へ行き、出産後間もないことや授乳中であることを確実に伝えましょう。
いつからヘアカラーしても大丈夫かは個人差がありますので、出産してから体調が元通りになったタイミングや、後述する検診の結果次第で問題ありません。
出産後や授乳中は美容室でヘアカラーをすることをおすすめしますが、コストを抑えて自宅でヘアカラーをしたい方は、赤ちゃんに触れさせないように注意が必要です。
赤ちゃんはヘアカラーのついたママの髪の毛を触って指を口に入れてしまう可能性があります。
生後間もない赤ちゃんはまだ肌が弱いため、万が一、赤ちゃんの肌に触れたり口の中に入ってしまった場合は、すぐに洗い落とすようにしてください。

産後の美容室は検診次第

出産から6~8週頃までは「産褥期」と呼ばれ、妊娠して出産したママの身体が通常の状態に戻っていく時期です。
この頃は、人によっては子宮収縮や会陰切開、帝王切開の痛みが長く続く時期でもあるので、安静にしているがベストです。
出産から6~8週頃まではなるべく外出をせずに自宅で横になってリラックスしているのが良いでしょう。
産後の美容室へ行きヘアカラーをしてリフレッシュをしたいと思っても、検診で身体の回復が順調だと診断されるまで待ちましょう。
妊娠中から我慢していたヘアカラー・パーマをすぐしたいと、産後すぐに施術すると抜け毛が増えてしまう原因にもなるので要注意です。
出産直後から1ヶ月間はヘアカラーやパーマなど薬剤を使う施術は避けて、ヘアスタイルを工夫してオシャレを楽しむことをおすすめします。
妊娠中からなかなか美容室へ行くことができないので早くおしゃれを楽しみたい気持ちは良く分かります。
しかし、急いでヘアカラーやパーマをしてアレルギーになったりかぶれたりしないように時間を置くことが大切です。
不安な方は、医師や助産師から「いつヘアカラーをしても良いですか」と尋ねてみると良いでしょう。

どうしても美容室に行きたい場合は?

産後・授乳中に美容室へどうしても行きたい場合は、オーガニックや植物由来、海藻由来のヘアカラー剤を取り入れている美容室がおすすめです。
最近は、産後・授乳中でも使えるヘアカラー剤を使った施術をしている美容室もあります。
美容室でオーガニックのヘアカラーをすると費用はかかりますが、自分の頭皮と髪の毛をいたわることができるのがメリットです。
信頼できる美容師に「産後・授乳中である」ことを伝えて、ダメージを抑えて刺激の少ない薬剤を選んでもらうと良いでしょう。
また、頭皮だけではなく、腰をはじめ身体への負担にも考慮しなければなりません。
カットやカラー、パーマなど美容院で受けられる施術を一度に受けてしまうと、長時間座っている必要があり身体に負担がかかってしまいます。
産後すぐは骨盤が歪んでいるなど身体が本調子ではないことが多いため、複数回に分けて通うのが良いでしょう。
まずは、カットをして数日から数週間空けてカラー、そしてまた数日から数週間空けてパーマ、といったサイクルであれば身体や頭皮、髪にも負担がかからずおすすめです。

産後のヘアカラーまとめ

妊娠中から出産、授乳中は赤ちゃんの健康を第一に考えて自分のオシャレはどうしても後回しになりがちです。
無事に出産を終えて授乳期間を迎えると、たまには旦那さんに赤ちゃんをお任せして、美容室へ行きオシャレを楽しみたいですよね。
ヘアカラーが母乳と赤ちゃんに影響するリスクはありませんので、その点は問題ありません。
ただし、ママの身体のホルモンバランスはまだ正常化していないので、ヘアカラーやパーマは避けるのが賢明です。
早くても出産してから1ヶ月間は、妊娠前の元の状態に戻るまでに時間がかかると言われています。
自分のことは自分が一番理解しているため体調が元に戻るのを待ち、産後のヘアカラーやパーマをする際には、検診後のタイミングにするとより安心です。