妊娠期間中の肥満が招くリスクとおすすめな運動

妊娠すると日に日に体調や体型が変わってきますが、妊娠期間中は体重が増える傾向にあります。

ある程度の増量は問題がないとしても、極端に太ることは様々なリスクを招くことにも繋がります。

安全に出産するためにも、体重が増えすぎないようしっかり管理していきたいところです。

ここでは肥満が招くリスクと、太りすぎを防ぐために役立つおすすめの運動方法について書いていきます。

体重の増加が気になっている人はぜひ参考にしてください。

妊娠中の推奨体重増加量とは

妊娠するとお腹の赤ちゃんはどんどん大きくなっていきますし、出産に向けて栄養素をしっかりと摂る必要がありますので、体重は増加する傾向にあります。

さらにお腹が大きくなると運動の量も減るので、それも体重を増やすことに繋がります。

ある程度の増加は問題ないとしても、太りすぎには注意したいところです。

妊娠中の推奨体重増加量はどれぐらいなのかというと、もともとの体格や栄養状態によっても変わってきます。

痩せ型の人であれば9~12キロ程度、普通体型の人であれば7~12キロ程度が良いとされています。

そして元から肥満気味という人はより太りやすくなる心配もありますが、5キロぐらいの増加が良いとされています。

測定はこまめに行い、太りすぎないよう注意していきましょう。

肥満のリスク(1):妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を招く

なぜ太り過ぎると良くないのかということになりますが、体重が増えすぎると母体の健康に問題が発生する可能性が高くなります。

妊婦さんが太り過ぎると妊娠高血圧症や妊娠糖尿病を招くことになり、本人の健康に害が出るだけではなく、お腹の赤ちゃんの発育にも影響が出る可能性があります。

糖尿病になると胎児が生まれる前から肥満になりやすく、難産にも繋がるとされています。

そして、母親自身は出産後は通常の血糖値に戻ることが多いとされていますが、生まれた後も赤ちゃんが高インスリン血症や低血糖になるリスクも高まりますので、体重の管理はしっかりと行うことが大事です。

糖尿病は合併症が起こりやすい傾向にありますので、いつも以上にしっかりと健康管理を行っていきましょう。

肥満のリスク(2):出産時にトラブルが起こる確率UP

出産前には陣痛がありますが、これは赤ちゃんをお腹の外に出すための子宮の筋肉の収縮運動によって起こる痛みです。

陣痛はお腹の赤ちゃんが外に出る動きを助けていますが、母胎が肥満状態にあると充分な陣痛が起きにくく、そのために出産がスムーズにいかなくなるとされています。

出産がスムーズに進まない場合は吸引分娩や帝王切開の可能性も高まります。

そして妊婦さんが太り過ぎていると胎児も大きくなる傾向にあり、そのために難産になりやすいと言われています。

体重4000グラム以上の巨大児になると出産がスムーズに進まず帝王切開になる可能性も高まります。

出産後の回復はできるだけ早いことが理想ですが、難産になると母体の回復も遅れる傾向にありますので、お産を楽にするためにも太りすぎには注意が必要です。

肥満のリスク(3):流産・死産・胎児奇形のリスク増加

出産は問題なくスムーズに終えられることが理想的ですが、残念ながらすべての赤ちゃんが正常に生まれるわけではありません。

時には流産や死産になってしまうこともありますし、奇形で生まれてくる赤ちゃんもいます。流産や死産の原因には様々なものがありますが、そのひとつに妊婦さんの肥満が挙げられます。

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを育てるために食べる量も増え、身体も動かしづらくなるので太りやすい傾向にあります。

太っているからといって、必ずしも赤ちゃんに異常が起こるというわけではありませんが、太りすぎは様々なリスクを増加させると言われています。

赤ちゃんが順調に成長し、元気な姿で生まれてくるためにも、体重の管理はきちんと行い適正な体重を保っていきたいところです。

妊娠期間中にオススメな運動、NGな運動

妊婦さんの健康を維持するためにも、お腹の赤ちゃんが順調に育って元気に生まれてくるためにも、体重管理や健康管理はしっかりと行いましょう。

栄養はしっかり摂る必要がありますが、過剰に食べ過ぎないよう食事の管理はきちんと行い、運動も取り入れていきたいところです。

運動は肥満を防ぐのに役立ちますが、テニスやバスケットボールなどの瞬発力が必要な運動は身体に負担となりますので避けたいところです。

妊婦さんにも胎児にも負担の掛からない運動が向いていますので、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。

そして、妊婦さん向けのスイミングやマタニティヨガも身体に負担が少なく肥満防止に向いています。

基本的には出産前まで運動はできますが、体調に合わせて無理のない程度で続けていきたいところです。

まとめ

妊娠期間中はお腹の赤ちゃんを育てるために栄養素をしっかり摂る必要がありますが、食べ過ぎは肥満を招くことに繋がります。

太り過ぎると妊婦さんの健康に悪い影響が出たり、難産のリスクも高まりますので適正な体重を保つようにしたいものです。

食事の管理をしっかりと行うことはもちろん、運動も上手に取り入れていきましょう。

妊娠期間中は激しい運動は向いていませんので、ウォーキングなどの有酸素運動を無理のない程度に行うことがおすすめです。